プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

成田国際空港株式会社

成田国際空港運用状況(2016年度)

(PR TIMES) 2017年04月27日(木)12時13分配信 PR TIMES

航空機発着回数をはじめ以下の項目について開港以来最高となりました。
= 航空旅客数3,900万人、国際線外国人旅客数1,400万人、国内線旅客数700万人超え =
【2016年度の空港運用状況】
【航空機発着回数】
航空機発着回数
年度を通じて新規乗り入れ、新規就航、増便が相次ぎ、国際線・国内線ともに好調だったことから、前年度比4%増の245,705回と5年連続で最高値を更新。
国際線発着回数
香港航空、ジンエアー、ハワイアン航空など新規乗り入れが10社あったこと、また韓国、香港、中国などのアジア方面を中心とした新規就航や増便が相次いだことで旅客便が好調となり、前年度比5%増の193,427回と2年連続で最高値を更新。
国内線発着回数
Spring Japan/札幌(新千歳)線・大阪(関西)線、バニラエア/大阪(関西)線・函館線の新規就航などにより、前年度比1%増の52,278回と15年連続で最高値を更新。

【航空旅客数】
航空旅客数
国際線外国人旅客数や国内線旅客数の増加により、前年度比4%増の39,620,801人と2年連続で最高値を更新(初の3,900万人超え)。
国際線外国人旅客数
航空路線の拡充や、日本全体で取り組んでいる訪日プロモーションが功を奏し、特に旺盛な訪日需要がある韓国、香港などのアジア方面を中心に旅客が増加したため、前年度比11%増の14,299,658人と3年連続で最高値を更新(初の1,400万人超え)。
なお、年度として初めて国際線外国人旅客数が国際線日本人旅客数を上回りました。
国内線旅客数
那覇線、大阪(関西)線、札幌(新千歳)線などが好調だったことにより、前年度比5%増の7,210,517人と8年連続で最高値を更新(初の700万人超え)。

【国際航空貨物量】
仮陸揚貨物量
前年度比13%増の792,991t(積込:403,251t、取卸:389,740t)と5年連続で最高値を更新。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-276453-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-740217-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-134389-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-680908-3.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-634135-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-401010-6.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/4762/121/resize/d4762-121-914567-7.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る