• トップ
  • リリース
  • 業界初!SBI証券、iDeCoの運営管理手数料の完全無料化のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

業界初!SBI証券、iDeCoの運営管理手数料の完全無料化のお知らせ

(PR TIMES) 2017年05月18日(木)15時16分配信 PR TIMES

〜年金資産残高に関わらず、どなたでも加入時・移換時手数料・口座管理手数料が無料に〜


 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、2017年5月19日(金)より、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という。) において運営管理機関としての当社が受け取る手数料(以下「運営管理手数料」という。)を無料とすることとなりましたので、お知らせいたします。なお、年金資産残高などに何ら条件を課すことなく、無条件で運営管理手数料を無料とするのは、当社が業界初※1となります。

 2017年1月の制度改正により、企業年金のある会社員、公務員や主婦の方なども含めて、原則、現役世代のすべての方がiDeCoを利用できるようになりました。当社は、iDeCo を個人投資家の資産形成において極めて重要な制度であると位置付けており、2005年1月よりいち早くサービス提供を開始し、iDeCoを取扱う金融機関で初めて、口座管理手数料を無料化(年金資産残高50万円以上の場合)するなどの先進的な取り組みを行ってまいりました。
 当社は、2017年1月の制度改正を見据えて、昨年9月より2017年6月末までを期間として、新規加入または移換された方を対象として、加入時・移換時手数料および口座管理手数料を無料とするキャンペーンを実施しておりましたが、このたび、より多くの個人投資家の皆さまに、今後も継続的に低コストでiDeCoをご利用いただけるよう、すべてのお客さまを対象として運営管理手数料を完全無料化することといたしました。
 
 当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。

■iDeCoの運営管理手数料完全無料化の概要

[画像: https://prtimes.jp/i/7957/135/resize/d7957-135-412974-0.jpg ]

詳細は当社WEBサイトをご確認ください(https://www.sbisec.co.jp

※1 SBI証券調べ(2017年5月18日時点)。運営管理手数料無料とは、運営管理機関である当社に対する手数料が無料であることを指します。別途、国民年金基金連合会や資産管理サービス信託銀行への加入時・移換時手数料や口座管理手数料が必要となります。なお、還付事務手数料、当社iDeCoから他の確定拠出年金への移換、または他の金融機関に運営管理機関を変更する場合の手数料は現行から変更ありません。
※2既に利用しているiDeCoの運営管理機関を他の金融機関から当社に変更するときの手数料

<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る