• トップ
  • リリース
  • 環境活動に熱心な学生90名が全国から集合。熱い議論を交わし、友情を育んだ「全国環境ISO学生大会」が無事終了

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

国立大学法人千葉大学

環境活動に熱心な学生90名が全国から集合。熱い議論を交わし、友情を育んだ「全国環境ISO学生大会」が無事終了

(PR TIMES) 2016年09月07日(水)17時29分配信 PR TIMES

〜第10回全国環境ISO学生大会in千葉大学〜

千葉大学環境ISO学生委員会が主催して、9月5日・6日に西千葉キャンパスで「第10回全国環境ISO学生大会」が行われました。全国の大学から環境活動を熱心に行っている学生90名が集まり、活動発表や情報交換などを行いました。

【大会概要】

大学の環境啓発活動や環境マネジメントシステムの運用に積極的に取り組む全国の学生団体が集い、他大学の活動について知り、情報交換を行うことで、より一層活動の活性化を図るための大会です。今年で10年目を迎えます。
テーマ: 今年のテーマは「多くのアイデアを、多くの人へ、正確に」
学生たちの環境への取り組みや環境に関する情報をより多くの人に伝えるにはどうするかについて考えました。


【内 容】

2016年9月5日(月)


■基調講演
「発信力を高めるには?考えてみよう」と題して、株式会社リクルートマーケティングパートナーズの広報、永野あい子氏に講演していただきました。大学生には思い及ばない視点からの“発信者になる意識”について気づかせてくれました。

■活動紹介
参加した13団体の日頃の環境活動に関するプレゼンテーションがあり、他大学でどのような取り組みがなされているかを知る機会となりました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/15177/118/resize/d15177-118-182594-17.jpg ]


2016年9月6日(火)
■キャンパスツアー
千葉大学西千葉キャンパスにある、太陽光発電システムや地下水浄化システム、落ち葉堆肥ピット、緑のカーテンなどの見学ツアーを行いました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/15177/118/resize/d15177-118-821672-11.jpg ]


■基調講演
「活動を進めていくためにどのような工夫をしていくか」と題して、千葉大学環境管理責任者(教員系)の倉阪秀史教授が講演を行い、環境活動を通じて達成感を感じたり、能力向上することや過剰な負担にならないようにすること、後輩を育てる大切さなどについて話しました。
[画像3: http://prtimes.jp/i/15177/118/resize/d15177-118-253818-1.jpg ]


■分科会
「情報共有の仕方」「交流人口の増やし方」「企画・イベントを協働で成功させる」「上手なPR方法」「モチベーションの維持方法」という5つのテーマ、10グループに分かれて、活発に意見を出しあい、議論をして、その成果を発表しました。


[画像4: http://prtimes.jp/i/15177/118/resize/d15177-118-944075-13.jpg ]




【参加団体】(五十音順)

岩手大学環境マネジメント学生委員会
大阪大学環境サークルGECS
工学院大学環境ISO学生委員会
公立鳥取環境大学学生ISO委員会
信州大学工学部ISO学生委員会
信州大学繊維学部環境ISO学生委員会
信州大学農学部環境ISO学生委員会
信州大学松本キャンパス環境ISO学生委員会
千葉大学西千葉・亥鼻地区環境ISO学生委員会
千葉大学松戸・柏の葉地区環境ISO学生委員会
中部大学ESDエコマネーチーム
東京大学サステイナブルキャンパスプロジェクト室(TSCP室)TSCP学生委員会
三重大学環境ISO学生委員会


【実行委員長コメント】

日隈壮一郎(工学部都市環境システム学科2年)

[画像5: http://prtimes.jp/i/15177/118/resize/d15177-118-884438-19.jpg ]

「今回は記念すべき第10回ということで、特に「広報」に焦点を当てました。これは昨今のメディアの情勢や政府の掲げる「COOL CHOICE」という標語を考慮してのことです。結果として、普段触れることの出来ない広報の話を聞けて良かったとの声を多くいただき率直に嬉しかったです。参加者や大学関係者、運営陣をはじめ多くの方々の協力のおかげでこのような有意義なイベントの運営の実行委員長を務めることができて幸せでした。ありがとうございました。」



千葉大学環境ISO学生委員会とは

2003年千葉大学においてISO14001認証取得への動きが始まるとともに発足し、環境マネジメントシステムの構築・運用に貢献。現在では、学内の研修講師、目的目標実施計画の原案作成、内部監査、外部審査対応、環境報告書作成、省エネ省資源・緑化・堆肥化等の活動、地域との連携、学内への啓発活動などを担当。
西千葉・亥鼻、松戸・柏の葉地区に分かれて活動。2009年NPO法人化。所属学生:約240名(2016年度時点)。
ホームページ http://env.chiba-univ.net/


本件に関するお問い合わせ

千葉大学環境ISO事務局
TEL:043-290-3572


千葉大学環境ISO学生委員会に関連する最近のプレスリリース

20歳の学生が編集長を務める「千葉大学環境報告書」、充実の88ページの2016年版が発行
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000015177.html
「しおり型省エネうちわ」で学生の夏を涼しく!エコ川柳大賞は『「要りません。」あなたのひとことエコロジー』に決定!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000105.000015177.html
学生の手作り企画が満載!千葉大学で7月に省エネ・省資源イベントを開催。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000015177.html
学生がキャンパス内の落ち葉で作った堆肥を地域住民に頒布
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000015177.html
「第25回地球環境大賞」の授賞式・レセプションに、千葉大学の学生17名が出席。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000015177.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る