プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社BS-TBS

BS-TBS『Sound Inn “S”』

(PR TIMES) 2017年05月19日(金)11時50分配信 PR TIMES

2017年5月20日(土)23時00分から放送〜ゲストは、chay


[画像: https://prtimes.jp/i/5544/111/resize/d5544-111-729917-0.jpg ]

最高のアーティストと最高のサウンドメーカー(アレンジャー)、さらに最高のミュージシャンが、この番組のためだけに、一堂に会し、「一夜限りで、時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」をお届けしている、『Sound Inn “S”』。
今月のゲストは、今年、デビュー5年を迎えるシンガーソングライターのchay。
ファッションモデルとしても人気のある彼女の、音楽への思いを込めた回となる。
今までのイメージとは違う、アーティストとしての一面で魅せる!
1曲目は、最新曲、「恋のはじまりはいつも突然に」を、この原曲のアレンジも担当した、島田昌典が、この番組のために、特別なアレンジに仕立て上げる。
元々のアレンジもとても気に入っていたというchayに、島田は、chayの地声と裏声を混ぜた発声のミックスボイスがきれいと評価。
最新曲は、どのように生まれ変わるのか?
2曲目は、シンディ・ローパーの、「True Colors」。chay自身が、自分の原点ともいえる曲という曲をセレクト。
アレンジは、徳永英明「VOCALIST」シリーズの全曲をアレンジをしたことでも知られる音楽プロデューサーの坂本昌之。
この曲を、みんなで弾き語りができればという思いでアレンジしたという坂本は、もちろん、chayにも得意のギターを弾いてもらうアレンジで仕立て上げた。
幼いながら、「なんて楽しそうに歌う人なんだろう…こういう風に音楽を聴く人を楽しませたい…!」と感じさせてくれたアーティストがシンディ・ローパーであったのだといchay。
彼女が歌う、「True Colors」はどんな彩になるのかをお楽しみに!
3曲目は、chay自身が作詞作曲の、「nineteen」。
アレンジは、chayとも親交が深い本間昭光。
19歳の時に書いた曲が、また新たに生まれ変わってのアレンジにもご期待。
本間は、ギターの練習も積んで、更なる進化を遂げたchayにアコースティックでなくエレキを弾いている姿を見てみたいとのアレンジにしたのだが、今まで見たことのないchayは、どのような雰囲気になるのか…!
今宵も、一夜限りの貴重なサウンドをぜひお楽しみに!

※ 『Sound Inn “S”』 とは
1974年4月〜1981年3月に、TBS系列にて放送されていた音楽番組。
当時もセイコーによる一社提供番組で、今回も、 現セイコーホールディングスによる、一社提供番組として、
BS-TBSにて復活を遂げ、毎月第3土曜日に好評放送中。

<番組HP>
http://www.bs-tbs.co.jp/music_stage/sis/

<番組公式Twitter>
https://twitter.com/soundinns

<今月のゲスト、chayさんからのコメント>
今回、私のルーツミュージックでもある、「Ture Colors」、ギターを始めた19歳の頃に書いた、
「nineteen」、そして最新シングルの、「恋のはじまりはいつも突然に」を歌わせていただきました。
どの楽曲も想い出が詰まっているので、感慨深いものがありました。
そして何より、坂本昌之さん、本間昭光さん、島田昌典さんの素晴らしいアレンジによって、一曲一曲新たに輝かせて頂けたことに感謝の気持ちでいっぱいです。原曲と違うコード進行や、違うアレンジによって曲が生まれ変わる瞬間に立ち会えたことを幸せに思います。
曲作りをしていく身として視野が広がり、沢山の事を学ばせていただきました。
貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

<プロデューサー服部英司からのコメント>
chayは歌手活動だけでなく、そのキュートなルックスでモデルとしても活躍し、10〜20代の女性たちから支持を得ているシンガーソングライター。
今年でデビュー5周年を迎えた、彼女の原点から現在までの軌跡を、今宵限りのサウンドで綴ります。
音楽活動を始めた19歳の頃の思いが込められた、「nineteen」は、“26歳になったchayにフィットさせたアレンジで表現したらどうなるのか?“という思いで本間昭光がプロデュース。
J-Popではあまり使われないコード進行で、現代的なロックサウンドに仕上げられています。
そして幼少期に衝撃を受け、音楽を志すキッカケとなったアーティスト、シンディー・ローパーの代表曲「True Colors」をお届けします。
前回も登場した鍵盤楽器チェレスタを用い、坂本昌之が、「弾き語り」をテーマにアレンジ。
チェレスタ、ストリングス、ピアノ、本人のギター、それぞれが、「弾き語る」ように奏でられ、幻想的な音色がchayの歌声を包み込みます。
最新シングル、「恋のはじまりはいつも突然に」は、オリジナルのアレンジも手掛けた島田昌典がリアレンジ。
ブラスセクションとコーラスを加え、華やかなグルーヴィーサウンドに仕上げています。

“とにかく音楽に触れている時間が好き”と語る、chayのチャーミングなキャラクターが存分に詰まった、今月の『Sound Inn “S”』 を、是非、お楽しみください。

※曲順は放送順と異なる場合があります。

<出演>
Artist  chay
Arrange & Piano & Rhodes 島田昌典
Arrange & Rhodes 本間昭光
Arrange & Piano 坂本昌之
Organ Tomi Yo
Celesta 紺野紗衣
Drums 佐野康夫
E.Bass 松原秀樹
E.Guitar 古川望
A.Guitar 山口周平
L.Percussion 藤井珠緒
Trumpet 中野勇介
Trombone 鹿討奏
Tenneor Sax 庵原良司
Baritone Sax 大郷良知
Chorus 藤田真由美
     高橋あず美
Violin/Top(Strings) 室屋光一郎
Violin ビルマン聡平
柳原有弥
相川真理子
楢村海香
Viola 島岡智子
Cello 堀沢昌己
Manipulator 足立賢明

<ナレーション>
恒松祐里



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る