• トップ
  • リリース
  • 通勤時間の短縮により、2030年までに2億1,400万トンの二酸化炭素が削減可能に

プレスリリース

リージャス・グループ

通勤時間の短縮により、2030年までに2億1,400万トンの二酸化炭素が削減可能に

(PR TIMES) 2018年11月20日(火)11時40分配信 PR TIMES


世界的なワークスペースプロバイダーのリージャス・グループ(IWG)が運営するリージャスは、フレキシブルな働き方がもたらす効果に関する社会経済調査を実施しました。調査によると、フレキシブルな働き方が予測どおり増加すれば 2030 年までに世界で2億1,400万トンの二酸化炭素が削減できる可能性があることが明らかになりました。 温暖化対策のために全世界では2030年までの120億トン以上の二酸化炭素削減を目指していますが、その活動にもフレキシブルな働き方は大きく貢献する可能性があることがわかりました。

本調査は、リージャス・グループと経済学者スティーブ・ルーカス氏によって 16 の国と地域を対象に実施され、フレキシブルな働き方がもたらす経済効果について、各国のデータから導き出された指標をもとにした経済モデルをそれぞれに適用し、2030 年までにどのような影響があるかを調査、予測したものです。

環境問題に与える多大な影響
調査によると、多くの先進国では 2030 年までに雇用者の 8〜13%がフレキシブルワークプレイスで業務を行うと予測されています。フレキシブルな働き方の増加により、企業は費用節約とコスト削減が実現し、生産性が向上する見込みです。最終的には、基幹的な事業全域からサプライチェーンに至るまで経済全体に波及効果がもたらされます。

具体的なメリットとしては、企業と個人の生産性向上、フレキシブルワークスペースの使用によるオフィススペースの経費削減、大幅な通勤時間の節約があげられます。これらすべての要因が、フレキシブルな働き方の付加価値として経済に寄与します。
リージャスの新たな調査により、フレキシブルな働き方が増加することで、2030年までに二酸化炭素排出量を年間2億1,400万トン削減できる可能性があることが明らかになりました。

この独自の経済調査では、フレキシブルワークスペースの使用が増加することで、2030年までに節約できる通勤時間は35億3,000万時間以上と算出されました。これにより削減できる二酸化炭素は、55億本の木が10年間以上かけて吸収する二酸化炭素量に相当します。

イギリスでは、フレキシブルな働き方に移行して1億1,500万時間を節約することで、2030年までに780万トンの二酸化炭素が削減できると予測されています。米国は2030年までに二酸化炭素の年間排出量を最も削減できる国であると見込まれています。節約できる通勤時間はおよそ9億6,000万時間で、通勤手段を車に依存する労働者が多い米国では1億トン以上の二酸化炭素を削減できると予測されています。

リージャスの経済調査では、2030年までにフレキシブルワークスペースはさらに拡大する見通しです。本調査は世界16カ国で実施され、この16カ国におけるフレキシブルな働き方の増加により、2030年までに世界で10兆ドル以上の経済効果がもたらされる見込みです。

リージャス・グループ(IWG)日本代表の西岡真吾は、このように述べています。「フレキシブルな働き方により、気候変動の緩和に少しでも貢献することができます。国連環境計画によると、地球温暖化の上昇率を2℃以下に抑えるためには、温室効果ガスの年間排出量を2030年までにさらに120〜140億トン削減する必要があります。職場を自宅の近くにして通勤時間を短縮することで、毎年数百万トンもの二酸化炭素を削減できます。環境問題が深刻化している今、フレキシブルな働き方を実践することは、企業や個人のメリットになるだけでなく地球にとっても有益なのです」

【調査の詳細】
リージャスの調査では、16の国と地域(オーストラリア、オーストリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、インド、日本、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、シンガポール、スイス、イギリス、米国)におけるフレキシブルな働き方の社会経済的影響を分析しました。この調査で明らかになったことは以下のとおりです。

・フレキシブルな働き方は、この16の国と地域で2030年までに10兆400億ドルの経済効果をもたらすと見込まれています。これは、日本とドイツの現在のGDPを合わせた金額以上に相当します。

・フレキシブルな働き方によって、この16の国と地域では2030年までに通勤時間が35億時間以上も節約できると予測されます。
-米国でさらに多くの人々がフレキシブルな働き方を実践すれば、約9億6,000万時間の節約が可能です。これは、米国の労働者全員の休日がほぼ1日増えることに相当します。
-中国では時間の節約によって見込まれる利益が最大であり、フレキシブルな働き方をすることで通勤時間が14億時間も節約できると予測されています。

・通勤時間と二酸化炭素の削減量は、フレキシブルな働き方を採用した「加速成長」シナリオに基づき算出しています。「ベースライン」シナリオに基づく算出は記載していません。

リージャスについて
リージャスは世界最大のワークスペースプロバイダーです。世界中の各都市にて、レンタルオフィス、コワーキングスペース、会議室を展開し、お客様の働き方を支援するオフィスソリューションを提供しています。
世界のどこにいても、リージャスのワークスペースを活用してビジネスができます。オフィスにかかる初期投資や余分な固定費も必要ありません。お客様は短期間で費用対効果の向上を実現でき、オフィスに必要なサービスをすべてご利用になれます。リージャスの施設を活用することで、生産性を向上させることができるだけではなく、プロフェッショナルの方々とつながることができます。そこには、ビジネスの機会を拡大するグローバルなコミュニティがあります。

日本におけるリージャス・グループ(IWG)
リージャス・グループ(IWG)は、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国32都市、126拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国33都市、135拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る