• トップ
  • リリース
  • ネイティブソーシャルゲーム『クラッシュフィーバー』、TVアニメ『はたらく細胞』x『クラッシュフィーバー』コラボが決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ユナイテッド株式会社

ネイティブソーシャルゲーム『クラッシュフィーバー』、TVアニメ『はたらく細胞』x『クラッシュフィーバー』コラボが決定!

(PR TIMES) 2019年03月12日(火)10時40分配信 PR TIMES

ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下ユナイテッド)は、出資先であるスマートデバイス向けフルネイティブアプリ・ゲームの企画・開発・運営・販売を行うワンダープラネット株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長CEO:常川友樹、以下ワンダープラネット)との共同事業として提供しているネイティブソーシャルゲーム『クラッシュフィーバー』において、TVアニメ『はたらく細胞』とのコラボイベントを決定したことをお知らせいたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23821/118/resize/d23821-118-871419-0.png ]


『クラッシュフィーバー』は、仮想世界をモチーフとした世界観を舞台に、画面をタップするだけの簡単操作でパネルをブッ壊すことで得られる爽快感やサウンドが魅力のほか、最大4人までの協力プレイが可能なマルチプレイ機能を搭載しており、全国のプレイヤーと共闘を楽しむことが可能です。2018年4月には世界1000万ダウンロードを達成し、ますます盛り上がりをみせております。

本イベントは、人気TVアニメ『はたらく細胞』とのコラボレーションイベントとなり、実施時期は2019年4月中旬を予定しております。

TVアニメ『はたらく細胞』のキャラクター達がクラッシュフィーバーの世界に登場し、コラボ限定クエスト等、様々な内容を実施予定です。
実施期間、内容等の詳細は順次発表してまいりますので、ぜひご期待ください。

■TVアニメ『はたらく細胞』とは?
これはあなたの物語。あなたの体内(からだ)の物語──。
人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。
細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。
酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球…….
そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。
擬人化モノの新定番、大人気コミック「はたらく細胞」が待望のテレビアニメ化!
誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!
【アニメ公式サイト】:http://hataraku-saibou.com
【公式Twitter】@ hataraku_saibou

■『クラッシュフィーバー』概要
アプリ名:クラッシュフィーバー
カテゴリー: ブッ壊し!ポップ☆RPG
価格: 無料 (アプリ内課金あり)
対応OS: iOSバージョン8.0以降、Androidバージョン4.4以降
[画像2: https://prtimes.jp/i/23821/118/resize/d23821-118-437741-1.png ]

App Store: http://bit.ly/1LK0i3h
Google Play: http://bit.ly/1J1TMmH
プロモーション動画:https://youtu.be/tmbq-_PbVt4
公式サイト:http://crashfever.com/
公式Twitter: https://twitter.com/CrashFever_PR

■ワンダープラネット概要
社名:ワンダープラネット株式会社(WonderPlanet Inc.)
本社所在地:名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビル11F
設立日: 2012年9月
代表者:代表取締役社長CEO 常川 友樹
事業内容:スマートデバイス向けフルネイティブアプリ・ゲームの企画・開発・運営・販売
ウェブサイト: http://wonderpla.net

■ユナイテッド株式会社
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役会長CEO 早川 与規(はやかわ とものり)
資本金:2,922百万円(2018年3月末現在)
U R L:http://united.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る