• トップ
  • リリース
  • ザイリンクス、OpenPOWER Foundation China Summit に参加、グローバル リーダーの一員として、次世代データ センターの革新を推進

プレスリリース

  • 記事画像1

ザイリンクス株式会社

ザイリンクス、OpenPOWER Foundation China Summit に参加、グローバル リーダーの一員として、次世代データ センターの革新を推進

(PR TIMES) 2015年07月14日(火)10時43分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/5196/118/resize/d5196-118-956197-0.jpg ]

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 6 月 8 日 (米国時間)、2015 OpenPOWER™ Foundation China Summit に参加し、グローバル リーダーの一員として IBM POWER テクノロジの革新を協同して推進すると発表した。OpenPOWER Foundationのメンバーとしてザイリンクスは、IBM Power Systems 向けの高性能 CAPI ソリューションを実現する FPGA ベースの高速化テクノロジを提供している。これらのソリューションは、ビッグ データや Hadoop、機械学習、バイオインフォマティクス、クラウド ベースのネットワーク / ストレージなどのアプリケーションの高速化に寄与している。同イベントでザイリンクスは、業界のユーザーとパートナーからなる著名なグループの一員となり、中国における OpenPOWER テクノロジの今後のエコシステム構築と開発を推進していく。詳細は、2015 年 6 月 10 日、中国北京のシャングリラホテル北京で開催された 2015 OpenPOWER Foundation China Summit で発表された。

■ 2015 OpenPOWER Foundation China Summit でのザイリンクスの発表

「POWER8 CAPI とザイリンクス FPGA アクセラレータを使用した高効率計算に向けた主要ワークロード」

発表者 : ザイリンクス ワイヤード システム アーキテクト、リフェン ワン (Lifeng Wang)

CAPI インターフェイスによるメモリ一貫性を活用する IBM の POWER8 CPU はザイリンクスの FPGA アクセラレータと組み合わせることで、データ センターと HPC (高性能計算) の重要なワークロード向けに、高い計算効率や低消費電力性能、総所有コストの低減を実現する。この発表では、UC Berkeley ParLab Roofline Model が取り上げられるとともに、Power8 CAPI インターフェイスとザイリンクス FPGA の優れた性能が、他のアーキテクチャとの比較を交えて紹介された。

■ IBM OpenPOWER ブースでのテクニカル デモンストレーション

・キー バリュー ストア アプリケーションの高速化ソリューション

ザイリンクスは、Spirent 社の最先端テスト機器を利用して、キー バリュー ストア (KVS) アプリケーションの高速化デモを行った。このデモでは、OpenPOWER システムに統合した Alpha Data 社の ADM-PCIE-7V3 ボードが活用された。OpenPOWER のコヒーレント アクセラレータ プロセッサ インターフェイス (CAPI) を使用することで、ソリューションのスループットを 60Gbps、ストレージを 2 テラバイトに拡張できる。これによりザイリンクスの FPGA は、ソフトウェアのみの実装と比較してレイテンシを10 〜 100 倍低下させ、単位ワット当たりの性能を 36 倍向上させる。このデモは、Memcached や NoSQL などのアプリケーション向けのビッグ データ ワークロードの高速化エンジンとして広く適用できる。

・Alpha Data 社 OpenPOWER CAPI 高速化ソリューション

このデモでは、ザイリンクスの FPGA を活用してビッグ データ ワークロードを高速化する、Alpha Data 社の ADM-PCIE-7V3 PCIe(R) フォーム ファクター アドイン カードが注目を集めた。ADM-PCIE-7V3 カードは、IBM の Power8 CAPI に対応するとともにザイリンクスの Virtex(R)-7 X690T FPGA を組み込んでいる。また、ADM-PCIE-7V3 カードは、ネットワークに直接接続するためのデュアル ポート 10 ギガビット SFP+ ポート、ローカル メモリの処理のための 2 つのオンボード SO-DIMM、ローカル データ ストレージのための 2 つの SATA インターフェイスを備える。Alpha Data 社のコプロセッサを備えた OpenPOWER システムは、次世代データセンター向けの理想的なソリューションを提供する。

■ ザイリンクスについて
ザイリンクスは、All Programmable FPGA および SoC、3D IC の世界的なリーディング プロバイダーである。業界をリードするこれらのデバイスを次世代設計環境および IP とともに提供することで、プログラマブル ロジックからプログラマブル システム インテグレーションまで、幅広いユーザー ニーズに応える。詳しい情報は、ウェブサイト japan.xilinx.com で公開している。

※ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、Vivado、Zynq、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

■ 下記のザイリンクス株式会社ウェブサイトもご参照ください。
・トップページ : http://japan.xilinx.com/index.htm
・プレスリリース (日本語) : http://japan.xilinx.com/japan/j_prs_rls/
・このリリースの全文は次の URL を参照のこと :
http://japan.xilinx.com/japan/j_prs_rls/2015/events/openpower-summit-ibm-power8-capi-and-xilinx-fpga.htm

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る