プレスリリース

  • 記事画像1

ヤマハ「CSRレポート2017」の発行について

(PR TIMES) 2017年07月07日(金)11時21分配信 PR TIMES

− ヤマハグループのCSR(企業の社会的責任)に関する取り組みを報告 −

ヤマハ株式会社は、ヤマハグループにおける2016年度のCSR(企業の社会的責任)に関する取り組みをまとめた「CSRレポート2017」(ダイジェスト版)を7月7日(金)に発行いたします。また、同レポートの詳細版をウェブサイト(https://www.yamaha.com/ja/csr/)において公開いたします(7月中旬予定)。
[画像: https://prtimes.jp/i/10701/105/resize/d10701-105-590666-0.jpg ]



<ヤマハCSRレポート2017(ダイジェスト版)の概要>
「CSRレポート」は、当社グループのCSR活動を幅広いステークホルダーの皆さまにお伝えするための報告書で、当該レポートの前身である「環境報告書」を2000年に発行して以来、今回で18回目の発行となります。重要度の高い内容を中心に分かりやすいかたちでまとめたダイジェスト版の冊子と、数値データなども詳しく開示したウェブサイトでの報告(フルレポート)の2本立てとしており、社会的責任の国際的なガイダンス規格ISO 26000「社会的責任に関する手引」に掲げられている中核主題に沿って構成しています。
2017年度版は前年度(2016年度)に進捗のあった活動事例やヤマハグループおよびステークホルダーの皆さまにとって特に重要な項目を中心にまとめています。また、サステナビリティへの配慮として、「FSC認証紙」「ベジタブルインキ・VOCフリーインキ」を使用し、工程で有害廃液を出さない「水なし印刷」を採用したほか、読みやすさに配慮した「ユニバーサルフォント」を使用しています。なお、日本語版に続き英語版も発行いたします(9月発行予定)。


<主な内容>


トップコミットメント
バリューチェーンにおけるCSR課題と取り組み
Feature 次代への価値創造
 1. 器楽教育の導入でベトナムの学校授業の充実に貢献
 2. ICTを活用した「アクティブ・ラーニング」の提案
 3. 人に寄り添う技術で新たな芸術表現を創出
年次活動報告(ヤマハグループにおけるCSR活動)



<CSRレポート(ダイジェスト版)冊子の配布について>
当社ウェブサイト、CSR/環境・社会活動のページより「レポートのご請求」へお進みの上、お申し込みください。
URL:https://www.yamaha.com/ja/csr/ ※7月11日(火)よりご請求が可能です。


<ウェブサイト(フルレポート)について>
ウェブサイトでは、環境・社会データなどの各種データ集をはじめ、より幅広いテーマについて詳しく報告しています。
URL:https://www.yamaha.com/ja/csr/
公開日:2017年7月中旬予定


CSR/環境・社会活動
https://www.yamaha.com/ja/csr/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る