• トップ
  • リリース
  • サイバーソリューションズが、ディープ&ダークウェブの諜報情報を提供するFlashpoint社と提携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

サイバーソリューションズ株式会社

サイバーソリューションズが、ディープ&ダークウェブの諜報情報を提供するFlashpoint社と提携

(PR TIMES) 2019年02月21日(木)11時40分配信 PR TIMES

迫りくる潜在的脅威に対抗すべく、サイバーセキュリティ対策分野での事業を強化

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下、サイバーソリューションズ)は、この度、米国Flashpoint社(本社:アメリカ合衆国 ニューヨーク州、CEO : Josh Lefkowitz、以下Flashpoint)と提携し、共同でビジネス リスク インテリジェンス(BRI)を提供していくことに合意しました。
世界的なサイバー攻撃に対する警戒感が高まっているなか、2020年に東京での大きなイベントの開催も控え、国家、企業を狙ったサイバー攻撃が増加することが予想されています。また、最近では日本人のメールアドレスやID、パスワードなどの個人情報がダークウェブで販売されていることも確認されています。

Flashpoint は2010年からリスクインテリジェンスの提供を開始し、特にディープ&ダークウェブのインテリジェンスにおけるリーディングカンパニーです。ディープ&ダークウェブ(DDW)と呼ばれる通常ではアクセスできないWebサイトにおいては、個人情報や機密情報、マルウェア等の売買や、犯罪者間の情報交換などの不正行為が行われています。しかしこれらの不正行為は秘匿性・匿名性の高さにより、その実態を捉えることは非常に困難です。日本企業・組織において、ビジネスインフラとしてネットワークが不可欠であり企業はネットワークの恩恵を受ける一方で、様々なリスクに晒されている状況です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3598/115/resize/d3598-115-525725-0.png ]

Flashpointは、誰もがアクセス可能な表層のネットワークだけでなく、DDWからも有用性の高い情報を収集し、お客様による最善の意思決定を支援するビジネス リスク インテリジェンスを提供しています。今回、サイバーソリューションズは、これまでに官公庁、金融、製造などの企業、約15,000以上の組織にメールサーバ、メールセキュリティに関連する製品、サービスを提供してきたノウハウとネットワークを活用し、迫りくる脅威に対抗すべく、Flashpointのビジネス リスク インテリジェンスのサービスを日本のお客様に展開してまいります。

<Flashpointについて>

[画像2: https://prtimes.jp/i/3598/115/resize/d3598-115-812610-1.jpg ]

Flashpointは、ビジネス リスク インテリジェンス(BRI)を提供し、世界中の組織が潜在的な脅威や敵対者に対抗できるよう支援する専門家チームです。洗練された技術、高度なデータ収集、人による分析を基に、お客さまの要件に合わせて製品やサービスをカスタマイズし、大企業や公的機関がサイバーセキュリティの向上、詐欺対策、インサイダーによる脅威の防御、物理的なセキュリティの強化、ベンダーリスクとサプライチェーンインテグリティへの対応を実現できる、有意義なインテリジェンスを提供しています。

・会社名:Flashpoint.inc
・設立日:2010年1月
・代表者:Josh Lefkowitz
・ホームページ:https://www.flashpoint-intel.com/ja
・所在地:New York, USA (非公開)

<サイバーソリューションズ株式会社について>

[画像3: https://prtimes.jp/i/3598/115/resize/d3598-115-230374-2.png ]

電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約 15,000 社以上の企業で利用されている高性能 Web メール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績 NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。2009 年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド・SaaS 型の「CYBERMAILΣ」として提供するサービス事業も開始しました。

また、ネットワーク分離における総務省ガイドラインに基づいて開発を行った、「CyberMail-ST」は多くの自治体様で導入された実績を持つメール無害化ソリューションとしてご好評いただいております。
日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。(※)富士キメラ総研※「2009〜2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設 立: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売/保守サポート、クラウド/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・URL : https://www.cybersolutions.co.jp/
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

※記載されている内容は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


◇製品やサービスに関するお問合わせ
サイバーソリューションズ(株) 営業部
TEL:03-6809-5858(sales@cybersolutions.co.jp)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る