• トップ
  • リリース
  • 山形の「銀山温泉」が1位に。行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)

プレスリリース

株式会社ウェイブダッシュ

山形の「銀山温泉」が1位に。行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)

(PR TIMES) 2020年03月16日(月)10時05分配信 PR TIMES

株式会社ウェイブダッシュ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 河野 由紀)が運営する、みんなでつくる地域応援サイト「生活ガイド.com」(https://www.seikatsu-guide.com/) は、みんなのランキング第10回「行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)」のトップ10を発表いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-710579-9.png ]

この「行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキング(東日本編)」は、生活ガイド.com運営事務局スタッフが厳選した東日本の“ロケ地や作品の舞台になった場所”に対し、生活ガイド.com会員が「行ってみたい・見てみたい」と思うものを選んでいただき、その投票により決定いたしました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-624430-12.png ]

今回1位に輝いたのは、山形県尾花沢市にある「銀山温泉」です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-649589-0.jpg ]

銀山温泉は、NHK朝の連続テレビ小説『おしん』のロケ地になっており、温泉街としても有名な観光地です。
銀山川の両岸には、大正時代から昭和初期にかけて造られたモダンな木造建築の旅館が数多く立ち並んでいます。その風情ある街並みのなかにいると、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-802782-4.jpg ]

また、夕方になると街に並ぶガス灯が燈ります。
建物の灯りと合わさり、より幻想的でノスタルジックな雰囲気を醸し出します。
ほっと落ち着くようなオレンジの灯りは、寒い冬でもどことなく暖かい気持ちになりますね。
[画像5: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-225555-3.jpg ]

尾花沢市の「銀山温泉」を選んだ方からも、「雪国の幻想的な昔ながらの温泉街は、とても絵になると思う。(60代男性)」「街灯がノスタルジックで雰囲気がすごくいいです。恋人と行ってみたいです。(20代女性)」「温泉街の雰囲気がレトロで情緒があって、行きたい気持ちがそそられた。(40代男性)」などのコメントをいただきました。

今回1位になりました山形県尾花沢市の総合政策課広報係のご担当者様からコメントをいただきました。
******************************************************************************
■受賞コメント
この度は皆様からたくさんの投票やコメントをいただき、ロケ地ランキング1位という名誉ある賞をいただくことができました。心から感謝申し上げます。
銀山温泉は「おしん」のロケ地や「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のモデルにもなるなど、様々な映像作品と関係のある場所で、今では国内にとどまらずアジア圏をはじめ様々な国の方からお越しいただいております。これからも皆様に大正ロマン溢れる銀山温泉を愛していただけるよう、おもてなしの心でお迎えいたします。

■尾花沢市の魅力をご紹介
銀山温泉の美しい雪景色からも分かりますように雪が魅力の市です。
尾花沢市は飛騨の高山、越後の高田に並ぶ日本三雪の地と呼ばれ、全国有数の豪雪地帯であります。そこで、この雪を資源と捉え、観光分野への活用に取り組んでおります。代表的なものとして、ボーダーやファミリー向けの「花笠高原スキー場」や、スノーストライダーなど様々な雪上アクティビティが楽しめる「徳良湖スノーランド」があります。特に徳良湖は市街地から銀山温泉へ向かう途中にありますので、銀山温泉を目当てに来られる場合でも気軽に立ち寄ることができます。冬はどうしても雪の降る地域への足が遠のいてしまいがちですが、尾花沢の魅力あふれる冬だからこそ是非お越しください。
[画像6: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-475840-2.jpg ]

******************************************************************************
2位から5位になった「ロケ地(東日本)」は下記になります。

第2位 兵庫県相生市「美ヶ原高原」

[画像7: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-842484-5.jpg ]

松本市の美ヶ原高原は、映画『神様のカルテ』『神様のカルテ2』の舞台となった場所です。
写真左にある「美しの塔」は、日本一大きな文学碑で、美ヶ原高原のシンボルにもなっています。霧のない快晴の日には、満天の星空が広がり、天の川が見られるそうです。

第3位 福島県会津若松市「鶴ヶ城」

[画像8: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-784756-6.jpg ]

会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」は、NHK大河ドラマ『八重の桜』の舞台となった場所です。美しい赤瓦をはじめ、石垣、茶室などの魅力もたくさんあります。市民公園にもなっており、会津若松市民にとって身近な存在で、親しまれているお城です。

第4位 富山県高岡市「雨晴海岸」

[画像9: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-758326-8.jpg ]

海越しに3000m級の立山連峰を望める、富山県高岡市「雨晴海岸」。景勝地としても人気があり、季節や時間によって様々な姿をみせてくれます。劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の舞台となった場所です。

第5位 北海道富良野市「麓郷地区」

[画像10: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-721837-7.png ]

ドラマ『北の国から』の舞台となった「麓郷地区」。写真は黒板一家が最初に住んだ家とされている石の家になります。近くある麓郷展望台は、ラベンダーなどの花畑を一望できるスポットになっています。

******************************************************************************
生活ガイド.comのみんなのランキングでは、毎月ユニークなテーマで投票をしております。引き続き新たなランキングも発表していく予定です。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020/1/10 〜 2020/2/10
調査対象::生活ガイド.com会員10代〜80代の男女631名
[画像11: https://prtimes.jp/i/6408/120/resize/d6408-120-421313-11.png ]

▼みんなのランキング第10回「行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)」結果発表はこちら
https://www.seikatsu-guide.com/rank_minna/result/10/
▼みんなのランキング第12回「外観も内観もステキ♪利用したい図書館ランキング」の投票はこちら
https://www.seikatsu-guide.com/rank_minna/vote/12/

「生活ガイド.com」
株式会社ウェイブダッシュが運営する、全国の市と東京23区ごとに300項目以上の行政サービス、地域・行政情報を掲載しているサイト。2つの市区で比較ができ、ランキングも充実。水道料金や補助金・お祝い金、子育てに関する情報など、住まい探しや暮らしに役立つサイトです。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ウェイブダッシュ 不動産メディア部
E-mail:info-mail@seikatsu-guide.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る