プレスリリース

  • 記事画像1

フューチャー株式会社

TSIホールディングスのブランド横断システム基盤を構築

(PR TIMES) 2015年08月27日(木)13時19分配信 PR TIMES

〜ECや百貨店をはじめ多様な販売チャネルにも柔軟に対応し、高収益化に貢献〜

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二、以下フューチャーアーキテクト)は、株式会社TSIホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 匡司、以下TSIホールディングス)の基幹システムを全面刷新してブランド横断システム基盤を2015年3月に構築し、その後のブランド統廃合を経た現在も安定して稼働していることをお知らせいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/4374/119/resize/d4374-119-262391-0.jpg ]

数十もの多様なアパレルブランドを展開するTSIホールディングスは、2013年4月に「1つのシステム基盤によるグループ全体の成長」を目的として基幹システムの刷新を決定しました。刷新にあたっては、ECや百貨店、ファッションビルなどの多様な販売チャネルへの対応や、将来的なグループ内ブランドの再編等、アパレル・ファッションの激変期における市場ニーズへの迅速な対応が求められました。

フューチャーアーキテクトが構築した新しいシステム基盤は、商品や在庫の情報を販売チャネルで横断的に管理・分析し、ECや店舗の在庫を効率良く分配することを可能にしています。これにより、販売機会ロスや物流コストを低減させることができます。また、ブランドごとに採用するシステム機能を自由に選択できるため、事業形態や規模が異なるブランドでも運用が最適化され、付加価値の高い業務の創出につながります。

フューチャーアーキテクトは今回の基幹システム刷新プロジェクトにおいて、経営戦略、業務、ITを一体化した最適なデザインと、安定したプロジェクト運営を行いました。今後もIT戦略パートナーとしてTSIホールディングスの迅速な経営判断と戦略の実行に寄り添い、ビジネスのさらなる加速と成長に向けてサポートを継続していきます。また、本プロジェクトにより得た知見を、グループ内に多様なブランドや業態を抱え、コスト面や業務効率化の面で画一的な情報システムが足かせとなっている流通小売業の企業に展開していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る