プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

三井ダイレクト損保

「新社会人」に関するアンケート調査

(PR TIMES) 2017年04月24日(月)16時09分配信 PR TIMES

〜今年の新社会人を三井ダイレクト損保がリサーチ〜

◆初任給の予定金額は、平均190,047円 東日本が西日本より11,761円高い結果!
◆初任給の使いみちトップは、「貯蓄」の54%!
◆理想の上司を芸能人に例えると、「天海祐希」さんがトップ!
◆ヒヤリ・ハット経験、55%が1度以上ありと回答!
MS&AD インシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(URL:http://www.mitsui-direct.co.jp/ 取締役社長:船木隆平)は、2017年3月28日(火)〜2017年3月31日(金)の4日間、1ヶ月に1度以上車を運転する新社会人男女300人(18歳〜29歳の2017年4月に初めて社会人になった人)に対してインターネットリサーチを実施しました。
詳細は当社HPご参照ください →http://news.mitsui-direct.co.jp/topics/20170424/index.html?id=40275


アンケート総括

◆初任給の予定金額 ⇒ 全体平均額、190,047円。東日本が西日本より11,761円高い結果(Q1)
◆初任給の使いみち ⇒ トップは「貯蓄」の54%(Q2)
◆貯蓄予定額 ⇒ 全体平均額、58,627円。最高額は初任給の平均額を超える300,000円(Q3)
◆自分自身へ投資したいもの ⇒ トップは「貯蓄」の43%(Q5)
◆昼食の摂り方 ⇒ 「自炊してお弁当を持参する」、全体64%、女性75%、男性48%(Q6)
◆理想の上司に期待すること ⇒ トップは「気配りや思いやりがある」の59%(Q7)
◆理想の上司を芸能人に例えると ⇒ トップは「天海祐希」さん!(Q8)
◆勤務中の運転 ⇒ 「事故を起こすのが怖いので嫌だ」、38%(Q9)
◆ヒヤリ・ハット経験 ⇒ 「1度以上あり」、55%(Q10)
◆交通事故になりそうになったシーン ⇒ 「人・車の飛び出し時」、48%(Q11)
◆運転時に気をつけていること ⇒ 「車間距離をあけること」、62%(Q12)

今年の新社会人に「理想とする上司を芸能人に例えると」という質問をしたところ「天海祐希」さんがトップとなり、「理想の上司に期待すること」は、「気配りや思いやりがある」という選択肢に支持が集まりました。
今年の新社会人の特徴として、初任給の使いみちをはじめ、自分自身へ投資したいもののトップ回答に「貯蓄」があがった他、昼食は「自炊してお弁当を持参する」という回答がトップとなり、「堅実派」の傾向があるようです。一方、ヒヤリ・ハット経験は55%、交通事故になりそうになったシーンは「人・車の飛び出し時」48%と、運転中に危険を感じることがあるという結果も出ています。
三井ダイレクト損害保険株式会社は、親身で迅速な対応とお客さま本位の充実したサービスはもちろん、事故のないクルマ社会を目指す取り組み「MUJICOLOGY!プロジェクト」などを通じて、これからもみなさまの楽しいカーライフを応援していきます。

「MUJICOLOGY!プロジェクト」について、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mujicology.jp/


アンケート詳細


■初任給の全体平均金額 190,047円 東日本が西日本より11,761円高い結果!

Q1.初任給の予定金額を教えてください。
数値回答形式 【n=300】 「n」とは、有効回答者数のことを指します。以下同様。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-840663-0.jpg ]
   
初任給の予定額を聞いたところ、今年の全体平均金額は190,047円となりました。東日本の平均は194,477円、西日本の平均は182,716円と差が出る結果となりました。


■初任給の使いみち トップは「貯蓄」の54%!

Q2.初任給をどのように使う予定か教えてください。
複数回答形式 【n=300】 TOP5を掲載しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-586444-1.jpg ]
  
初任給の使いみちとしては、「貯蓄」が53.7%でトップになりました。「親にプレゼントを購入」は2位で50.0%となり、次いで「外食」が23.0%となりました。
東日本では西日本と比べ「親にプレゼントを購入」が10.6ポイント高い結果となりました。


■貯蓄予定額 全体平均額は58,627円
  最高額は、初任給の平均額を超える300,000円!

Q3.初任給の使いみちで、あなたの貯蓄予定額を教えてください。
数値回答形式 【n=161】  [画像3: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-690183-2.jpg ]

Q2で「貯蓄」と回答した161人に、予定額を聞いたところ、全体の平均は58,627円となり、最高額は、初任給の平均額を超える300,000円となりました。


■親へのプレゼント予定額 昨年比9,270円ダウン!
        
Q4.初任給の使いみちで、あなたの「親へのプレゼント」予定額を教えてください。
数値回答形式 2017年【n=73】、2016年【n=145】
[画像4: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-152322-3.jpg ]

Q2で「親にプレゼントを購入」と回答した73人に、「親へのプレゼント」購入にかける予定額を聞いたところ、平均は21,096円となり、昨年の調査と比較をすると9,270円ダウンとなりました。




■自分自身へ投資したいもの トップは「貯蓄」の43%!

Q5.あなたが、社会人として今後自分自身へ投資したいものを教えてください。
複数回答形式 【n=300】 TOP10を掲載しています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-586420-13.jpg ]

今後自分自身へ投資したいものを聞いたところ、全体では「貯蓄」が42.7%でトップになりました。第2位が「レジャー、旅行」となっています。 東日本の新社会人の方は西日本と比べ、「パソコン」は12.1ポイント、「スーツ」は9.9ポイント高い結果となりました。


■自炊してお弁当を持参する 全体64%! 男性48% 女性75%!
 
Q6.あなたは職場での昼食をどのように食べたいと思いますか
複数回答形式 【n=300】[画像6: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-613345-14.jpg ]
職場での昼食をどのように食べたいか聞いたところ、男女ともに「自炊してお弁当を持参」がトップになりました。女性は、2位の「社員食堂」に比べ2倍以上の開きがあり、男性も8.5ポイント高い結果となりました。
Q2やQ5で「貯蓄」がトップであったことと併せ、節約志向が表れているようです。


■理想の上司に期待すること トップは「気配りや思いやりがある」

Q7.あなたが理想とする上司に期待することは何ですか。
複数回答形式で3つまで選択可 【n=300】 TOP5を掲載しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-108935-7.jpg ]
理想とする上司に期待することを聞いたところ、「気配りや思いやりがある」がトップとなり、次点以降もコミュニケーションを重視した結果になりました。
反対に回答が少なかった選択肢は、「高いプレゼンテーション力」や「ミスがなく几帳面である」などがありました。


■理想の上司を芸能人に例えると トップは「天海祐希」さん!

Q8.あなたが理想とする上司を芸能人に例えると誰ですか。
自由回答形式 【n=300】 TOP5を掲載しています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-195319-4.jpg ]

理想とする上司を芸能人に例えると誰かを聞いたところ、女性からの回答で高い支持を受けた天海祐希さんに28票が集まり、全体でもトップとなりました。
男性からの回答では、明石家さんまさんと松岡修造さんが同数票でトップとなった一方、「特になし/わからない」との回答が27票と多い結果になりました。


■勤務中の運転 「事故を起こすのが怖いので嫌だ」38%!

Q9.あなたが、勤務中に仕事として自動車を運転することについて最も近いものをお答えください。
単数回答形式 【n=300】
[画像9: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-409697-11.jpg ]
勤務中に仕事として自動車を運転することについて聞いたところ、「事故を起こすのが怖いので嫌だ」が全体で38.3%となりました。
女性は「事故を起こすのが怖いので嫌だ」が男性より11.5ポイント高く、男性では「気分転換になるから歓迎する」が女性より4.7ポイント高い結果となりました。


■ヒヤリ・ハット経験 「1度以上あり」55%!

Q10.あなたは、直近1年間に交通事故になりそうになった経験(ヒヤリ・ハット経験)がありますか。
単数回答形式 【n=300】
[画像10: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-671291-6.jpg ]
直近1年間に交通事故になりそうになった経験(ヒヤリ・ハット経験)を聞いたところ、「複数回ある」 と「1度だけある」を足した回答が、全体は54.6%、東日本は53.4%、西日本は56.7%と過半数超えという結果となりました。
※本調査レポートの構成比は、小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合があります。


■交通事故になりそうになったシーン 「人・車の飛び出し時」48%!
 
Q11.あなたが車を運転していて、直近1年間で交通事故になりそうになったシーンを教えてください。
複数回答形式 【n=164】 TOP5を掲載しています
[画像11: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-602481-5.jpg ]

Q10で直近1年間に交通事故になりそうになった経験がある方(ヒヤリ・ハット経験者)に対し、車を運転していて、直近1年間で交通事故になりそうになったシーンについて聞いたところ、トップは「人・車の飛び出し時」で、全体で47.6%と圧倒的多数でした。特に東日本では2位にあたる「よそ見運転時」と比較し、2倍以上のポイント差です。
東日本と西日本の違いでは、「スピードの出し過ぎ」が東日本では高く、「よそ見運転時」が西日本で高い結果となりました。


■車を運転する際に気を付けていること 「車間距離をあけること」62%

Q12.あなたが車を運転する際に気を付けていることを教えてください。
複数回答形式 【n=300】
[画像12: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-157013-9.jpg ]
車を運転する際に気を付けていることについて聞いたところ、トップは「車間距離をあけること」が全体で62.0%でした。これは、渋滞学(注)において渋滞を回避することに有効とされていることです。
東日本と西日本の比較で回答差が大きいものは、東日本では「会釈などのジェスチャーをする」が西日本より15.4ポイントと高く、西日本では「運転に集中する」が東日本より6.4ポイント高い結果となりました。

(注)渋滞学について、詳しくはこちらをご覧ください。http://www.mujicology.jp/juutaigaku/


■運転免許証を取得した理由 「生活で必要だから」65%!

Q13.あなたが運転免許証を取得した理由をお答えください。
複数回答形式 【n=300】
[画像13: https://prtimes.jp/i/2355/108/resize/d2355-108-333649-12.jpg ]
新社会人が運転免許証を取得した理由のトップは「生活で必要だから」が全体で65.0%となりました。「運転できたら便利だから」が41.0%、次いで「自分で運転してみたかったから」が28.3%でした。
東日本と西日本の比較で回答差が大きいものは、東日本は「仕事で必要だから」が西日本より10.8ポイント高く、西日本では「身分証明書代わりにしたいから」が東日本より9.1ポイント高い結果となりました。


【三井ダイレクト損害保険株式会社 概要】

《商号》 三井ダイレクト損害保険株式会社 (Mitsui Direct General Insurance Company, Limited)
《事業内容》 損害保険業
《代表者》 取締役社長 船木 隆平
《設立年月日》 1999年6月物産インシュアランスプラニング株式会社として設立
《所在地》 東京都文京区後楽1丁目5番3号
《資本金》 391億600万円
《株主》 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社
          三井物産株式会社
          三井住友信託銀行株式会社
          三井生命保険株式会社
          株式会社三井住友銀行


【調査概要】

・調査方法: インターネット調査(PC)
・調査地域: 全国
・その他の条件: 2017年4月に初めて社会人になる18歳〜29歳で、1ヶ月に1回以上車を運転する方
・調査期間: 2017年3月28日(火)〜2017年3月31日(金)
・有効回答数: 300人
・実施機関: 株式会社ネオマーケティング 『iResearch』

※本調査では、東日本と西日本の定義を以下の通りとしております。
◆東日本: 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県の23都道県です。
◆西日本: 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の24府県です。

・過去の調査結果はこちら:
2014年度(http://news.mitsui-direct.co.jp/topics/20140626/index.html?id=40170
2015年度(http://news.mitsui-direct.co.jp/topics/20150526/index.html?id=40193
2016年度(http://news.mitsui-direct.co.jp/topics/20160421/index.html?id=40232


【報道関係者さまへのお願い】
本内容の転載にあたりましては、「三井ダイレクト損保調べ」と付記のうえご使用いただきますようお願い申し上げます。




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る