• トップ
  • リリース
  • 〜今年が最後!真夏のモータースポーツの祭典・ SUZUKA 1000kmを徹底放送〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ジェイ・スポーツ

〜今年が最後!真夏のモータースポーツの祭典・ SUZUKA 1000kmを徹底放送〜

(PR TIMES) 2017年08月18日(金)13時06分配信 PR TIMES

SUPER GT第6戦「SUZUKA 1000km」放送、関連番組のご案内

「SUPER GT」を全戦放送/配信している国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下伸、以下「J SPORTS」 ※1)は、今年が最後の開催となる「SUPER GT2017 第6戦 第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km」(開催8月26-27日)を関連番組も併せて余すことなくお伝えいたします。
8月26日の予選、27日の決勝は完全LIVE放送/配信!当レースにスポット参戦し、大きな話題を集めている元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手(MOTUL MUGEN NSX-GT)や、小林可夢偉選手(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH)の活躍や、シリーズ最長距離レースならではの各チームの戦略に注目です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14079/120/resize/d14079-120-351583-2.jpg ]


また関連番組も見逃せません!8月26日の予選終了後には、解説者とドライバーを交えて翌日の決勝戦を大予想するトーク番組「SUPER GT トーク・トゥ・ウィン!〜最後の鈴鹿1000kmを制するのは!?〜」を現地から生放送/配信。そして、翌8月27日は2007年〜2016年まで10年間のレースを映像で振り返る「SUPER GT 鈴鹿1000km ザ・ファイナル記念! 2007年〜2016年ダイジェスト」を放送いたします。さらに、J SPORTSオンデマンド※2では公式練習やトークショーなどのイベントもLIVE配信でお届けします。
今年で最後の開催となる“真夏のモータースポーツの祭典”「SUZUKA 1000km」をJ SPORTSで思う存分お楽しみください!

■インターナショナル SUZUKA 1000kmとは
今年で46回目の開催となる1966年から続く国内で最も長い歴史を誇る自動車レース。ツーリングカーやグループC、ヨーロッパGTなどが夏の鈴鹿サーキットを舞台に毎年熾烈な戦いを繰り広げてきた。通常戦より長丁場となるこのレースのみ3人目のドライバー登録が認められており、数々の国内外の有名レーサーがスポット参戦してきた。来年からは、新たにGT世界一決定戦とも言える「第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」として開催されることになり、2006年から続いたSUPER GTシリーズの1戦として、そして1000kmというレース距離での開催は本年で最後となる。


SUPER GT2017 第6戦 第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km 放送/配信予定


[画像2: https://prtimes.jp/i/14079/120/resize/d14079-120-191955-1.jpg ]

※印 スカパー!で無料視聴いただけます。

*放送/配信時間は変更になる場合がございます。詳しくは番組サイトをご確認ください。

■詳しくは、 J SPORTSモータースポーツ特集サイトをチェック !
http://www.jsports.co.jp/motor/

■J SPORTSモータースポーツ公式Twitterでも随時情報発信中!
https://twitter.com/jsports_motor/


※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、 BS放送(スカパー! )で約650万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 J SPORTSオンデマンド( http://front.jsports-ondemand.com/ )は有料サービスとなります。


<J SPORTSに関するお問い合わせ先>
J SPORTSカスタマーセンター
03-5500-3488(午前10:00〜午後6:00)
J SPORTSオフィシャルサイト
http://www.jsports.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る