• トップ
  • リリース
  • 2月6日 は、『国際女性性器切除(FGM/C)根絶の日』 女の子の権利を守る、国際NGOプラン・インターナショナルが啓発活動を強化

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

2月6日 は、『国際女性性器切除(FGM/C)根絶の日』 女の子の権利を守る、国際NGOプラン・インターナショナルが啓発活動を強化

(PR TIMES) 2019年02月06日(水)17時40分配信 PR TIMES

有害な慣習に立ち向かう「アンカットガールズ」など、女の子や若い女性たちを応援


2月6日は、国連が制定した『国際女性性器切除(FGM/C)根絶の日』です。

国際NGOプラン・インターショナルは、社会的慣習として、現在も広く行なわれている女性性器切除(Female Genital Mutilation/Cutting、以下:FGM/C)に対し、エチオピア、ケニア、マリ、シエラレオネなど複数の国々で、地域の人々巻き込み、撲滅に向けた啓発活動を続けています。

FGM/C慣習の背景には、ジェンダー不平等があります。男性の妻となる資格を得るために、FGM/Cを受けるべきという社会規範には、女性は男性に従属するべきだという考えや女性の人生は男性が決めるものだという男性優位の思想があります。女の子や女性のエンパワーメントを促進すると同時に、男性も含めたコミュニティの人々を巻き込み、人々の行動や考え方に変化を起こすことが必要なのです。

世界で2億人の女の子と女性がFCM/Cを経験
世界30カ国で2億人の女性がFGM/Cを受けていると言われています。そのうち、4400万人は15歳未満の女の子で、ガンビア、モーリタニア、インドネシア、ギニアではこの年齢の約半数の女の子がFGM/Cを受けています。また、ソマリア、ギニア、ジブチ、シエラレオネでは15〜49歳の女性の9割以上がFGM/Cの経験者であると言われています。
※出典:Female Genital Mutilation/Cutting: A Global Concern, UNICEF, New York, 2016

FGM/Cを受けた女の子や女性は、出血が続き、感染症や不妊、死のリスクにさらされます。さらに、長期的には生理不順、性行為の際の激痛、うつやPTSDといった精神的疾患など、生涯にわたり苦しむことになります。女の子と女性の人権侵害であるとともに、健康面及び精神面で長期的な影響を及ぼす有害な慣習です。


[画像1: https://prtimes.jp/i/12939/108/resize/d12939-108-504480-0.png ]

SDGs 目標5 「ジェンダー平等」の達成に向けて
国連において、2015年9月に採択された持続可能な開発目標(SDGs)では、FGM/Cとジェンダーによる不平等と開発には、密接な関係があることが認識され、FGM/Cがより公平で公正な、繁栄した世界に向けた進歩の妨げになるとし、2030年までに、この有害な慣習を完全に根絶するという目標が設定されています。

プラン・インターナショナルのFGM/C根絶に向けた取り組み
プラン・インターナショナルは、今もFGM/Cが地域の伝統として根づいている、マリ、ギニア、シエラレオネ、エジプト、ケニアなどの活動国において、国際社会の価値観を一方的に押し付けるのではなく、実際に施術を行なっている人々や男性を含む地域の人々と地道に信頼関係を築きながら、行動変容や社会の仕組みを変えるための啓発活動に取り組んでいます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12939/108/resize/d12939-108-506961-2.png ]

現在、エチオピアで実施中の「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクトでは、村の代表者や若者、地域住民や行政官など、コミュニティの人々を巻き込み、FGM/Cの弊害や子どもの保護についてトレーニングを実施し、理解を深めています。

なかでも、女の子たち自身がFGM/Cの撤廃を働きかけるために、「アンカットガールズ(施術を受けない女の子)」という女の子クラブを結成しています。このクラブは、同年代の仲間に正しい知識を伝えるとともに、家族や住民に、FGM/Cに対する考え方を変えるよう働きかけ、女の子の権利の実現を訴えています。

現在50人以上の女の子たちで運営されているこのクラブの活動を通じ、コミュニティの人々の考えや行動に変化が見られ始めています。また、自らが有する権利について学ぼうとクラブに参加する女の子の数は増えつつあります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12939/108/resize/d12939-108-677705-1.png ]

プラン・インターナショナルの活動を通して、活動地には変化の兆しが見え始めています。しかし、依然として年間300万人の女の子や女性がFGM/Cの施術を受ける危険にあると言われています。※出典:Female Genital Mutilation, WHO
プラン・インターナショナルは、FGM/C根絶を目指し、引き続き弊害の啓発、女の子のエンパワーメントとともに、ジェンダー不平等の是正に取り組んでいきます。

現在、女の子が直面する問題に焦点を当てて解決するガールズ・プロジェクトの中で実施している、エチオピアの「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクトの寄付を募集中です。
https://www.plan-international.jp/join/girls/10501.html


[表: https://prtimes.jp/data/corp/12939/table/108_1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る