• トップ
  • リリース
  • 【Amazon.co.jp限定先行販売中】 「空気づくり」の戦略的手法を国内外の最新事例に学ぶ、『戦略PR 世の中を動かす新しい6つのルール』発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

【Amazon.co.jp限定先行販売中】 「空気づくり」の戦略的手法を国内外の最新事例に学ぶ、『戦略PR 世の中を動かす新しい6つのルール』発売!

(PR TIMES) 2017年04月12日(水)16時24分配信 PR TIMES

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、本社:東京都千代田区)は、本田哲也さんによる『戦略PR 世の中を動かす新しい6つのルール』を発売しました。本書は、2009年に発売された『戦略PR』(アスキー新書)をベースにしつつ新たに書き下ろし、グローバルな潮流の中でのPRの役割を、最新のマーケティングを前提に解説した書籍となります。
Amazon.co.jpにて限定先行販売中です!
[画像1: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-941466-2.jpg ]

○PRとは?
PRとは、本来パブリックリレーションズ(Public Relations)の略で、企業や組織がいかに世の中とうまくやっていくための戦略やノウハウの総称の事を表します。PRと「パブリシティ(広告)」とを混同してしまう方もいらっしゃいますが、大きく図のようにな違いがあります(もちろん、現在は広告とPRの融合が進んでいるので、教科書的な説明ですが)。
[画像2: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-414455-1.jpg ]



○なぜPRを行うのか?
PRの目的は、一言で言ってしまえば「ビヘイビアチェンジ」だと本田さんは述べています。ビヘイビア(behavior)の意味は「(生物の)行動」「(生物の)修正」であり、ビヘイビアチェンジを起こす対象となるのは、「なかなか変わらない定着した週間や思い込みによる行動」のことになります。

○ビヘイビアチェンジを起こす仕組み
PRの目的構造を図式化したものが以下の図となります。1.PR主体者はプレスリリースや参考資料をメディアに提供し、メディアはその一次情報を基に自身の判断で報道します(パブリシティ)。2.パブリシティにより、人々にあるモノの見方を与えることで、それに沿った行動が期待できます(パーセプションチェンジ)。3.パブリシティが世に溢れ、それに触れた人々の認識が変化し、その結果、それまで当たり前のようにとっていた行動が変わったり、新たな習慣が始まったりします(ビヘイビアチェンジ)。
[画像3: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-805552-0.jpg ]


○戦略PRの6つの要素
日本と世界のPRには大きなギャップがあり、そこには多くの評価されているPR事例を「リバースエンジニアリング」する必要があります。戦略PRを成功させるためには、以下の6つの要素が必要不可欠である、と本田氏は述べています。ここでは要素のみリストアップしておきます。詳しい内容や海外の事例は、4章以降にふんだんに詰め込まれています。
1.「おおやけ」の要素―「社会性」の担保
2.「ばったり」の要素―「偶然性」の演出
3.「おすみつき」の要素―「信頼性」の確保
4.「そもそも」の要素―「普遍性」の視座
5.「しみじみ」の要素―「当事者性」の醸成
6.「かけてとく」の要素―「機知性」の発揮

現在のPRの潮流を掴み、会社を大きくするための一冊となれば幸いです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-422632-5.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-693360-3.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/18193/121/resize/d18193-121-990935-4.jpg ]


【目次】
はじめに
序章 社会常識に挑み、「買う理由」をつくる戦略PR
第1章 戦略PRは空気づくり
第2章 人を動かす「社会関心のレシピ」
第3章 これが世界のPRだ
第4章 「おおやけ」の要素―「社会性」の担保―
第5章 「ばったり」の要素―「偶然性」の演出―
第6章 「おすみつき」の要素―「信頼性」の確保―
第7章 「そもそも」の要素―「普遍性」の視座―
第8章 「しみじみ」の要素―「当事者性」の醸成―
第9章 「かけてとく」の要素―「機知性」の発揮―
終章 世界を動かすPR
おわりに

【著者プロフィール】
本田 哲也
ブルーカレント・ジャパン株式会社 代表取締役社長/CEO
1970年生まれ。戦略PRプランナー。「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWeek誌によって選出された日本を代表するPR専門家。99年、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年、ブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。2009年に『戦略PR』(アスキー新書)を上梓し、広告業界にPRブームを巻き起こす。『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』(田畑信太郎氏との共著、ディスカヴァー刊)などの著作、国内外での公演実績多数。2015年よりJリーグマーケティング委員。2015年の『PRWeekAwards』にて「PR Professional of the Year」を受賞。

【書籍情報】
タイトル:戦略PR 世の中を動かす新しい6つのルール
定価:1,600円(税抜)
発売日:2017.4.20(4.12よりAmazon.co.jpにて限定先行販売)
判型:四六判・並製/280ページ
ISBN:978-4-7993-2058-7
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320587

【販売サイト】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4799320580



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る