プレスリリース

株式会社朝日学生新聞社

「つながるこども新聞」全国の小学校5000校に配布

(PR TIMES) 2019年07月11日(木)19時40分配信 PR TIMES

スポーツがテーマ、こども新聞を発行する全国27社で作成

こども新聞を発行する新聞社と子ども向け紙面を持つ新聞社27社では、毎年3月に2日間にわたって「こども新聞サミット」を開催しています。「みんながスポーツを楽しむにはどうしたらいいか」をテーマに開催された今年の成果を、「つながるこども新聞」にまとめました( https://www.asagaku.com/pdf/kodomo19.pdf )。
第3回こども新聞サミットのテーマは、「みんながスポーツを楽しむにはどうしたらいいか」。

今年9月に開催されるラグビーワールドカップ日本大会や、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、こども記者たちが話し合い、結果をブランケット判8ページの新聞「つながるこども新聞」にまとめました。

新聞は次のURLから見ることができます。 https://www.asagaku.com/pdf/kodomo19.pdf

この新聞を全国5000校の小学校に5部を配布いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21716/131/resize/d21716-131-862767-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/21716/131/resize/d21716-131-319644-1.jpg ]



第3回こども新聞サミット
テーマ「みんながスポーツを楽しむには」

【最終提言】いっしょに挑戦し笑顔を広げよう

【分科会の提言】
◆地域振興1.「スポーツで自分のまちをもりあげよう」
みんなが笑顔に、いつも話題になるように、多様で多世代の人がスポーツにふれる機会をつくろう

◆地域振興2.「スポーツでわくわくのまちに」
スポーツの力と、自分のまちの魅力を知って、結びつけて、自信を持って広める!

◆共生「障がい者スポーツを楽しむには」
いっしょに体験し、いっしょに助け合い、もっと知るチャンスを増やそう!

◆科学技術「科学の力で20XX年のスポーツ界は?」
2032年には人間が科学の力を生かし、誰もがスポーツを楽しめる時代になってほしい

◆支える「子どもにできるボランティア・応援」
応援もボランティアも同じサポート。子どもにできるボランティアを広めていこう

◆教育「子どもは何のためにスポーツをするの?」
子どもは目標を立てて、全力をつくし挑戦する楽しさを見つけるためにスポーツをする!
--------------------------------------
こども新聞サミット実行委員会
北海道新聞社 河北新報社 福島民友新聞社 茨城新聞社 下野新聞社 上毛新聞社
朝日学生新聞社 毎日新聞社 読売新聞社 新潟日報社 信濃毎日新聞社 静岡新聞社
中日新聞社 京都新聞社 神戸新聞社 新日本海新聞社 山陰中央新報社 山陽新聞社
中国新聞社 徳島新聞社 愛媛新聞社 高知新聞社 大分合同新聞社 宮崎日日新聞社
南日本新聞社 沖縄タイムス社 琉球新報社



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る