• トップ
  • リリース
  • インバウンドによる地域の持続的発展を目指す パソナ『観光立国ソリューションサービス』11月開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社パソナグループ

インバウンドによる地域の持続的発展を目指す パソナ『観光立国ソリューションサービス』11月開始

(PR TIMES) 2016年10月06日(木)14時51分配信 PR TIMES

11月9日 観光立国インバウンドセミナー「稼げるDMOのつくりかた」開催

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)は、自治体や観光協会・DMO(※)等の団体を対象に、インバウンドビジネスを支援する『観光立国ソリューションサービス』を11月9日(水)より開始いたします。サービス開始に伴い、11月9日(水)に観光立国インバウンドセミナー「稼げるDMOのつくりかた」をパソナグループ本部(千代田区大手町)にて開催します。
政府は『観光先進国』を目指して、2030年までに6000万人の訪日外国人旅行者の誘致を目標に掲げています。そのため、地域が主体となって情報発信や効果的なマーケティングを実施し、戦略的な計画策定等を推進する観光振興組織「日本版DMO」が各地で立ち上がっています。

そこでパソナは、グループの人材育成ノウハウと、全国の地方自治体等と連携して取り組んでいる地方創生事業でのノウハウを活かし、『観光立国ソリューションサービス』を11月9日(水)より開始します。本サービスでは、観光事業やDMOの推進に必要な「観光人材の育成・紹介」から「プロモーション支援」まで、戦略的な観光地域づくりを支援するソリューションをワンストップで提供してまいります。
パソナは本サービスを通じて、インバウンドによる地域の継続的発展に寄与すると共に、観光立国としての更なるインバウンド需要の発展に尽力してまいります。

(※)DMO
DMOは「Destination Marketing/Management Organization」の略称。地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人のこと。(出典:観光庁HP)


■『観光立国ソリューションサービス』概要
開始: 2016年11月9日(水)
内容: パソナグループの人材育成ノウハウと、全国の地方自治体等と連携し取り組んできた地方創生事業で培ったノウハウを活かし、戦略的な観光地域づくりを支援する以下サービスをワンストップで提供する
1. DMOコンサルティング(データによる地域観光分析、観光戦略策定支援)
2. 観光人材育成・紹介(観光サービス人材、マーケティング人材、経営人材)
3. 観光事業者支援(セミナー講師・インバウンド専門家派遣、起業・創業支援)
4. カスタマーサポート(コールセンター運営、事務代行)
5. イベント運営支援(MICE企画・運営、おもてなしボランティア育成)
6. プロモーション支援(SNSマーケティング、WEB制作、広告・広報支援)
対象: 自治体、観光協会、DMO等観光振興に取り組む団体
お問合せ: 株式会社パソナ 営業総本部 Tel 03-6734-1005

■ 観光立国インバウンドセミナー「稼げるDMOのつくりかた」概要
日時: 2016年11月9日(水)14:00〜17:00(13:30開場)
場所: パソナグループ本部
対象: 自治体、観光協会、DMO等観光振興に取り組む団体
定員: 200名(定員になり次第、受付終了とさせて頂きます)
参加費: 無料
内容: 
【開会挨拶】株式会社パソナ 地方創生特命担当 勝瀬 博則・ ソーシャルイノベーションチーム長 加藤 遼
【講演】「ブランドUSA:アメリカ合衆国の観光プロモーションの取り組みについて」
ブランドUSA 日本代表アジア地区担当ストラテジーディレクタ 早瀬 陽一氏
【セッション】「DMO立ち上げの現場」宮城県南インバウンドDMO組成コンソーシアム
宮城県丸森町 商工観光課 伊藤 淳氏、株式会社 VISIT東北 代表取締役 齊藤 良太
申込方法: 下記URLよりお申込み下さい
https://www.pasonagroup.co.jp/contact/tabid783.html
主催: 地方創生インバウンド機構(株式会社パソナグループ、ヘループ株式会社)
共催: 株式会社やまとごころ
お問合せ: 株式会社パソナグループ 地方創生インバウンド機構事務局 E-mail info@liijapan.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る