• トップ
  • リリース
  • 【横須賀市ふるさと納税】寄附額4,000円から手に入る至福のひととき!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

【横須賀市ふるさと納税】寄附額4,000円から手に入る至福のひととき!

(PR TIMES) 2024年04月22日(月)16時45分配信 PR TIMES

耳そうじの常識を覆す、究極の耳かきがふるさと納税に登場!!

神奈川県横須賀市(市長:上地 克明)は株式会社エムエムケイ(神奈川県横須賀市長瀬、代表:太田 実香)が製造し、ののじ株式会社(神奈川県横浜市西区北幸、代表者:高部 夢宙)が販売する耳かき4品を、楽天ふるさと納税ポータルサイトなどにて出品いたします。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/128894/122/128894-122-66284a5dce1bf3e59e44fb5911967d0b-1075x526.png ]

株式会社エムエムケイ/ののじ株式会社とは


[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/128894/122/128894-122-7e4f3683da442a7823968bb2f01a53d0-598x598.jpg ]

株式会社エムエムケイは金属加工の独自技術を保有する製造業者です。今回新たに返礼品となった耳かきは、エムエムケイの技術を活かして先端ワイヤ部分の加工を行い製造されたものです。
ののじ株式会社はこの耳かき製品をはじめとして、キッチン、ボディケア・ヘルスケア用品など様々な生活用品の企画や販売を行っている会社です。多数の知的財産権を取得しており、今までになかったオリジナル性に富んだ商品を多く取り扱っています。

【製造者】
会社名:株式会社エムエムケイ
所在地:神奈川県横須賀市長瀬1-1-1
代表者:太田 実香
【販売者】
会社名:ののじ株式会社
所在地:神奈川県横浜市西区北幸2-8-19 横浜西口Kビル4F
代表者:高部 夢宙
返礼品について(寄附額は変更する場合があります)


耳に優しい肌触り、想像を超える掻き出し力。
門外不出の技術で作られた耳かきの快感は、ののじの製品でしか味わうことができません。
持ち運びに便利なタイプや、サンリオキャラクターとのコラボデザインなど、4種類の返礼品をご用意しました。
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/128894/122/128894-122-6801c2182469a9701f7458408e117bc4-703x703.jpg ]


爽快ソフト耳かき Neo(ネオ)ピンク:寄附額4,000円
https://item.rakuten.co.jp/f142018-yokosuka/59860965/
爽快ソフト耳かき:寄附額10,000円
https://item.rakuten.co.jp/f142018-yokosuka/59860948/
ハローキティ耳かき3LOOP:寄附額10,000円
https://item.rakuten.co.jp/f142018-yokosuka/59860949/
マイメロディ耳かき3LOOP:寄附額10,000円
https://item.rakuten.co.jp/f142018-yokosuka/59860950/

※楽天ふるさと納税のほか、ふるさとチョイス、ふるなび、さとふる、JREMALL、ANAのふるさと納税で出品中。
【横須賀市 担当者からのコメント】


この魔法のような耳かきは毎日使ってても痛くならないし、使い心地が優しくて不思議と眠くなるんですよね笑
やりすぎは良くないと分かっていても、ののじさんの耳かきが毎日私を呼ぶんですよ…
あの秘伝のループの魔力からは誰も逃れられないでしょう☆
金額的にもお手軽なので、寄附限度額が少し残ってしまったときにもかなり重宝します♪
【ののじ株式会社 高部さんからのコメント】


[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/128894/122/128894-122-c96c1fba4cc0cf17cae77b2e6243e00f-400x417.png ]

発売から20年、皆様に愛され続けてきた爽快ソフトシリーズです。当初、耳かきと聞いて思い浮かぶものと言えばヘラ型ばかりでしたが、3連ループワイヤという唯一無二の設計の耳かきを横須賀市のMMKさんと一から作りました。安全に耳アカを取ることができ、かつ日用品としても美しい商品を作るため、技術者との擦り合わせや生産ラインへの落とし込みに苦労しました。工程ごとに何重も視認作業を実施しており、品質には自信を持っております。ぜひお手にとっていただいて体感していただければと思います。



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る