• トップ
  • リリース
  • 上昇か?下降か? 不動産マーケットの未来を占う ‐ 東洋経済 不動産戦略フォーラム2019

プレスリリース

株式会社東洋経済新報社

上昇か?下降か? 不動産マーケットの未来を占う ‐ 東洋経済 不動産戦略フォーラム2019

(PR TIMES) 2019年08月22日(木)17時40分配信 PR TIMES

9月20日(金) 14:00〜 大手町ライジングスクエア SMBCホールにて開催


東洋経済新報社は、「不動産市場の最新動向からひも解く『CRE戦略』の最適解」をテーマに、不動産マーケットのトレンドの把握、市場の変化に応じたCRE戦略の動向、企業業績への影響、不動産の利活用について、有識者の講演を通じて考察するフォーラムを開催します。

[画像: https://prtimes.jp/i/4767/106/resize/d4767-106-987696-0.png ]

日本経済の先行きを国内外の動向から見通すと、国内では、本年10月に予定をされている消費税率の10%への引き上げによる反動をはじめ、「老後2000万円不足問題」など消費抑制といった景気を下押し圧力への懸念が高まっています。
国外では、米中貿易摩擦による輸出環境の悪化、EU諸国での移民増加や格差拡大への不満の高まりと政治の不安定化など、企業業績への影響が危惧されています。
内閣府が発表をする景気動向指数は5月時点で「下げ止まり」に上方修正されたこともあり、今後の動向に注目が集まっています。また、不動産市場に目を向けると、訪日外国人の増加に伴う店舗や宿泊施設需要の増加、好調なオフィス市況、EC販売の拡大による大規模物流施設の需要拡大など引き続き堅調さを維持しています。
国内景気、不動産市場は今後上昇していくのか、それとも下降していくのか。
今後の不動産マーケットの未来を占いたいと思います。

【基調講演】
企業不動産戦略の基本と新しい方向性 ― SDGs・ESGに向けて
大和不動産鑑定株式会社 エグゼクティブフェロー
明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 兼任講師
村木 信爾 氏

【課題解決講演】
企業不動産の「今」と経営戦略
東急リバブル株式会社
常務執行役員 ソリューション事業本部 副本部長
柿沼 徹也 氏

【特別講演】
2020年の世界経済と日本経済のゆくえ 〜世界の構造変化と日本〜

一般財団法人日本総合研究所会長
多摩大学 学長
寺島 実郎 氏

【開催概要】
日 時 9月20日(金)14:00〜16:40(13:30 受付開始)
会 場 SMBCライジングスクエア SMBCホール 東京都千代田区丸の内1-3-1(地図)
定 員 300名 ※申込者多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加費 無料(事前登録制)
対 象 企業経営者、不動産管理部門、経営企画部門、財務部門、総務部門の部課長クラスの方々
※協賛企業の同業者様(宅建事業者様)のご参加はお断りする場合がございますのであらかじめご了承願います。
申込期限 9月13日(金)

申込URL
https://toyokeizai.net/sp/sm/20190920/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る