プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社BS-TBS

BS-TBS『Sound Inn “S”』

(PR TIMES) 2017年04月14日(金)14時25分配信 PR TIMES

2017年4月15日(土)23時00分から放送〜ゲストは、石崎ひゅーい


[画像: https://prtimes.jp/i/5544/110/resize/d5544-110-497297-0.jpg ]

最高のアーティストと最高のサウンドメーカー(アレンジャー)、さらに最高のミュージシャンが、この番組のためだけに、一堂に会し、「一夜限りで、時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」をお届けしている、『Sound Inn “S”』。

今月のゲストは、ドラマ・アニメ・映画など、その楽曲が数多く使用されて、つい最近では、蒼井優主演の映画でスクリーンデビューも果たすなど活躍が目覚ましい、石崎ひゅーい。
一度聴いたら忘れない、珍しい名前のアーティスト、石崎ひゅーいの魅力を存分に紹介する。
1曲目は、中島みゆきの、「糸」を、石川さゆり、宇多田ヒカル、椎名林檎など、独自の音楽性で、数々のアーティストからの信頼が厚い、斎藤ネコと紡いでいく。
石崎ひゅーいが、数多くのアーティストもカバーをしている、「糸」を選んだのには、ある理由があった。
自らも、誰もがカバーするような、そして、中島みゆきのような、普遍的な音楽を作ってみたい…作っていきたい…ということを目指していつもが曲つくりをしているので、あえて、その普遍的な楽曲の代表として、自分が、「糸」をどう紡いでいけるのかに挑戦してみたい…ということでの選曲であった。
そして、なおかつ、今回歌う楽曲に、「痛み」というひとつのテーマを設けてみたという。
石崎が、「糸」という楽曲に感じた、「痛み」をどのように表現するのか…?
あまりも、数多くのアレンジが存在する、「糸」に、斎藤は、この曲の新たな魅力が出せたらと、ジャジーな雰囲気に仕立て、石崎ひゅーいの独特な声を生かすアレンジを施す。
しっとりと、聞き入ってしまう、新たな、「糸」は、オープニングから、石崎ワールドに引き込まれることが必至!

2曲目は、自身の楽曲で、1曲目とは、まったく変わって、アップテンポな曲の、「トラガリ」。
今回の、テーマ、「痛み」は、学生時代に感じた、「痛み」を表現した楽曲だからだという。
その、「痛み」とは、学生時代に、鬱屈した恋愛観を感じていて、お金もなく、自分で髪の毛を切り、虎刈りになった時の思い出を楽曲にしたという。
アレンジは、既に、この番組では、おなじみの島田昌典。
この楽曲に惚れ込んだという島田は、自前のヴィンテージリズムボックスを持ち込んで、スタジオを、レコーディングスタジオさながらに、音を作りあげるという。
音合わせ1回目のリハーサルで、テンションもMAXで、「楽しい!…すぐにでも本番収録に行ける!」、とまで言わしめた、「トラガリ」はどのような仕上がりになるのか!

3曲目は、亡き母への思いを綴ったという自身の楽曲、「天国電話」。
アレンジは、石崎ひゅーいのデビューから、ほぼすべての楽曲を編曲してきた盟友、Tomi Yo。
ふたりは、仕事関係だけでなく、兄弟のような関係で、服や靴まで買ってもらっていたというような関係だという。
実は、今回の、「天国電話」に限らず、彼の楽曲には、母のことを思って書いた楽曲が数多くある。
ひゅーいという名前も、母が付けてくれたという、母は、早くに亡くなっていて、人生で悩んだときには、もし、自分が母だったら、どのような決断をするんだろう…と考え、今でも、母に語りかけるときに、天国に電話をかけるような気持ちで書いた曲だという。
「トラガリ」とは、まったく違った、しっとりした雰囲気のバラードは、思わず自然に涙がこぼれるような、石崎ひゅーいの魅力が存分に詰まった一曲である。
今宵も、一夜限りの貴重なサウンドをぜひお楽しみに!

※ 『Sound Inn “S”』 とは
1974年4月〜1981年3月に、TBS系列にて放送されていた音楽番組。
当時もセイコーによる一社提供番組で、今回も、 現セイコーホールディングスによる、一社提供番組として、
BS-TBSにて復活を遂げ、毎月第3土曜日に好評放送中。

<番組HP>
http://www.bs-tbs.co.jp/music_stage/sis/

<番組公式Twitter>
https://twitter.com/soundinns

<今月のゲスト、石崎ひゅーいさんからのコメント>
とても幸せな時間でした。アレンジ一つで歌が生まれ変わっていく感触がしました。
ほぼ360度楽器に囲まれたステージも素敵で、島田さん、Tomiさん、斎藤さん、ミュージシャンの方々と音楽で会話をしているような感覚が楽しくてアッという間に収録が終わっていました。
僕の中でまた新しい表現が生まれそうな気がします。
貴重な体験をありがとうございます。

<プロデューサー服部英司からのコメント>
石崎ひゅーい。
幅広い表現力とアーティスティックな佇まいが絶妙に混在する、注目のシンガーソングライター。
彼の音楽の原点は“母親“。デヴィッド・ボウイを愛した母親の存在は息子が音楽を志す上で大きな動機となったと伺いました。
そんな、母に向けて石崎ひゅーいは多くの楽曲を製作していますが、今回は、昨年リリースしたアルバムに収録されているバラード、「天国電話」をお届けします。
番組のセッションでは、デビュー以来、アレンジを担当する盟友Tomi Yoによって美しく表現されました。
演奏に用いた楽器チェレスタは、19世紀に生まれた鍵盤楽器。幻想的な音色は、映画やドラマのサウンドトラックで頻繁に使用されています。
因みに、チェレスタはイタリア語で、「天国のような」という意味で、曲タイトルにぴったりのサウンドが奏でられます。
さらに、同じく昨年リリースの、「トラガリ」を、初対面となる島田昌典が、ブラスセクションをフィーチャーし、ブラスファンクにリメイク。
石崎の真骨頂である、全身全霊のLIVEパフォーマンスをご覧いただけます。
優しい語り口からは想像し難いほどの、情熱的なパフォーマンスは、視聴者の心をしっかりと捉えるに違いありません。
そして、中島みゆきの、「糸」をカバー。
多くのアーティストがカバーするこの名曲を、椎名林檎などとの作品で知られる名匠・斎藤ネコが、ストリングスの美しい音色で、ジャズテイストに仕上げました。
歌に感情をしっかりと乗せる事の出来る石崎ならではの歌唱は必聴です。
豊かな才能に恵まれたアーティスト、石崎ひゅーいを、 『Sound Inn “S”』で存分にお楽しみください!

<出演>
Artist  石崎ひゅーい
Arrange & Organ 島田昌典
Arrange & Conductor 斎藤ネコ
Arrange & Keyboards Tomi Yo
Celesta 紺野紗衣
Drums 佐野康夫
E.Bass 松原秀樹
W.Bass 角田隆太
E.Guitar 古川望
     山口周平
L.Percussion 藤井珠緒
Trumpet 中野勇介
Trombone 鹿村奏
T.Sax 庵原良司
B.Sax 大郷良知
Chorus 藤田まゆみ
     高橋あず美
Violin/Top(Strings) 室屋光一郎
Violin ビルマン聡平
    柳原有弥
相川真理子
川口静華
楢村海香
Viola 島岡智子
生野正樹
Cello 堀沢昌己
奥泉貴圭
Harp 朝川朋之
Vibraphone 清水一登
Manipulator 足立賢明

<ナレーション>
恒松祐里



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る