• トップ
  • リリース
  • 音声メッセージロボット「Hamic BEAR(はみっくベア)」に音声認識APIが採用されました

プレスリリース

株式会社アドバンスト・メディア

音声メッセージロボット「Hamic BEAR(はみっくベア)」に音声認識APIが採用されました

(PR TIMES) 2019年04月23日(火)12時40分配信 PR TIMES

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)の音声認識API「AmiVoice Cloud WebSocket API(アミボイス クラウド ウェブソケット エーピーアイ)」が、Hamee株式会社 (本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士 以下、Hamee)の音声メッセージロボット「Hamic BEAR(はみっくベア)」に採用されました。


Hamic BEARは、スマートフォンを持たない子どものための音声チャットロボットです。Hamic BEARに話しかけるだけで、簡単にメッセージを送ることができます。Hamic BEAR同士で、あるいはスマートフォンとHamic BEARでおしゃべりすることが可能です。 https://hamic.ai/


[画像: https://prtimes.jp/i/20223/128/resize/d20223-128-615642-0.png ]


Hamic BEARから専用アプリへ音声メッセージを送ると、アプリ上で届いた音声の再生と、音声認識技術により文字変換されたテキストの確認ができます。メッセージの文字化に、「AmiVoice Cloud WebSocket API」が採用されました。

「AmiVoice Cloud WebSocket API」 は、インターネット環境があれば、クライアントアプリケーションに特別なライブラリを組み込むことなく、リアルタイム音声認識機能を実装することが出来ます。ライブラリが不要なため、WebSocketが利用可能なマイコンやIoTデバイスなど様々なプラットフォームで、サーバー型リアルタイム音声認識が可能となります。音声文字化や音声対話、音声制御など、アプリケーション、Webサイト等、各種サービスにご利用頂けます。また、低スペックなマシンでもスムーズな音声認識が可能です。
Hamic BEARでは、リアルタイムに音声を文字化する他、単語登録機能にて名前やあだ名なども認識することができます。

アドバンスト・メディアでは、幅広い業種・業態での更なる音声認識の普及を目指し、今後も積極的なサービス提供に取り組んで参ります。


以上

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア STF事業部
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp
https://www.advanced-media.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る