• トップ
  • リリース
  • 子どもも大人も学ぶためのシェアスペース“manabino”(マナビノ)を備えた一棟まるごとリノベーションマンション「リノア武蔵野」竣工

プレスリリース

子どもも大人も学ぶためのシェアスペース“manabino”(マナビノ)を備えた一棟まるごとリノベーションマンション「リノア武蔵野」竣工

(PR TIMES) 2019年03月14日(木)12時40分配信 PR TIMES

株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島純一)は、築29年の旧企業社宅を一棟まるごとリノベーション分譲マンション「リノア武蔵野」として再生し、2019年3月23日にグランドオープンいたします。
「リノア武蔵野」は、武蔵野市の魅力的な自然環境や子育て環境の立地特性を活かして、「家族の学び家」をコンセプトに、子どもも大人も地域の人も、みんなが集まることを目指したシェアスペース“manabino(読み:マナビノ)”を共用部に備えた、当社48棟目の「一棟まるごとリノベーションマンション」です。当社では、2005年より「一棟まるごとリノベーション分譲事業」を開始し、当事業の仕組みでグッドデザイン賞を受賞、本物件含み48棟1,500戸の企画・供給実績となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-191724-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-395500-0.jpg ]




コンセプト



[画像3: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-866696-13.png ]

子どもの時も、大人になっても、その途中でも、好きなことを学びつづける。
そんな暮らしを応援するための集合住宅をつくります。
みんなで使えるシェアスペースには、
一緒に学ぶ大きな机と、一人で学ぶ小さな机、学びが広がる大きな本棚。
たくさんの学びを提供してくれる先生もやってきます。
みんなで菜園。みんなでキャンプ。学びは無限に広がります。
いくつになっても学びつづけるすべての人へ。
リノア武蔵野をお届けします。



子どもも大人も地域の人も、みんなが集まることを目指したシェアスペース“manabino”


エントランスと一体となった野原の大屋根の下には、地域と緩やかにつながることを目指し、子どもも大人も学ぶための基地“manabino”を増築しました。組み合わせられる大きな机や、年齢ごとに分類された学びの本棚がある、子どもの宿題や大人の勉強にも最適な空間です。入居者の方はもちろん、地域の方もワークショップやサークル活動にご活用頂ける、まちに開いたシェアスペースです。
マンションを学びの場にするだけでなく、スキルや物をシェアできる場にして地域を盛り上げることを目指していきます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-283382-2.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-301158-5.png ]


◆活動パートナー
ずっと続く学びの場所にするために、運営パートナーを招きました。

・株式会社シュウヘンカ

デザインを活かして、暮らしの周辺を、より良く変化させる会社です。商品開発、展示やイベントの企画・構成、拠点の企画・運営を多数手がけています。

・株式会社ウィズダムアカデミー

子どもたちの“自発する力”を養う民間学童保育です。お預かりサービスやお迎えお送り付添いサービス、英語カリキュラム等の各種習い事サービスを提供しています。


◆提供コンテンツ(予定)
[画像6: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-581008-7.jpg ]

年間を通して大人も子どもも楽しめるイベントを開催していきます。4月には、武蔵野プレイス内のカフェ店主が武蔵野プレイスからリノア武蔵野まで案内する武蔵野まち歩きや、ドローンのスペシャリストを講師に招いたミニドローン操縦体験会などを開催する予定です。



リノア武蔵野 設計・デザインパートナー

統括設計・304号室設計
青木嘉宏氏(株式会社ベイス)

[画像7: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-234056-12.png ]

NB建築計画事務所、トイズアーキテクチャデザイン、タクトプラン建築事務所東京を経て、2015年ベイスを設立。個人住宅・共同住宅の設計、ストック再生プロジェクトに多数携わる。


共用部デザイン監修・202号室設計
納谷学氏 納谷新氏 島田明生子氏(納谷建築設計事務所)

[画像8: https://prtimes.jp/i/8644/111/resize/d8644-111-776244-8.png ]

戸建や集合住宅を主に、近年では世田谷の「昭和女子大付属昭和こども園」や「尼崎パーキングエリア」なども手掛ける。


武蔵野エリアの特徴

武蔵野市は都市生活の利便性と自然を楽しみながらの穏やかな暮らしを併せて享受することができる人気のエリアです。東京都の財政力指数1位となっており、豊かな財政基盤を背景に、行政のサポートも手厚く全ての世代から非常に高い支持を集めています。(出典:総務省「2016年度地方公共団体の主要財政指数一覧」)


アクセス

本物件は、三鷹駅徒歩16分、北口の商店街を歩いた先の武蔵野市の住宅集積地に位置します。
武蔵野中央公園などの良好な自然環境や、武蔵野プレイスなどの充実した子育て環境に恵まれています。



物件概要


所在地: 東京都武蔵野市関前2-2-7
用途地域・地区: 準工業地域・23m第2種高度地区
交通: JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「三鷹駅」徒歩16分
総戸数: 18戸
敷地面積: 826.45平方メートル (登記記録面積)
建築面積: 490.95平方メートル (平成30年6月増築時建築確認面積)
延べ床面積: 1,669.90平方メートル (平成30年6月増築時建築確認面積)
構造・規模: 鉄筋コンクリート造 一部 WRC造(一部S造)地上5階建
管理会社: 株式会社大京アステージ
売主・事業主: 株式会社リビタ
販売代理会社: 株式会社リノベスト、丸紅都市開発株式会社
既存建物竣工年: 平成元年7月
改修竣工予定: 平成31年3月末日
入居予定: 平成31年6月末日
駐輪場: 36台/月額使用料・380円 (他ミニサイクルスペース有)
インターネット利用料: 1587円(月額)
まなびの費用: 500円(月額)



販売概要(第一期)


販売戸数: 8戸
販売価格: 5,488万円〜6,398万円
間取り: 2LDK+S〜3LDK
住居専有面積: 83.09平方メートル
バルコニー面積: 9.45平方メートル
専用庭面積: 30.44平方メートル 〜64.07平方メートル (月額利用料1400円〜2900円)
管理費: 24,100円(月額)
修繕積立金: 10,000円(月額)
管理準備金: 20,000円(引き渡し時一括)
修繕積立基金: 1,000,000円(引き渡し時一括)



一棟まるごとリノベーションマンションとは


[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=l7Z0zYwdPzs ]


当社の一棟まるごとリノベーションマンションは、優良な既存建物(ストック)を第三者機関による建物調査・診断の上、建物全体をリノベーションした分譲マンションです。中古の不安やデメリットを払しょくする取組みに加え、住む人からも地域からも愛される共用部デザイン、思い描く理想の暮らしを実現できる専有部の自由設計、永く大切に住み継いで頂くための「築後100年の長期修繕計画」を策定しコミュニティ形成を図ることで資産価値を維持、真に豊かな暮らしを提供していくことを目指す事業です。



株式会社リビタについて


[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=18qYH2TFK4o ]


「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。

現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は48棟1,500戸、また運営するシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に19棟1,229室(2018年9月末時点)。リノベーション分譲事業では、100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO京都」を開業。

名称:株式会社リビタ
設立:2005年(2012年より京王グループ)
代表取締役社長:川島 純一
住所:東京都目黒区三田1-12-23 MT2ビル
URL:www.rebita.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る