• トップ
  • リリース
  • 6組のデザイナーによる斬新なプリント柄の数々 限定コレクション「STUNSIG/ストゥンシグ」が登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

イケア・ジャパン株式会社

6組のデザイナーによる斬新なプリント柄の数々 限定コレクション「STUNSIG/ストゥンシグ」が登場

(PR TIMES) 2017年06月06日(火)13時27分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-662312-0.jpg ]

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:ヘレン・フォン・ライス)は、限定コレクション「STUNSIG/ストゥンシグ」を、2017年6月8日(木)より全国のイケアストアで販売します。

このコレクションでは厳選したファッション界とつながりの深い6組の才能あふれるアーティストやデザインユニットを起用し、斬新でアーティスティックなプリント柄を実現。イケアの定番商品であるクッション、掛け布団カバー、ボックス、食器などの身の回りのアイテムにこの柄を採用し、”日常的”なものを“非日常”へと転換した、デザインとファッションを愛する人に贈る限定コレクションです。

「STUNSIG/ストゥンシグ」のプリント柄には、それぞれにビジュアルストーリーが込められています。どれも私たちを取り巻く世界の映し絵で、世界に良いものが広がっていくよう、ユートピアと寛容のメッセージを発しています。かけがえのない日常のひとときをひときわ美しく暖かいものにし、私たちのイマジネーションをかき立てる刺激となってくれるでしょう。

コレクション概要
■期間:2017年6月8日(木)〜
■特長
—ファッションとつながりの深い6組のアーティストやデザインユニットによるデザイン
—斬新でアーティスティックなプリント柄
—日常的なアイテムでありながら、使う人のイマジネーションをかき立てるコレクション
■サイトURL:http://www.ikea.com/ms/ja_JP/ikea-collections/stunsig/index.html
■デザイナー:
[画像2: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-163687-1.jpg ]


Frédérique Vernillet
Frédériqueのウルトラリアルなドローイングスタイルと詩的なインスピレーションは、形象絵画の旧来の世界をモダナイズしようとしています。魅惑的で風変わりな彼女の宇宙を構成しているのは、野生動物やカラフルな鳥などです。


[画像3: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-892252-2.jpg ]


Malcolm Stuart
ビジュアルアートとダンスの世界を股にかけて人生の大半を過ごしてきた、カリフォルニア州サンタローザ出身のMalcolm Stuart。彼にとって、ユーモアと遊びがあって、へんてこで好奇心をそそる鮮やかなイメージを、できるだけ多くの場に生み出すことが究極のゴールなのです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-898853-3.jpg ]


Pinar & Viola
パリを拠点に活動。異質なものを同居させる若手デュオとして、アヴァンギャルドなイメージクリエイションの主導者と目されており、各業界のリーディングブランドの仕事を手掛けています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-620509-4.jpg ]


Steven Harrington
現代カリフォルニアのサイケポップ美学の先導者とされる、ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト&デザイナー、Steven Harrington。見る人とのあいだに双方向の対話を促す、色鮮やかでアイコニックなスタイルで知られています。


[画像6: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-927324-5.jpg ]


Team Hawaii
ストックホルムを拠点とする2人組、Team Hawaiiは、際立つユーモアと常識外れのビジュアルコンセプトですぐ見分けがつく、その特徴的なコラージュ画で早くに地位を確立しました。


[画像7: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-927192-6.jpg ]


Tilde Bay
コペンハーゲンを拠点に活動しているTilde Bayは、ニューヨークのレディ・ガガも注目した壮麗で芸術的なドレスから、フィンランドのエスポー近代美術館(EMMA)への出展作品まで、さまざまなものを手掛けています。


一部商品のご紹介

[画像8: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-278223-15.jpg ]

【左から】Frédérique Vernillet、サイドプレート(直径21cm)、¥399/Malcolm Stuart、
クッションカバー(L50×W50cm)、¥999/Pinar & Viola、トレイ(33×33cm)、¥349

[画像9: https://prtimes.jp/i/6550/125/resize/d6550-125-170173-16.jpg ]

【左から】Steven Harrington、バッグ(W40×H44cm)、¥499/Team Hawaii、マグ(H10cm.35cl)、
¥399/Tilde Bay、バッグ(W40×H44cm)、¥699
※価格は全て税込です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る