プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

レバレジーズ株式会社

主婦・フリーターの介護資格取得を無料で支援

(PR TIMES) 2017年03月06日(月)12時26分配信 PR TIMES

介護人材拡充にむけ、「きらケア」から輩出する人材は全員有資格者を目指す

レバレジーズ(株)の全額出資子会社であるレバレジーズキャリア(株)が運営する介護士の派遣・転職支援サービス「きらケア」は、2017年3月6日に介護資格を持たない主婦・フリーターなどが無料で介護資格を取得できる支援制度を開始しました。
■制度概要


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/10591/table/115_1.jpg ]



■介護福祉士受験者数半減を受け、無資格者の育成を強化
2017年1月29日に実施された介護福祉士の国家試験の受験者数が、約8万人と例年より半減しました。今年度から受験要件として最長450時間の研修が義務付けられたことが要因とみられています。これを受け、公益社団法人日本介護福祉士会は下記の声明を発表し関係者に理解を求めています。

質の担保なくして量の確保を図ることは困難
提供される介護サービスの質を担保し、介護職に対する信頼や社会的評価を確保することこそが、量の確保を図るための本質的な解決策である

そこでレバレジーズキャリア(株)では無資格者へ積極的に資格取得の支援を行い、「きらケア」から輩出する人材は全員有資格者を目指すことで、介護人材の質向上に貢献したいと考え、本制度を開始しました。

2018年3月までに100人、2022年3月までに累計1,500人の有資格者を輩出する予定です。今後は支援対象とする資格を介護職員初任者研修だけでなく、介護職員実務研修、介護福祉士にまで広げ質・量ともに充実した人材を業界に供給できるよう精進します。


■無資格者育成の重要性について
2025年問題のキーとなる無資格者の活用
厚生労働省によると2025年には介護人材が37.7万人不足する見通しで、介護領域以外からの人材の呼び込みと、その教育体制の整備が急務となっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10591/115/resize/d10591-115-546951-0.jpg ]

出典:2015年6月 厚生労働省 2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について

介護人材確保に向けた施策
[画像2: https://prtimes.jp/i/10591/115/resize/d10591-115-378849-1.jpg ]



出典:2014年10月 厚生労働省 介護人材の確保について


介護資格取得を通じ給与アップと勤続年数向上を目指す
有資格者は無資格者より月給が約1.6万〜4万円高いうえ、勤続年数も1〜3年長くなっています(厚生労働省調べ)。弊社は無資格者へ資格取得制度を提供することでこの格差を解消し、より好条件で長く働き続ける環境を作りたいと考えています。
[表2: https://prtimes.jp/data/corp/10591/table/115_2.jpg ]

出典:2014年10月 厚生労働省 介護人材の確保について


■医療・介護領域での年間売上高90億円に向けて
レバレジーズキャリア(株)はレバレジーズ(株)の全額出資子会社として2015年4月に発足。現在は介護業界で人材紹介・派遣事業を手掛け、求職者の希望・要望のヒアリングからキャリアアドバイス、就業後のきめ細かなフォローまで行なっています。レバレジーズグループでは2019年3月期には医療・介護領域の年間売上高を90億円に急増させる計画です。


■「きらケア」サービス概要

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/10591/table/115_3.jpg ]



レバレジーズ株式会社について( http://leverages.jp/
平均年齢28歳ながら年商200億円、社員520名、国内外に14拠点を持つ2005年創業のミドルベンチャーです。
事業創造のプロフェッショナルとして業界トップクラスのエンジニア向けキャリア支援「レバテック」をはじめ、IT・医療・介護など幅広い分野で事業を展開。
新規事業への積極投資と、製作から運用まですべてのマーケティング活動を自社で賄うオールインハウス体制で「時代を動かす企業」を目指します。

本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材紹介事業



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る