• トップ
  • リリース
  • 発売前に2回重版!月間100万PVを誇る恋愛コラムニストが説く、魔法の「メス力」とは?最後の恋”を”最高の結婚”にする方法、「ニセ本命」の見分け方、伝授します

プレスリリース

株式会社旭屋書店

発売前に2回重版!月間100万PVを誇る恋愛コラムニストが説く、魔法の「メス力」とは?最後の恋”を”最高の結婚”にする方法、「ニセ本命」の見分け方、伝授します

(PR TIMES) 2019年04月15日(月)18時40分配信 PR TIMES

“いま”旬な本情報&著者インタビューをお届けします。by本TUBE

神崎メリさんの新刊『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』(KADOKAWA)が発売!その記念に、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」では著者インタビューを開催しました。
神崎メリさんの『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』(KADOKAWA)が2019年2月28日に発売された。本書は、結婚、離婚、再婚、そして出産と女の人生の一大事をすべて経験してきた恋愛コラムニスト、神崎メリの「メス力」のすべてがわかる初の書籍である。諦めることも妥協することもできない…それでも女は幸せを掴める。月間100万PVを誇る彼女のブログの人気記事も大幅加筆修正して掲載。この本のとおりに実践すれば、必ず大好きな人と「ど本命婚」できる。「おクズ様」にサヨナラする方法とは?男の本音を理解し、決して媚びずに、恋愛でも結婚でも「ど本命」になる力=「メス力」が身につく恋愛&婚活最強の教えが凝縮されている。

本TUBE編集部×神崎メリインタビュー


[画像1: https://prtimes.jp/i/13301/121/resize/d13301-121-753108-2.jpg ]


―――――――――――――――――――――

――こちら発売前に2回重版がかかったということで、超話題の本ですよね。

基本的にブログとかSNSではあまり個人的なことって書かないんですね。自分がどういう結婚生活をしているのかっていうのは書かないんですけど、せっかく本を手にとってくださった読者様に私のことも知ってほしいし、私もいろいろあったよ、一緒だよっていうのを知ってほしくて今回書きました。

――タイトルにもなってる「メス力」という言葉なんですが、どういう意味なのか、神崎さんの言葉でうかがいたいです。

女子力って一般的な言葉だと思うんですけど、想像すると、ネイルがキレイとか、髪の毛がくるっと巻かれてかわいいとか、そういうものなんですね。でもそれって女の子のかわいいの集合体で、自己満だと思うんです。「メス力」っていうのは、自分の内面を真の女らしさを身につけて、相手の心も寄り添えるような力っていう感じですね。

――メス力もそうですけど、今出てきた「ど本命」という言葉。本命のさらに上がある

男性って女性と付き合うときに「そこまで付き合えるの?」っていうぐらい女の人のストライクゾーンが広くて、とりあえず付き合っちゃったりするんですよ。
――本に書かれていますが、お付き合いというか、男女の関係になれるゾーンが本当に広い、ヒエラルキーの下の女として見られないっていう以外は全員OKと。

しかもパッと見、はじめましてって女の人に会ったときに本能的にジャッジしちゃうらしいです。そのヒエラルキーの一番てっぺん「本命」っていうのは、結婚してやってもいい女。その上に位置する「ど本命」っていうのが、結婚したい女っていう感じですね。男性が女性に対して、「絶対この人がいい」って思うことが恋愛とか結婚をうまくいかせる上で一番大事だと思うんで、私は。

――じゃあもしど本命に出会ってないなと思ったら、「ど本命」に出会うまで婚活とか続けたほうがいい?

絶対続けた方がいいですね。そこで妥協すると、結婚しなきゃよかったって生活が始まりだしてしまい、これが長い。子供なんかできてしまうと簡単に女性も離婚できないので、しまったって思ってしまう。「ど本命」じゃない男性を「おクズ様」と呼んでいるのですが、おクズ様を断捨離してきましたっていうご報告が届きますね。

――すごいですね、クズに“お”と“様”を一応付けてますけど、クズってことなんですからね(笑)

これ読んで、おクズ様だったって気づいたんで別れましたっていう方が、しばらくして『「ど本命」と巡り合ってプロポーズされました。書いてあるとおり、こんなに大事にされるんですね、目からウロコです!』みたいな感じのコメントをいただくこともあります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13301/121/resize/d13301-121-135691-1.jpg ]


――あとビックリしたのが、男性は「好き」や「愛しているよ」っていう言葉よりも、「尊敬してる」って言われるのが嬉しいと。

女の子って好きな彼に自分の好意とかをアピールしたかったり、彼からも好きって言われたかったりして「来世も一緒にいよう」とか言うんですけど、男性はそういうことはけっこうどうでも良いんです。ちょっとは嬉しいと思うんですけど。それよりも、俺のいいところを見つけてくれて「そういうとこ尊敬する」とか「そういうの人と違うよね」とか、一目置かれてる感のほうが、グッとくるものです。

――どういうところを褒めるんですか?やみくもにいつも言っても…好きの代わりに連呼するわけにいかないですよね。

例えばなんですけど、私自身にいいことがあったとするじゃないですか。それを「あなたのおかげだよ」って。「あなたがいつもこういう風に言って、サポートしてくれるからだよ。そういうの感謝してるし、すごいなって尊敬するんだよね。」と伝えましょう。起きたことを全部相手の手柄にするんです。

――それはいいオンナですね(笑)!あとこの本を読んで、強いメッセージとして感じたのは、「メス力」を身につけて磨く、そうすると恋がいい方向に向かう。それは相手だけではなくて、本当の意味で自分も大切にできるんじゃないかということです。

自分を大切にできる女性が、男性からも大切にされると思ってるんですよね。だから堂々と自分自身を大事にして、「そんなあたしがあなたと一緒にいたいんだよ」くらいの気持ちであることが、男の人にとったら「こんないい女と付き合えてる俺」という気持ちになるので。自分を大事にしてくださいってまず書いてますね。

――「メス力」とは見た目の美しさや、料理がうまいとかそういうスキルではなくて、精神的に自立した心に余裕のある女性のことを指しています。神崎さんの言葉に目を覚まされる女性も多数。一刻も早く大好きな人と出会いたい、結婚したいと思っている方がいたらぜひ手にとってほしい一冊です。ありがとうございました。


■神崎メリ
2月9日生まれ。ドイツと日本のハーフ。38歳。姉agehaなどの読者モデルを務めるかたわら、男性心理と自身が提唱する”メス力”に基づいた恋愛指南のブログが25歳以上の恋愛や結婚に悩む女性たちから熱い支持を得ている。2018年5月に開設したインスタグラムではすでに4万人を超えるフォロワーを獲得している。プライベートでは2016年に再婚し、現在は1児と2匹の猫の母。
____
本編では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます! 完全版が見たい方は、ぜひインタビュー動画をチェック!
http://hon-tube.com/p/movie.php?movieid=2794



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る