プレスリリース

  • 記事画像1

三菱電機株式会社

【三菱電機】JECA FAIR 2017 (第65回電設工業展)に出展

(PR TIMES) 2017年05月12日(金)10時20分配信 PR TIMES

三菱電機は、2017年5月17日(水)〜19日(金)JECA FAIR 2017(第65回電設工業展)に出展し、「Your Solution Partner 三菱電機 〜IoTがもたらす電設イノベーション〜」をテーマに、e-F@ctoryのコンセプトに基づく、多彩な配電制御・省エネソリューションと幅広い製品ラインアップをご提案します。
[画像: https://prtimes.jp/i/8423/110/resize/d8423-110-857155-0.jpg ]

▼ソリューションご紹介
1.IoT/e-F@ctoryソリューション
近年のIT技術発展に伴い、IoT(Internet of Things)を活用した新たな付加価値創造が注目を集めています。たとえば、生産性のさらなる向上やコスト削減などです。
弊社はこのようなニーズにお応えするため、2003年より工場向けで提唱しているe-F@ctoryとIoTを融合させた「予防保全ソリューション」により、設備監視/自動制御の実現に貢献します。
さらには、ビル向けの新たな試みとして、電気・ガス・水道・熱量等をまとめて管理する「統合検針ソリューション」をご提案します。

2.DC制御/給電ソリューション
データセンター、ビル、工場、駅の更なる省エネに貢献するスマート中低圧直流配電システム『D-SMiree(R)(ディースマイリー)』を展開し、配電システムに求められる高い「信頼性」「環境性」「経済性」を実現します。

3.省配線/省施工ソリューション
電設機器の配線を少なくする省配線化と、結線の工程を少なくする省施工化を、様々な側面からサポートし実現いたします。今回の展示では、省エネデータ収集サーバと無線ユニットを活用した配線工事レスの省エネ技術システムと、ワンタッチ取付けが可能なプラグイン遮断器をご提案します。

4.安全/防災ソリューション
停電対策を実施した監視カメラシステムに加え、高圧受電設備を安全かつ安定的に稼動させるための電源機器・高圧機器をキュービクル式配電盤に実装し展示します。

5.HEMS/MEMSソリューション
HEMSやMEMSといったエネルギーマネジメントシステムの実現に向け、エネルギー使用量の「見える化」や
機器の「自動制御」のためのソリューションをご提案します。

▼注目の出展製品
1.電子式電力量計M2PMシリーズ【新製品】
30A、60A、120A、5Aと豊富な定格をラインアップ。誘導形電力量計と入力配線・取付ピッチの互換が可能なため、既設の誘導形電力量計から置換えできます。表示部には誤結線判別機能を搭載、またモバイル検針(モバイル用検針モジュール後付)も可能です。

2.励突抑制開閉器エネセーバ【新製品】
変圧器投入時の励磁突入電流を抑制し、瞬時電圧低下の対策機器として、配電系統の電力安定供給の実現に貢献します。変圧器を運転停止することで、消費電力を低減して、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減し地球温暖化防止にも貢献します。

3.MDU ブレーカ(計測表示ユニット付遮断器【近日発売】
大形機種(400Aフレーム、630Aフレーム、800Aフレーム)にも遮断器本体に表示部を内蔵した本体内蔵表示形のMDUブレーカを新たにラインアップします。

4.エネルギー計測ユニットEcoMonitorPlus
「電力監視」だけでなく、「見える化システムの構築」「生産設備の予防保全、安定稼働」「生産性の向上」等、活用方法次第で「プラスαの価値」を生み出すことのできるエネルギー計測ユニットです。

この他にも注目の製品を多数出展いたします!

▼関連リンク
展示会出展内容についてさらに詳しく(JECA FAIRスペシャルコンテンツTOPへリンク)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/exhibition/2017/jeca2017/index.html?ref=press170502

ソリューションや製品に関する詳しい内容、ブースへのアクセスマップなど、JECA FAIRに関する情報が満載です。スマートフォンやタブレットにも対応しており、展示会当日の移動中や会場での休憩中など、様々なシーンで展示内容をご確認いただけます。

■参考
三菱電機FAサイト TOP
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/?ref=press170502

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る