• トップ
  • リリース
  • サイバーセキュリティ対策を強化! 千葉大学が、伊藤忠商事株式会社とクロスアポイントメント協定を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

国立大学法人千葉大学

サイバーセキュリティ対策を強化! 千葉大学が、伊藤忠商事株式会社とクロスアポイントメント協定を締結

(PR TIMES) 2016年07月29日(金)10時53分配信 PR TIMES

8/1付でcsirt(シーサート)専任教員を採用

国立大学法人千葉大学(学長:徳久剛史)は、卓越した人材が大学、企業等の壁を越えて複数の組織で活躍することが可能となるクロスアポイントメント制度を利用して、伊藤忠商事株式会社の上級サイバーセキュリティ分析官を本学准教授として採用します。これまで千葉大学では、サイバーセキュリティに関するインシデント対応業務に専任する教員が不在であることが課題でしたが、企業の最前線において活躍する専門家より技術的な支援を受け、より実践的な手法によるサイバーセキュリティ対策の強化を目指していきます。

千葉大学csirt(C-csirt)メンバーとして活動



 千葉大学では、本年4月よりC-csirtを発足させサイバーセキュリティ対策の強化に取り組んでいるが、この准教授をcsirt専任教員としてメンバーに加えることにより、さらなる体制の強化を図ります。
 特に情報収集や調査分析、解析等の分野において活動の中心的な役割となる司令塔として、高度化するサイバー攻撃から大学が保有する情報資産を保護するための活動を行います。
[画像: http://prtimes.jp/i/15177/113/resize/d15177-113-256614-0.jpg ]




クロスアポイントメントとは

 研究者や技術者が、大学等の公的研究機関及び民間企業等の間で複数の組織に雇用され、組織間での一定の取り決めのもと、それぞれの組織において役割に応じた業務に従事することを可能とする制度です。
 詳細は、次のホームページをご確認ください。

経済産業省HP「クロスアポイントメント制度の基本的枠組と留意点をとりまとめました」
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141226004/20141226004.html

csirt(シーサート)とは

 サイバーセキュリティ上の問題(インシデント)に対して、予防活動、発生時の対応、改善策の検討及び提案を行うチームです。
 千葉大学では、C-csirt(Chiba University - Cyber Security Incident Response Team)として本年4月より、サイバーセキュリティインシデントを早期発見・早期対処することで被害を最小化することを目指して活動しています。

本件に関するお問合せ

千葉大学情報危機対策チーム(C-csirt) 
担当:千葉大学学術国際部情報企画課
Tel:043-290-2100 
Fax:043-290-2094 
E-mail:c-csirt@chiba-u.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る