プレスリリース

  • 記事画像1

リビタとSMBC信託銀行が住宅ローンにおいて提携開始

(PR TIMES) 2018年10月09日(火)12時40分配信 PR TIMES

最大5億円まで借入可能な高額不動産向けの住宅ローン


株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役:川島 純一)は、株式会社SMBC信託銀行(本社:東京都港区、代表取締役社長:藏原 文秋、以下、「SMBC信託銀行」)と、住宅ローンにおいて提携を開始いたしました。これにより、お客さまは当社を通じて、最大5億円までお借入れが可能なSMBC信託銀行の住宅ローンをお申込みいただけるようになりました。
[画像: https://prtimes.jp/i/8644/103/resize/d8644-103-159724-0.jpg ]


2013年より当社では、都心の100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを厳選の上紹介するサービス「R100 TOKYO(読み:アールヒャクトウキョウ)」を展開しており、2018年3月末時点で、計147戸のマンションを供給しています。

現在首都圏では100平米を超える高価格帯のマンション供給量は少なく、新築ではマンション供給量全体の1%〜2%程度、中古物件では、約4%しか存在しません(東京カンテイ調べ)。一方で、首都圏で100平米を超える物件のニーズは高く、日本に居住する外国人を含む、富裕層からの需要がより一層見込まれています。

SMBC信託銀行の住宅ローンは最大5億円までのお借入れが可能で、かつ外国人対応の専門チームによる英語でのサポート体制を構築しています。当社は、SMBC信託銀行と提携することで、高額不動産を購入されるお客さまを含め幅広いお客さまの資金調達をより一層サポートすることが可能となりました。

当社では今後も、都心100平米超のマンション供給を強化するとともに、お客さまの様々なニーズにお応えできる体制の推進と満足度の向上を図ってまいります。


株式会社リビタについて

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。

現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は47棟1,482戸、また運営するシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に19棟1,229室(2018年3月末時点)。リノベーション分譲事業では、100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO京都」を開業。

名称:株式会社リビタ   
設立:2005年(2012年より京王グループ)  
代表取締役社長:川島 純一
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MT2ビル
URL:www.rebita.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る