• トップ
  • リリース
  • 【緊急アピール:南スーダン一部で飢饉宣言】緊急食糧支援にご協力をお願いします

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン

【緊急アピール:南スーダン一部で飢饉宣言】緊急食糧支援にご協力をお願いします

(PR TIMES) 2017年02月24日(金)17時38分配信 PR TIMES

世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務執行役員・事務局長:片山信彦、以下WVJ)は、2017年2月20日に南スーダンの一部で飢饉が宣言されたことを受け、飢餓に直面している何万人もの人々に、一刻も早く人道支援の規模を拡大する必要がある、と警告します。
【100万人が飢饉寸前の状態に】

[画像1: https://prtimes.jp/i/5096/108/resize/d5096-108-280680-0.jpg ]

2017年2月20日、南スーダン北部ユニティ州の一部地域で飢饉が発生したことが宣言されました。世界食糧計画(WFP)などの国連機関は、10万人が飢餓に直面しており、さらに100万人が飢饉寸前の状態にあると報告しています。このまま飢餓の状況が続くと、7月までに、550万人が深刻な食糧不足に陥ると見られています。


【一刻を争う人道支援の拡大】

[画像2: https://prtimes.jp/i/5096/108/resize/d5096-108-213613-1.jpg ]

飢饉は、食糧安全保障が危機的な状態にあり、すでに相当数の人々が飢餓のために命を落としていることが慎重な分析によって明らかになった場合に宣言されます。ワールド・ビジョン・南スーダンの事務局長、ペリー・マンスフィールドは次のように話します。
「食べる物がなく、すでに空腹だった子どもたちは、今、更なるスピードで一層深刻な危機に陥っています」。
「あと数週間で雨季を迎えると、道路は通行不能になり、何百万人もの人が支援から取り残されてしまいます。手遅れになる前に、食糧を届け、備える機会は、小さく、閉ざされつつあります」。

【ワールド・ビジョン・ジャパンの南スーダンでの活動】
ワールド・ビジョン・ジャパンは、独立前の紛争中から長期にわたって南スーダンの人々のニーズに寄り添い、栄養・食糧支援、水衛生、教育支援、農具や魚網などの配布による生計向上などの活動を幅広く行ってきました。2016年度には、国連世界食糧計画(WFP)との連携により60万人以上の人々に支援を届けました。飢饉の宣言を受け、さらなる支援活動を継続していきます。

【南スーダン緊急食糧援助募金にご協力をお願いします】
WEB:https://www.worldvision.jp/form/donation/entry_input?did=367&price=5000
郵便振替:00140-4-900664「南スーダン緊急食糧援助募金のため」と明記の上、「特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン」宛
※ワールド・ビジョン・ジャパンへの寄付は、税制優遇措置(寄付金控除)の対象となります。

■ワールド・ビジョン・ジャパンとは
キリスト教精神に基づき、貧困や紛争、自然災害等のために困難な状況で生きる子どもたちのために活動する国際NGO。国連経済社会理事会に公認・登録された、約100カ国で活動するワールド・ビジョンの日本事務所です。詳しくは www.worldvision.jp へ。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る