プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

LIXIL、エクサが提供する製造ソリューションの採用決定!

(PR TIMES) 2015年06月18日(木)13時11分配信 PR TIMES

〜需要変動に柔軟に対応するSCMを「ものづくりデータベース」と組み合わせ高速で実現〜


                                           2015年6月18日<br />                                            株式会社エクサ<br />
株式会社LIXIL様(以下LIXIL社)は、株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市幸区、代表取締役社長執行役員:塚本明人、以下エクサ)の提供するSCM(サプライチェーンマネジメント)ソリューションと「ものづくりマスターデータベース」を製造ソリューションとして採用することを決定しました。

LIXIL社は、「住生活産業におけるグローバルリーダーを目指す」中期経営ビジョン実現に向けSCMプロセス改革とそのためのシステム刷新に取り組んでいます。多様な製品バリエーションに対応して統合的な生産計画を高速で実現するエクサの提案を高く評価頂きました。

[画像: http://prtimes.jp/i/1318/109/resize/d1318-109-564859-1.jpg ]



LIXIL社に代表される住設・建材メーカでは、需要変動への迅速な対応・短納期化が大きなテーマです。
エクサのSCMソリューションでは、高速MRP(「Kinaxis RapidResponse」(開発元:カナダKinaxis Corp.))を活用し、複数拠点での生産計画を統合し、かつ高速で立案します。またこの仕組みに必要なMBOM(manufacturing BOM/製造部品表)を、エクサ独自の「ものづくりマスターデータベース」を使って一元的に作成、リアルタイムで提供します。

LIXIL社は、SCM改革のシステム刷新により、納期回答・納入リードタイムの短縮、さらなる顧客サービスの向上を図ります。

※Kinaxis、Kinaxisのロゴ、およびRapidResponseはKinaxis Corp.の商標です。
エクサはKinaxis Japan株式会社の代理店としてRapidResponseを提供しております。

■株式会社LIXIL様の概要
設立年月日:2001年10月
資本金:34,600百万円
LIXILグループ最大の事業会社で、国内外に販売や生産、メンテナンス、サービスなどを担う子会社を数多く有する。住宅の窓や内装建材から、キッチンやトイレなどの水まわり設備、商業施設、公共施設・空間まで、住まいや暮らし、街並みに関するさまざまなニーズにこたえ、住関連業界のトップランナーとして、世界中の人びとに豊かで快適な住生活を届けている。
ホームページ: http://www.lixil.co.jp/

■株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:1,250百万円
エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を親会社に持つIT企業。情報システムのコンサルティングから、企画・設計・開発・構築・運用・保守、アウトソーシング及びクラウドまでの各種サービスを統合的に提供している。
ホームページ:http://www.exa-corp.co.jp/

■エクサのソリューション・サービス情報及びニュースリリース<br /> ・グローバルSCMソリューション(需給計画・S&OP・高速MRP)Kinaxis RapidResponse
ホームページ:http://www.exa-corp.co.jp/solutions/manufacturing/kinaxisrr.html
・ものづくり競争力ソリューション(統合BOM管理) SPBOM
ホームページ:http://www.exa-corp.co.jp/solutions/manufacturing/spbom.html
・ニュースリリース<br /> ホームページ:http://www.exa-corp.co.jp/news/000891.html



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る