プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社オフィス24

第19回シッティングバレーボール全国親善交流大会 白馬

(PR TIMES) 2016年08月03日(水)10時29分配信 PR TIMES

〜子供も大人も障がい者も健常者も〜

当社がメインスポンサーを務める「第19回シッティングバレーボール全国親善交流大会 in 白馬」が7月30日(土)と7月31日(日)に長野県ウイング21で開催いたしました。全国から24チームが集まり2日間で予選リーグ・決勝トーナメントを行い競い合う国内大会で、今年で19年目を迎えました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/8585/127/resize/d8585-127-265991-1.jpg ]


今年もオフィス24としてもチームを組み参加しました。ここ数年は競技人口も増え、選手のレベルが上がり白熱した試合を繰り広げました。

関係者の皆様には深く御礼申し上げます。


[画像2: http://prtimes.jp/i/8585/127/resize/d8585-127-475081-2.jpg ]



◎日本シッティングバレーボール協会HP での報告

http://www.jsva.info/contents/game_info/domestic/hakuba.html


☆男子チーム

優勝 千葉パイレーツ(千葉県)

準優勝 福島BIG MAN’S(福島県)


☆女子チーム

優勝 東京プラネッツ女組 黒(東京都)

準優勝 千葉レディースパイレーツ(千葉県)


[画像3: http://prtimes.jp/i/8585/127/resize/d8585-127-750362-3.jpg ]


今年の大会は男子は千葉パイレーツが2連覇し、女子は東京プラネッツ女組 黒が前回優勝チームの千葉レディースパイレーツを倒し優勝しました。

また、小学生や中学生がチームに加わってプレーするなど幅広い年齢層で大会は盛り上がりました。


オフィス24では今後もシッティングバレーボールを応援していきます。


以上


※シッティングバレーボールとは

座ったまま行うバレーボールで、サーブ、ブロック、スパイクなどで立ち上がったり、飛び跳ねたりすると反則になり、常に肩から臀部までの上体の一部を床に接触させたままプレーします。インドア6人制バレーボールと共通のルールが多いですが、独自の特別ルールも定められています。試合はラリーポイント制、5セットマッチ・3セット先取で勝利となります。


■日本パラバレーボール協会について
日本パラバレーボール協会は、1997 年に設立した障害者バレーボール競技団体である日本シッティングバレーボール協会を前身として2014年4月に設立・法人化。日本パラリンピック委員会(JPC)加盟団体として、パラリンピックの正式種目シッティングバレーボールと、スタンディングバレーボール、パラビーチバレーボールの大会運営・普及活動を行う団体になります。


団体名:

一般社団法人日本パラバレーボール協会

設立:2014年4月

所在地:〒110-0015 東京都台東区上野3-28-4 上野スカイハイツ204

URL:http://www.jsva.info/


【株式会社オフィス24概要】
会社名: 株式会社オフィス24
資本金: 4億2542万5千円
設立:  1993年3月
所在地: 〒163-1103 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー3階
URL:  http://www.webjapan.co.jp/


【お問い合わせ先】
株式会社オフィス24

広報室 吉原

kouhou@webjapan.co.jp
TEL:03-5330-1165 FAX:03-5909-4709



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る