• トップ
  • リリース
  • eラーニングのデジタル・ナレッジ、代表取締役2名体制に関するお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社デジタル・ナレッジ

eラーニングのデジタル・ナレッジ、代表取締役2名体制に関するお知らせ

(PR TIMES) 2016年07月26日(火)12時15分配信 PR TIMES

〜テクノロジ・エバンジェリストの代表取締役就任で多様化・高度化するニーズに対応〜


導入実績1200超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役社長:はが弘明)は、予てより代表取締役社長を務めておりました、はが 弘明に加え、取締役COOの吉田 自由児が代表取締役に就任致しましたことをお知らせします。今後は代表取締役2名体制のもと、より良い知識社会の実現に向け、社員一丸となってより一層邁進してまいります。


【代表取締役2名体制に移行した背景】
ITの急速な進化に伴い、教育を取り巻く環境も大きく変わろうとしています。
さまざまな教育現場で教育ICT化が進み、eラーニングに求められるソリューションやサービスが多様化・高度化し、最近では、ARやVRなどの最新のコンテンツ表現技術、ビッグデータ、AI、IoT、ロボティクスといった新テクノロジをどのように教育に取り込むかについての議論も活発化しています。

企業や学校側にとっては、こうした最新テクノロジ動向を的確に把握し、自社のビジネスや課題に当てはめ、最適な投資を行うことが必要不可欠ですが、最新テクノロジや製品の進化スピードはあまりに速く、それらをすべて把握するのは大変困難です。そこで、なぜその技術や製品が生み出されたのか、どのような用途に使えば長所が生きるのか、どのような価値をユーザーに提供できるのか、などについて中長期的な技術トレンドも踏まえながら、公平な立場で分かりやすくお伝えする「テクノロジ・エバンジェリスト」の存在が求められています。

こうした背景を踏まえ、デジタル・ナレッジでは、これまで取締役COOを務めながらテクノロジ・エバンジェリストとしての活動を行ってきた吉田 自由児が代表取締役に就任することで、代表取締役を2名体制とし、eラーニングとそれを取り巻く最新テクノロジの価値をリアルタイムで正しくお伝えし、多様化・高度化する皆様のニーズに的確にお応えできる体制をより盤石にしてまいる所存です。

【新経営体制】
代表取締役社長 はが 弘明
代表取締役COO 吉田 自由児


【新代表取締役のご紹介】

[画像: http://prtimes.jp/i/12383/121/resize/d12383-121-504103-0.jpg ]



吉田 自由児(よしだ・じゆうじ)
1973年4月18日、福岡県生まれ。宮崎・沖縄・福岡で育つ。1995年、スタジオジブリ 東小金井村塾1期生として高畑勲監督に師事。早稲田大学理工学部情報学科卒業。研究室ではCAI班に属しeラーニングの前身であるCAIを研究。1996年1月、大学在学中に弊社設立当初のメンバーとして参加。

株式会社デジタル・ナレッジ 代表取締役COO / 株式会社デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所 所長 / 株式会社Z会ラーニング・テクノロジ 取締役 / 株式会社デジタル・ナレッジ・ユニバーシティ・ラーニング 取締役 / 東洋学園大学 講師 / 特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 資格制度e-Learningエキスパート講師 (「eラーニングテクノロジ」と「LMS活用技術」を担当)

eラーニングシステムの開発・プログラミングからスタートし、以来数多くの案件のプロジェクトマネジメント、設計、営業を担当。近年は教育ビッグデータやラーニング・アナリティクスへの関心が高く、弊社の提供するラーニング・アナリティクス統合サービス『Analytics+』の初期バージョンを一人で作り上げる。現在、ソリューション系事業を統括し、各マーケットに対してeラーニングソリューションを提供している。

趣味はジャズトランペット、ほぼ毎日欠かさずコルネットを吹くのが日課。


【吉田 自由児よりコメント】
1995年の弊社設立当初は「eラーニング」という言葉さえ誕生しておらず、コンピュータで学習することは研究や一部の先進的な事例にとどまっていました。この二十余年、様々なテクノロジの発展や普及の進歩があり、今やeラーニングは一般的な教育メソッドとして認知されるようになってきています。近年はお客様のニーズも高まっており、学びやすさや学習効果、費用対効果、学生集客力などの導入効果が高いレベルで求められています。eラーニングが主要な教育メソッドとなりつつあるなか、このニーズはさらに高まることでしょう。
また、テクノロジに目を向けますと、ARやVRなどの最新のコンテンツ表現技術、ビッグデータ、AI、IoT、ロボティクスなどといった新テクノロジをどのように教育に取り込むかが課題になることでしょう。
こうした背景を踏まえ、お客様のニーズに応え、新たな学びを発信し続けるべく、20年の礎を守りながらも新たなチャレンジを続けて参る所存です。

【会社概要】
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野 5 丁目 3 番 4 号 e ラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
URL: https://www.digital-knowledge.co.jp/

【取材に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:広報 平山
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る