• トップ
  • リリース
  • 主婦が働く動機とは? 〜しゅふJOB総研総研調べ〜今後の生活が不安 72.8%

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

主婦が働く動機とは? 〜しゅふJOB総研総研調べ〜今後の生活が不安 72.8%

(PR TIMES) 2016年07月27日(水)11時12分配信 PR TIMES

年代別で違い。主婦が働く理由ランキングの結果は…?

主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は、「働く理由」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査を行いました。以下、結果をご報告します。(有効回答数719件)


約8割の主婦が結婚・出産後も「仕事をしていきたいと思う」

主婦が働く理由「今後の生活が不安」が72.8%
年代別で動機に違い!「主婦が働く理由」ランキング

【1】約8割の主婦が結婚・出産後も「仕事をしていきたいと思う」

[画像1: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-523321-1.jpg ]

【2】主婦が働く理由「今後の生活が不安」が72.8%
[画像2: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-704498-2.jpg ]

【3】動機に差!年代別「主婦が働く理由」ランキング

[画像3: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-453402-13.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-647543-14.jpg ]




■しゅふJOB総研 所長 川上敬太郎より
[画像5: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-221449-9.jpg ]

厚生労働省の資料を見ると、1997年に専業主婦世帯と共働き世帯の数が逆転し、その差は年々開き続けています。それは働く主婦が増え続けていることを意味します。今回のアンケートでは、「主婦は何故働くのか」という根源的な問いを投げかけてみました。

その結果、「今後の生活に不安を感じるため」(1位)、「子供の教育費のため」(2位)、「老後への備えのため」(4位)と、金銭面での理由が上位に入りました。一方で、「社会と関わり視野を広げたいため」が63.8%で3位に食い込んでいる点も注目に値します。

主婦が働く理由は年代別でかなり特徴があります。例えば「子供の教育費のため」は20代・30代で1位ですが、50代では5位まで下がります。一方「社会と関わり視野を広げたいため」は、 20代・30代では4位ですが、50代では1位になっています。 また、そのパーセンテージは50.0% ⇒ 56.4% ⇒ 63.4% ⇒ 74.0%と年代が上がるとともに上昇しています。

アンケート結果からは、多くの主婦層の意識の根底には「社会と関わり視野を広げたい」という純粋な思いがあり、年を経るとともにその思いはより強い欲求となって表れてくるように見受けられます。しかし一方で将来を見据えると、どうしても金銭的な不安感は完全にはなくならないようです。

「働かなければならない」という現実と「働きたい」という純粋な思い。それらの狭間で、働く主婦層は常に葛藤を抱えているように感じます。


しゅふJOB総研 所長 川上敬太郎プロフィール
1997年、愛知大学文学部卒業。大手人材派遣会社に入社し営業職を経験後、責任者として営業企画・新卒派遣・人材紹介部門の立ち上げを行う。 2004年の改正労働者派遣法施行を受けて転職し、メディカル分野の人材サービス事業立ち上げに参加。同社にて登録・カウンセリング・仕事紹介を統括するエグゼクティブマネージャー、マーケティング部門の執行役員などを歴任。その後、業界専門誌を発行する株式会社オピニオン営業推進部部長 兼 月刊人材ビジネス編集委員を経て、2010年株式会社ビースタイル入社。主婦に特化した人材サービスに携わり、2011年しゅふJOB総合研究所 所長就任。同年人材サービス業界を取り巻く『声なき声』を社会に伝えるフェイスブックページ『ヒトラボ』を立ち上げ編集長に就任。内閣府 規制改革会議 雇用ワーキンググループ勉強会にて有識者の一人として参加するなど、主婦人材の活躍推進や人材サービス業界のあり方について積極的な意見提言を行う。

◇メディア出演歴
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト/テレビ朝日 ビートたけしのTVタックル/日本テレビ news every./フジテレビ みんなのニュース/その他、 日本経済新聞・朝日新聞・読売新聞・AERA・女性セブン・ビズマム…等多数

◇講演歴
・業界人による業界人のための業界情報
(船井総合研究所 高付加価値アウトソーシング研究会)
・働く主婦のホンネ〜再就職市場の現状とトレンド
(男女共同参画センター 横浜北 第2回 女性の再就職支援事業検討会)
・「いつ?どう働くかがわかる!」専門家による主婦の働き方レクチャー
(ららぽーと海老名)
など

◇寄稿・連載歴
・日経MJ 『懐に余裕、心にゆとり』(2016年2月1日)
・アドバンスニュース社コラム『木曜日のつぶやき』
・インターワークス社主宰『明日の人材ビジネスを考える会』メールマガジン
など

▼ヒトラボ
https://www.facebook.com/hitolabo.jinzai/
▼ヒトラボ資料館 『是々非々』
http://zezehihi.wix.com/jinzai

■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:719名
調査実施日:2016年4月8日(月)から2016年4月25 日(月)まで
調査対象者:ビースタイル登録者/求人媒体『しゅふJOBサーチ』登録者


[画像6: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-350203-11.jpg ]

<しゅふJOB総研について>
「結婚・出産などのライフイベントに関わらず、 もっと多くの女性が活躍できる社会をつくりたい」。 そんな志のもとにつくられた研究室です。 「女性のライフスタイルと仕事への関わり方」に対する社会の理解を高め、 女性の働きやすい職場をより多くつくっていくために、 定期的なアンケート等の調査を実施、 結果を社会に発信して参ります。

[画像7: http://prtimes.jp/i/3176/125/resize/d3176-125-447645-10.jpg ]

<株式会社ビースタイルについて>
企業理念は「bestbasicstyle」。時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主婦に対して就業支援を行って参りました。約12年間で生み出した主婦の雇用数はのべ4万人。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働ける社会の実現に向け、派遣・在宅・エグゼクティブなど、様々な『しゅふJOBサービス』を提供しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る