プレスリリース

株式会社徳間書店

第20回大藪春彦賞、第1回大藪春彦新人賞が決定!

(PR TIMES) 2018年01月22日(月)19時01分配信 PR TIMES

作家・大藪春彦氏の業績を記念して創設された「大藪春彦賞」第20回、及び「大藪春彦賞」第20回を記念し新たに創設された「大藪春彦新人賞」第1回の受賞作家と作品が決定いたしました。



第20回大藪春彦賞は2作同時受賞


作家・大藪春彦氏の業績を記念し、その物語世界を引き継ぐ新進気鋭の作家および作品に贈られる、「大藪春彦賞」の選考会が、1月22日(月)午後5時より東京・新橋の第一ホテル東京で開かれ、第20回大藪春彦賞の受賞作家と作品を選定しました。
選考委員は、大沢在昌、黒川博行、藤田宜永の三氏。
贈賞式は3月2日(金)午後6時より第一ホテル東京にて開かれ、大藪春彦賞選考委員会と後援の徳間書店から正賞として顕彰牌・賞状と、副賞300万円(同時受賞につき各150万円)が贈られます。


受 賞 者   呉 勝浩    氏
受賞作品  白い衝動 (講談社・2017年 1月刊)

受 賞 者   佐藤 究    氏
受賞作品  Ank: a mirroring ape (講談社・2017年 8月刊)

●選考委員選評は徳間書店より3月10日に発行される文芸誌「読楽」2018年3月号に掲載いたします。



第1回大藪春彦新人賞


大藪春彦賞選考委員会は「大藪春彦賞」第20回を記念し、新たに「大藪春彦新人賞」を創設いたしました。
選考会は2017年10月26日(木)に株式会社徳間書店で開かれ、厳正なる討議の上、応募総数361編の中から下記の作品を受賞作と決定いたしました。
選考委員は、今野敏氏、馳星周氏、徳間書店文芸編集部編集長。
贈賞式は3月2日(金)午後6時より第20回大藪春彦賞とともに第一ホテル東京にて開かれ、受賞者には大藪春彦賞選考委員会と後援の徳間書店から正賞として賞状と、副賞100万円が贈られます。

受 賞 者    赤松利市 氏 (応募名:桶屋和夫)
受賞作品     藻屑蟹(読み:もくずがに) (400字詰め原稿用紙換算 80枚)

赤松 利市(あかまつ・りいち)氏のプロフィール
1956年2月5日生まれ。香川県出身。61歳。(※年齢は1月22日現在)

●受賞作および選考委員選評は徳間書店より3月10日に発行される文芸誌「読楽」2018年3月号に掲載いたします。


2018年1月22日

主催:大藪春彦賞選考委員会
後援:株式会社徳間書店

【大藪春彦賞】
http://www.tokuma.com/bungeishou/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る