• トップ
  • リリース
  • NTTドコモの健康経営の取り組みとして約6万人を対象とした社内ウォーキングキャンペーンを実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ドコモ・ヘルスケア株式会社

NTTドコモの健康経営の取り組みとして約6万人を対象とした社内ウォーキングキャンペーンを実施

(PR TIMES) 2018年10月01日(月)16時43分配信 PR TIMES

〜スポーツ庁が推進するFUN+WALK PROJECTに賛同しスニーカー通勤を推奨〜


株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモグループ従業員およびドコモショップスタッフ約6万人向けの健康経営推進施策の一環として、社内ウォーキングキャンペーン「ドコモみんなで歩こう!キャンペーン2018」をドコモ・ヘルスケア株式会社(以下、ドコモ・ヘルスケア)のサポートにより2018年10月1日(月)から2018年11月30日(金)まで実施いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/16519/116/resize/d16519-116-147772-0.jpg ]


ドコモは、お客さまにより良いサービスをご提供するためには従業員が健康であることが重要と考え、これまでもドコモグループ社員、ドコモショップスタッフを対象とした社内ウォーキングイベントなどの健康増進に積極的に取り組んでまいりました。昨年度のウォーキングキャンペーンでは約18,000名が参加し、期間中の平均歩数が普段より3割増加するなどの効果が出ております。

今年度はスポーツ庁が2017年10月に開始した、ビジネスパーソンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」※に賛同し、新たな取り組みとして全国の従業員にスニーカー通勤を推奨します。
また、社内ウォーキングキャンペーン参加者の歩数をスマホアプリで計測し、組織単位、個人単位での表彰を行うことで、社内の健康リテラシーの醸成や運動機会の促進を図ります。
ドコモグループは今後も健康経営を推進するとともに、自社での経験を踏まえ、多様な法人向けサービスで、企業の健康経営をサポートしてまいります。

※FUN+WALK PROJECT公式サイト:https://funpluswalk.jp/


ドコモの健康経営の取り組み概要

2018年度 ドコモの健康経営の取り組み一覧

[表: https://prtimes.jp/data/corp/16519/table/116_1.jpg ]



ドコモの健康経営推進におけるドコモ・ヘルスケアの主なサポート内容
1.「健康サポートLink」を活用した「歩こうキャンペーン」のサポート
2014年から実施している健康増進施策「歩こうキャンペーン」において、健康データ管理サービス「健康サポートLink」を活用することで、組織ごとにデータ管理・見える化が可能となり、組織独自の追加施策の検討・実施・効果の確認が柔軟に行えるようになります。
※参考URL:http://www.d-healthcare.co.jp/business/kenkou-support-link/

2.健康コラムの配信
社員の健康意識向上を目的とし、ドコモ・ヘルスケア専属の管理栄養士が執筆するコラムを配信します。すぐに実践できる分かりやすい内容を配信することで、各自が自立して健康増進に取り組むサポートをします。
※参考URL:https://www.d-healthcare.co.jp/business/kenkou-column/

3.健康経営分析サポート
生活習慣アンケートの実施、および内容の分析など、健康経営の推進をサポートします。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る