• トップ
  • リリース
  • エムスリーとUBIC、医療・医薬分野において、人工知能の活用による協業を開始

プレスリリース

エムスリーとUBIC、医療・医薬分野において、人工知能の活用による協業を開始

(PR TIMES) 2015年10月27日(火)16時09分配信 PR TIMES

エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:谷村 格、東証1部: 2413、以下エムスリー)と、株式会社UBIC(本社:東京都港区、 代表取締役社長:守本正宏、東証マザーズ:2158、NASDAQ:UBIC、以下UBIC)は、医療・医薬分野において、人工知能を活用した協業を開始することを発表しました。
協業の第一弾として、エムスリーの子会社で、CRO※1事業を手がける株式会社メディサイエンスプラニング(本社:東京都港区 代表取締役会長兼社長 CEO:浦江明憲、以下MPI)と、UBICの子会社で、人工知能を活用した医療データ解析ソリューションを提供する株式会社UBIC MEDICAL(本社:東京都港区 代表取締役社長:池上成朝、以下UBIC MEDICAL)が、MPIのファーマコヴィジランス(医薬品安全性監視)※2業務(以下PV)での知見と、UBIC MEDICALが保有する人工知能技術を組み合わせ、国内初となる人工知能を活用した「PV支援サービス」の提供に向けて、具体的な取組みを進めていきます。

エムスリーとUBICでは、今回の協業により、医薬品のさらなる安全性向上に貢献する、質の高いサービスの提供を目指します。また今後、人工知能によるデータ解析を通じて、医療・医薬分野における幅広いサービスの開発を検討していきます。

※1:CROについて
製薬企業(臨床試験依頼者)等が行う臨床試験に関わる、さまざまな業務を代行・支援する組織(医薬品開発業務受託機関)。Contract Research Organizationの略。

※2:ファーマコヴィジランス(PV)について
医薬品の有害な作用または医薬品に関連する諸問題の検出、評価、理解及び予防に関する科学と活動。


【エムスリーについて】
エムスリー株式会社は、日本において医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、約25万人の医師会員に対して医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供しております。また、日本のみならず米国、英国、中国、韓国など海外への事業展開を積極的に進めており、グローバルで340万人以上の医師にリーチすることが可能です。


【UBICについて】 http://www.ubic.co.jp/
株式会社UBICは、独自開発の人工知能により、ビッグデータなどの情報解析を支援するデータ解析企業です。2003年の設立以来、国際訴訟などに必要な電子データの証拠保全と調査・分析を行うeディスカバリ(電子証拠開示)や、コンピュータフォレンジック調査の支援を行っています。最近では医療やビジネスインテリジェンス、マーケティングなどの領域に人工知能を活用し、事業の拡大を進めています。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る