• トップ
  • リリース
  • 児童労働撤廃に想いを集結!「Vision United クリスマス特別プロジェクト」開始します【ワールド・ビジョン・ジャパンxピープルツリー】

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン

児童労働撤廃に想いを集結!「Vision United クリスマス特別プロジェクト」開始します【ワールド・ビジョン・ジャパンxピープルツリー】

(PR TIMES) 2016年12月01日(木)13時40分配信 PR TIMES

世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務理事・事務局長:片山信彦、以下WVJ)、フェアトレードの専門ブランド「ピープルツリー」は、2016年12月1日〜31日、児童労働撤廃に想いを集結した「Vision United クリスマス特別プロジェクト」を実施し、WVJの支援プログラム「チャイルド・スポンサーシップ」への参加を広く呼びかけます。
■目標が大きいからこそ、協力体制で挑む

[画像: http://prtimes.jp/i/5096/106/resize/d5096-106-277238-0.jpg ]

児童労働に従事している子どもは、世界で1億6800万人。貧しい家庭に生まれ、水も食事も十分にとれず、休みなく重労働を強いられます。その現状を解決する方法は、1つではありません。
日本にいる支援者と途上国に住む子どもを繋げ、地域開発援助を実施するWVJ。フェアトレード製品の企画・販売を通じて支援するピープルツリー。方法は様々ですが、「児童労働撤廃」という共通の目的(ビジョン)に想いが集結し、今回の企画が実現しました。

「Vision Unitedクリスマス特別プロジェクト」
・期間:2016年12月1日〜12月31日
・内容:貧困のため10人に1人の子どもが児童労働に従事する途上国で、子どもを取り巻く厳しい生活環境を改善するWVJの支援プログラム「チャイルド・スポンサーシップ」に、社会貢献プラットフォーム「gooddo」(http://gooddo.jp/cp/vu2016/)から申し込んだ方、先着100名様に、ピープルツリーからフェアトレードギフトをプレゼントします。

<チャイルド・スポンサーシップとは>
現在、日本で5万人以上が参加している子ども支援の国際協力プログラム。チャイルド・スポンサーになると、支援地域に住む子ども“チャイルド”が紹介され、文通や訪問で交流を深めながら、教育、水衛生、保健、栄養、生計向上支援などを通じた地域開発プログラムを支援し、児童労働の原因となる貧困問題解決に貢献していただけます。
<フェアトレードギフトについて>
このプロジェクトのためにピープルツリーがセレクトしたのは、ドライマンゴー(フィリピン)と手編みの手袋(ネパール)。マンゴーは、小規模農家から適正価格で買い取ることにより、手編みの手袋は在宅で女性が収入を得られる機会創出により、児童労働の原因となる貧困問題の解決につながっている商品です。
(注:チャイルド・スポンサーシップの支援地域と、フェアトレードギフトの生産現場は異なり、関係しているわけではありません)

【国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパンとは」】
キリスト教精神に基づき、貧困や紛争、自然災害等のために困難な状況で生きる子どもたちのために活動する国際NGO。国連経済社会理事会に公認・登録された、約100カ国で活動するワールド・ビジョンの日本事務所です。https://www.worldvision.jp 
【フェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」とは】
ピープルツリーはフェアトレード専門ブランド。13ヵ国、約150団体と共に、手仕事を活かした自社企画商品で、途上国の経済的・社会的に立場の弱い人びとに収入の機会を継続的に提供します。http://www.peopletree.co.jp/
【社会貢献プラットフォーム「gooddo」とは】
「gooddo」は、無料で簡単にNPOを支援できる社会貢献に特化したプラットフォームです。現在700団体以上のNPOが登録しており、支援金総額は1億円を超えております。 http://gooddo.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る