• トップ
  • リリース
  • 「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」がAmazon Alexaに対応開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社朝日学生新聞社

「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」がAmazon Alexaに対応開始

(PR TIMES) 2018年12月13日(木)17時40分配信 PR TIMES

ニュースの言葉の解説、記事に関するクイズなども聞ける

朝日学生新聞社は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応する「朝日小学生新聞」を12月13日より提供開始します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21716/105/resize/d21716-105-856822-0.jpg ]

音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」に「アレクサ、朝日小学生新聞を開いて」と話しかけるだけで、ニュースや時事問題、クイズを聞けるようになります。

Amazon Alexaのスキルストアから朝日小学生新聞のスキルを有効にし、「アレクサ、朝日小学生新聞を開いて!」と呼びかけると、「朝日小学生新聞」や「朝日中高生新聞」に掲載したニュースや、記事に関するクイズの読み上げが始まります。数少ない子ども新聞の読み上げスキルのひとつで、朝日学生新聞社としては初のスキル配信となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/21716/105/resize/d21716-105-451696-1.png ]


また、その日に興味を持ったニュースは、Amazonサービスにご登録いただいているメールに、興味があった記事として配信も可能です。毎日の習慣として聞いているニュースの内容を保護者の方も知ることができます。音声だけでも、新聞を読みながらでも、画面付きスマートスピーカー「Echo Spot」または、12月12日より出荷開始の「Echo Show」やAlexa搭載の「Fire TV Stick」などでお楽しみいただけます。朝日学生新聞社は、Alexaに対応したスキルの拡大を図り、ユーザーの利便性や快適性の向上に努めます。

【Alexaとは – Amazon Echoを支える頭脳】
Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

【朝日小学生新聞】
全国の小学生を読者とする日刊紙。1967年4月創刊。購読料は月ぎめ1769円(税込)。

【朝日中高生新聞】
全国の中学生・高校生を読者とする週刊紙。日曜日発行、購読料は月ぎめ967円(税込)。

◆Amazon Alexaスキル「朝日小学生新聞」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07L9B5D9G



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る