• トップ
  • リリース
  • 「ビジネス書大賞2017」読書投票受付中!あなたの「ビジネス書大賞2017」を教えてください!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

「ビジネス書大賞2017」読書投票受付中!あなたの「ビジネス書大賞2017」を教えてください!

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)11時35分配信 PR TIMES

ビジネス書大賞とは?
「ビジネス書大賞」は全国の経営者、書店員、一般読者、メディア関係者が「ビジネスパーソンがいま読むべき1冊」を選出する、日本初のビジネス書アワードです。
「ビジネス書のプレゼンスをさらに大きなものとすることで、出版業界の活性化に貢献するとともに、日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展に貢献すること」を目的に、2009年10月に創設。おかげさまで本年8回目を開催することになりました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18193/110/resize/d18193-110-385086-0.jpg ]

ただいま、ノミネート作品選定の読者投票を開催しています。
公式サイトにアクセスして候補作100作品の中から、あなたの「ビジネス書大賞2017」を教えてください!
http://biztai.jp/vote.html

■対象作品:2016年1月から12月までに刊行したビジネス書
(「日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展」に寄与するものであれば、展開場所、判型問わずビジネス書に含める)

■ スケジュール
〜3月16日 書店員・読者の皆様による投票
3月17日 ノミネート作(10作予定)決定(ホームページ等にて発表)
4月18日 最終選考・各賞決定
5月下旬〜6月上旬 ホームページ等にて大賞発表・書店店頭でのフェア開催開始
(7月上旬に六本木アカデミーヒルズにて受賞記念イベントを予定)

<選考の流れと投票依頼概要>
■選考を通じた選定基準
「日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展」に寄与するもの

■候補作品の選定
候補作品100点を下記の基準によりビジネス書大賞実行委員会にて選定しました。

1. 下記ランキングを基に、2016年に出版されたビジネス書の売上上位作品から上記本賞の目的に合致したものを抽出

紀伊國屋書店Publine(ビジネス・新書ジャンル上位600点)
丸善日本橋店ベストセラー(経営書・経済書上位各100点)
日販2016年間ベストセラー(単行本ビジネスジャンル上位10点)
Amazon.co.jp ランキング大賞2016(ビジネス・経済ジャンル上位20点)


2. 2016年12月出版書籍については上記書籍と同等の売上初速のあるものを抽出
3. ビジネス書を対象とした各賞の候補作より、本賞の目的に合致したものを抽出

■投票によるノミネート作品の選定
書店員、読者、書評家・メディア関係者の投票により、得票数順に本年のノミネート作を決定します(10作予定)。

■投票方法
候補作100点のリスト[aa1] から、最も「日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展」に寄与する本と思われる作品1点を選び、ご投票ください(3月16日締切)。投票ページは1.http://biztai.jp/と入力、2.「ビジネス書大賞」で検索のいずれかの方法でご覧頂けます。

■最終選考・大賞その他各賞の決定
最終選考委員による審査によって、大賞その他各賞が決定されます。

<最終選考委員の構成(予定)>
・ビジネスパーソンの方:8名(産業界経営者5名・若手起業家3名)
・ビジネス系メディアの方:8名
・書店員・取次の方:4名
・実行委員会より:4名

<最終選考の流れ>
1. 事前投票により各委員が上位3作品を選定、投票
2. 投票結果を踏まえ、4月18日の最終選考会にて審議
3. 審議を経て、審査会出席者による再投票を実施(審査会欠席者については事前投票の票をそのまま採用)
4. 投票数1位を大賞に決定、その他上位作品を場合に応じて各賞に決定

■発表方法:記者発表および特設WEBサイトにて発表。同時に各取次様にご協力いただき、全国書店様に「ビジネス書大賞フェア」開催をご提案します(5月下旬を予定)。


■参考情報1.(これまでの受賞作品)

[画像2: https://prtimes.jp/i/18193/110/resize/d18193-110-472681-1.jpg ]


<2016年(第7回)>
【大賞】『HARD THINGS』(ベン・ホロウィッツ、日経BP社)
【準大賞】『「学力」の経済学』(中室牧子、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
【審査員特別賞】『人工知能は人間を超えるか』(松尾豊、KADOKAWA/中経出版)

----------------------------------------------------------------------------
<2015年(第6回)>
【大賞】『ゼロ・トゥ・ワン』(ピーター・ティール他、NHK出版)
【準大賞】『How Google Works』(エリック・シュミット他 日本経済新聞出版社)
【書店賞】『エッセンシャル思考』(グレック・マキューン、かんき出版)
【審査員特別賞】山形浩生氏『21世紀の資本』など

----------------------------------------------------------------------------
<2014年(第5回)>(以下大賞のみ記載)
【大賞(経済書部門)】『統計学が最強の学問である』(西内啓、ダイヤモンド社)
【大賞(経営書部門)】『経営戦略全史』(三谷宏治、ディスカヴァー・トゥエンティワン)

---------------------------------------------------------------------------
<2013年(第4回)>
【大賞】『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン、プレシデント社)
<2012年(第3回)>
【大賞】『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史、講談社)
『スティーブ・ジョブズI・II』(ウォルター・アイザックソン、講談社)

----------------------------------------------------------------------------
<2011年(第2回)>
【大賞】『ストーリーとしての競争戦略』(楠木建、東洋経済新報社)
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』
(岩崎夏海、ダイヤモンド社)

---------------------------------------------------------------------------
<2010年(第1回)>
【大賞・出版社賞】『ブラック・スワン』
(ナシーム・ニコラス・タレブ、ダイヤモンド社)

----------------------------------------------------------------------------

■参考情報2.(昨年の最終選考委員・50音順)
<経済界の方>
雑賀大介氏:三井物産株式会社 代表取締役副社長執行役員
田中一行氏:日立化成株式会社 取締役会長
永濱光弘氏:みずほ証券株式会社常任顧問
水野明久氏:中部電力株式会社 代表取締役会長

<実行委員会NewsPicksプロピッカーの方>
朝倉祐介氏:スタンフォード大学 客員研究員(株式会社ミクシィ 前CEO)
迫俊亮氏:ミニット・アジア・パシフィック株式会社 代表取締役社長

<ビジネス系メディアの方>
井上威朗氏:株式会社講談社 COURRiERJAPON編集長
竹田孝洋氏:株式会社ダイヤモンド社 週刊ダイヤモンド副編集長
柳瀬博一氏:日経ビジネス チーフ企画プロデューサー
山田俊浩氏:株式会社東洋経済新報社 東洋経済オンライン編集長

<協力会社の方>
大橋功幸氏:日本出版販売株式会社 マーケティング本部仕入部
篠田晃典氏:株式会社丸善ジュンク堂書店 丸善日本橋店店長

<実行委員会より>
上田渉氏:株式会社オトバンク 代表取締役会長
小林麻実氏:アカデミーヒルズ 六本木ライブラリーアドバイザー
干場弓子氏:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長

(所属・肩書きは2016年4月当時のものです)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る