• トップ
  • リリース
  • 一人で気軽に楽器練習ができ、複数台つなげばセッションもできる、新コンセプトのコンパクトな楽器用ヘッドホンアンプ ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake」『SC-01/02』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

一人で気軽に楽器練習ができ、複数台つなげばセッションもできる、新コンセプトのコンパクトな楽器用ヘッドホンアンプ ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake」『SC-01/02』

(PR TIMES) 2017年06月21日(水)11時36分配信 PR TIMES

− iOSデバイスに接続してアプリと連携させることも可能、6月24日(土)発売 −

ヤマハ株式会社は、楽器用ヘッドホンアンプの新製品として、ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake(セッションケーキ)」『SC-01/02』を6月24日(土)に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-962735-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-492493-1.jpg ]


<価格と発売日>
品名:
ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ

シリーズ名:
SessionCake(セッションケーキ)

品番/価格/発売日:
SC-01/オープンプライス/6月24日(土)
SC-02/オープンプライス/6月24日(土)

◎初年度国内販売予定数:合計6,500台


<製品の概要>
このたび発売するミキシングヘッドホンアンプ『SessionCake』は、シンプルでコンパクトな設計で個人用として手軽に使えるだけでなく、複数台をつなげてセッション用ミキサーとしても使用できる、新コンセプトの楽器用ヘッドホンアンプです。
『SessionCake』にエレキギターなどの楽器とヘッドホンを接続するだけでライン出力された音をヘッドホンから聴くことができることに加え、コンパクトサイズで電池駆動のため持ち運びやすく、大きな音を出せない環境でも時間や場所を選ばず楽器練習ができます。また他の『SessionCake』とつなげば全員の演奏音を共有してそれぞれのヘッドホンで聴くことができるため、複数でのセッションやリハーサルもヘッドホンで行えます。
さらに、外部機器を接続する端子を備え、音楽プレーヤーやスマートフォンなどを接続して好きな楽曲や動画サービスと一緒に演奏できます。iOSデバイスと音楽系アプリを活用すれば、録音・再生を行ったり演奏音にエフェクトをかけたりすることもでき、楽しみ方が広がります。

詳細は以下の通りです。


<主な特長>
1.個人用ヘッドホンアンプながら、複数台つなげばヘッドホンでセッションも可能
『SessionCake』は、スピーカーを搭載しないヘッドホン専用のアンプです。アンプで大きな音を出すのが難しい環境でも、本製品を使えば、エレキギターなどの楽器の音をヘッドホンで聴きながら静かに演奏や練習をすることができます。
さらに『SessionCake』同士を最大8台まで数珠つなぎすることが可能で、一人での楽器練習だけでなく仲間とのセッションにも対応する柔軟なシステムとして高い利便性を発揮します。複数の『SessionCake』をつなぐと、それぞれの演奏音が全員に共有されヘッドホンでモニターでき、セッションが楽しめます。スタジオなどの整った環境がなくても、場所を選ばずに気軽に仲間と音合わせやバンド練習をすることが可能です。またアナログ接続を採用したことで、音の遅延や雑音、バグなどが発生しにくく、ストレスなく演奏を楽しむことができます。
『SC-01』はモノラル入力端子1口を備え、ギターやベースの練習や演奏に適したシンプルなタイプです。『SC-02』はステレオ入力とマイク入力に対応しており、ギターやベースはもちろんのこと、キーボードや電子ドラム、ボーカルマイクにも対応しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-783340-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-151588-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-848653-4.jpg ]





2.シンプルなデザインと優れた操作性を備え、場所を選ばず手軽に使える
シンプル且つ機能的な設計を採用しており、複雑な設定が不要で手軽にお使いいただけます。『SessionCake』にエレキギターなどの楽器とヘッドホンを接続するだけでライン出力された音をヘッドホンで聴くことができ、さらに同梱のミニケーブルで『SessionCake』同士をつなげばすぐにセッションができます。また本体上面に配置されているつまみで、入力する演奏音量や、ヘッドホンから聴こえる自分の楽器の音量バランス、左右の定位などが容易にコントロールできます。
片手にのるコンパクトなサイズで持ち運びやすく、電池で駆動するため、場所を選ばずどこでも気軽に演奏を楽しめます。


3.外部機器を接続でき、iPhone/iPad経由でアプリとの連携も可能
[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-665031-5.jpg ]

外部機器に接続する端子を備えており、さまざまな機器と組み合わせて使用することができます。音楽プレーヤーやスマートフォンなどを接続すれば、好きな楽曲や動画サービスと一緒に演奏を楽しむことができます。また複数の『SessionCake』をつなぐと演奏音だけでなく外部音源も共有されるため、曲に合わせてセッションすることも可能です。さらにiPhoneやiPadを接続して、音楽系アプリと連携させることができます。アプリの機能を活用することで、演奏音にエフェクトをかけたり、録音や保存を行ったりと、さまざまな楽しみ方が可能となります。

[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/101/resize/d10701-101-236968-6.jpg ]



<ご参考>
本製品を、6月30日(金)から7月2日(日)まで渋谷ロフトで開催される楽器体験イベント「ひらいてみようヤマハのトビラ」にて展示いたします。楽器経験の有無に関わらずどなたでも気軽に本製品を使って、さまざまな楽器演奏やセッションをお楽しみいただけます。

「ひらいてみようヤマハのトビラ」概要
日時
2017年6月30日(金)〜7月2日(日)10:00〜21:00
会場
渋谷ロフト1階 間坂ステージ(東京都渋谷区宇田川町21-1)
内容
ヤマハの楽器・防音室を自由に体験できる参加型イベント。期間中いつでもギター、ドラム、エレクトーン、バイオリンの演奏を体験できます。またガールズバンド「たんこぶちん」のミニライブやサイン会も予定しています。
参加費
無料
イベントウェブサイト http://school.jp.yamaha.com/music_lesson_c/lp/2017_loft/





ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake」製品情報サイト
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/amps/sessioncake/
本サイトで、本製品のユースシーンをまとめたイメージ動画をご覧いただけます。

ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※「iPhone」「iPad」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る