• トップ
  • リリース
  • 赤ちゃん向け新ブランド「ロウリーズ・ザ・プライムビブ」2017年4月1日オープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ワンダーテーブル

赤ちゃん向け新ブランド「ロウリーズ・ザ・プライムビブ」2017年4月1日オープン

(PR TIMES) 2017年04月01日(土)13時02分配信 PR TIMES

キッズ向けレストラン

2017年4月1日、株式会社ワンダーテーブル(代表取締役社長 秋元巳智雄)は、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」の赤ちゃんのための新ブランド『ロウリーズ・ザ・プライムビブ』をオープンします。
[画像: https://prtimes.jp/i/7752/133/resize/d7752-133-684311-0.jpg ]

スタッフは全員ベビーを揃え、お肉を切るカーバーやサービスするスタッフは、全員3歳までを採用します。名物料理のプライムリブは、通常の1/10サイズでご提供します。お客様の目の前でボウルを回転させて仕上げる”スピニング・ボウル・サラダ”は、お客様が泣き止むまで混ぜ続ける”クラッシュサラダ(グチャグチャサラダ)”としてご用意します。また、離乳食を食されるお客様のために、新メニューとして“プライムリブ・タルタル”も登場。なお、同店のご利用は、3歳までとさせていただきます。


ロウリーズ・ザ・プライムリブは、1938年にアメリカのロサンゼルスに誕生し、2001年に東京・赤坂に国内1号店としてオープン。2008年、大阪・梅田に2号店をオープンしました。2014年、赤坂店はビルの建て替えに伴い一旦閉店し、恵比寿ガーデンプレイスにて、再オープンしました。そして、今年、赤ちゃん向けの新ブランドをオープンし、9月には、赤坂の新たな地にて、「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」の東京2号店をオープンします。創業79年の歴史に新たなページを刻むロウリーズに、ぜひ、ご注目ください。


■プライムリブ・タルタル
このオープンに合わせ、新メニューとして“プライムリブ・タルタル”を提供します。生肉は使用せず、プライムリブを叩き、成型して提供します。1歳〜2歳児のお客様をターゲットとしています。


【基本情報】
店名: ロウリーズ・ザ・プライムビブ
Lawry’s The Prime Bib
業態: 赤ちゃん向けプライムリブ専門店
住所: 東京都
オープン日: 2017年4月1日
席数: 約300席
店舗面積: 約1,000m2
想定客単価: ランチ3,500円、ディナー12,000円


※4月1日は、エイプリルフールです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る