プレスリリース

オン・セミコンダクター株式会社

オン・セミコンダクター、2020年第1四半期の決算を発表

(PR TIMES) 2020年06月03日(水)10時35分配信 PR TIMES

2020年第1四半期のハイライト
・ 売上高は12億7,790万ドル
・ GAAPベースおよび非GAAPベースの粗利益率は31.5%
・ GAAPベースの営業利益率は1.5%、非GAAPベースの営業利益率は6.6%
・ GAAPベースの希薄化後1株当たり損失は0.03ドル、非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は0.10ドル
[画像: https://prtimes.jp/i/35474/106/resize/d35474-106-865800-0.jpg ]

オン・セミコンダクター・コーポレーション(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は2020年5月9日(米国時間)、2020年第1四半期の売上高が前年同期比約8%減の12億7,790万ドルになったことを発表しました。2020年第1四半期の売上高は、2019年第4四半期の約9%減でした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのキース・ジャクソン (Keith Jackson)は次のように語っています。「COVID-19の拡散阻止を目的とした世界の多くの地域では、各国政府が義務付けたロックダウンに起因して、当社の第1四半期の収益と利益率は、世界的なマクロ経済活動の鈍化、供給の制約、その結果としての資源利用の不十分さによる大きな影響を受けました。 パンデミックの混乱にもかかわらず、当社の世界中のチームは、ファーストレスポンダーと重要な顧客のサポートで模範的な献身を示しました。現在の状況は短期的な混乱を引き起こしていますが、当社の長期的な目標と戦略に変更ありません。 当社のビジネスを牽引している主要な長期メガトレンドはそのまま継続しています。当社は、構造的および戦術的な変更を加えて、現在の状況に合わせてビジネスを調整し、収益性とフリーキャッシュフローの長期的な成長を促進します。当社は、国際社会が現在の危機を克服できるはずであると楽観視しています。 当社のお客様は、今年度下半期の回復を見込んで発注しており、国際的なマクロ経済環境が回復する中、当社は目標とする財務モデルに向けて加速的な進展を示すことができると考えています」

2020年第2四半期の見通し


受注トレンド、受注残水準、予想在庫回転率に基づき、当社は2020年第2四半期の売上高が約11億¥ドル〜12億6,000万ドルになると予測しています。
2020年第2四半期のGAAPベースおよび非GAAPベース粗利益率は、29%〜31%の範囲になると予想しています。
2020年第2四半期の見通しには、約1,900万ドル〜2,100万ドルの予想株式報酬費用も含みます。法人所得税に支払われる正味現金は1,000万ドル〜1,300万ドルと予想しています。


以下の表に、オン・セミコンダクターの2019年第2四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを示します。

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBの財務会計基準書 Topic 470: Debtに従います。
** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。四半期平均株価が18.50ドルを超える場合、非GAAP希薄化株数および非GAAP1株当たり純利益は、1.00% 転換社債と同時に発行された、当社のヘッジ・トランザクションの逆希薄効果の影響を含みます。そのため、1株あたりの平均株価は18.50ドルから25.96 ドルの間で、ヘッジ活動は1.00%の転換社債の潜在的な希薄化効果を相殺します。1株当たり四半期平均株価が 20.72ドルを超える期間に、非GAAP希薄化後株式数および非GAAP純利益は、転換社債1.625%と同時に発行された当社のヘッジ取引の非希薄化効果を含んでいます。 1株当たりの平均株価は20.72ドルから30.70ドルである場合、ヘッジ活動は潜在的に1.625%の転換社債の希薄化効果を相殺します。 GAAPおよび非GAAP希薄化後株式数は、当社の2020年4月3日時点の株価に基づいています。
*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。これらの特別項目は、当社の管理外であり、期間ごとに大幅に変更される可能性があります。その結果、当社はこれらの特別項目の個別の影響または予想される重要性を合理的に見積もり、個別に提示することはできません。また同様に、当社は非GAAP指標の調整を行うことはできません。 入手不可能な調整には、将来の損益計算書、貸借対照表およびGAAPに準拠したキャッシュフロー計算書が含まれます。この理由により、非GAAP営業予算見通しの予測を算出するために、特別項目の総額の予想範囲を使用しています。
**** 当社は、これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライ・チェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。詳細については、http://www.onsemi.jp をご覧ください。

• Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る