プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社オデッセイコミュニケーションズ

「MOS世界学生大会2017」日本代表が決定しました

(PR TIMES) 2017年05月15日(月)17時32分配信 PR TIMES

累計受験者数390万を超えるマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、「MOS世界学生大会2017」の日本代表選考を行い、全国各地からエントリーした4万9千人を超える学生の中から、以下の通り3名のMOS日本代表を選出しました。
日本代表は、7月30日(日)〜 8月2日(水)(現地時間)にアメリカ カリフォルニア州・アナハイムで開催される決勝戦で、世界各国から選ばれた代表たちとそれぞれワード、エクセル、パワーポイントのスキルを競い、世界チャンピオンを目指します。
<MOS世界学生大会 日本代表>
【ワード部門】
玉川大学 4年/静岡雙葉高等学校卒(東京都) 齊藤 望(さいとう のぞみ)

【エクセル部門】
麻生情報ビジネス専門学校 2年/福岡県立三池工業高等学校卒(福岡県)  高口 辰佳(こうぐち たつよし)

【パワーポイント部門】
学習院大学 4年/八千代松陰高等学校卒(千葉県)  野田 菜摘(のだ なつみ)

※敬称略

エクセル部門代表の高口さんは、ワード部門、パワーポイント部門でも入賞し、
大会初の3部門3位以内の三冠を達成しています。
日本代表および各部門入賞者については、以下サイトよりご覧ください。

MOS世界学生大会日本代表
http://mos.odyssey-com.co.jp/competition/2017/2017_japan.html

[画像: https://prtimes.jp/i/1011/101/resize/d1011-101-190222-0.jpg ]



■「MOS/ACA世界学生大会2017」日本代表発表会(日本表彰式)について
日本代表および各部門入賞者を表彰する日本代表発表会を以下の通り開催します。
取材・写真撮影の時間も予定しておりますので、詳細については、お問い合わせください。

【日時】6月30日(金)14:00-16:00
【会場】東京国際フォーラム ホールB5(東京・丸の内)
 http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
【主催】株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
【協賛】日本マイクロソフト株式会社、アドビシステムズ株式会社、富士通エフ・オー・エム株式会社、日経BP社、株式会社ユーキャン、株式会社翔泳社、株式会社インプレス ※順不同


■MOS世界学生大会について
MOSを高成績で取得した学生たちに、国際的な舞台での経験を積み、将来の可能性を拡げるきっかけとしてもらうために、試験配信元であるサーティポート社(アメリカ)と共に毎年開催している世界規模のパソコンの大会です。本年度で第15回を迎えます。


■日本代表選考方法
【参加資格】
・2016年4月1日〜2017年3月31日にMOSに合格した方
・受験時に大学、短期大学、専門学校、高等学校、高等専門学校、高等専修学校に在籍する学生(大学院生は除く)
【選考方法】
一次選考として、大学・短期大学部門、専門学校部門、高等学校・高等専門学校・高等専修学校部門の各部門で試験科目ごとに点数順に1位から20位までの入賞者を選出。二次選考では、成績上位入賞者の学生を書類選考の上、面接を実施し、一次選考、二次選考の結果と総合的な判断によって日本代表を選出します。
大会の詳細につきましては、大会公式サイトをご覧ください。http://www.odyssey-com.co.jp/competition/


■MOS世界学生大会 決勝戦
【日時】 7月30日(日)〜8月2日(水)(現地時間)
【場所】 アメリカ・アナハイム(カリフォルニア州)
【大会内容】
各国代表者たちが、決勝戦専用の試験(ワード、エクセル、パワーポイントのいずれか)を受けて点数を競います。


■ 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズについて
MOS、マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパート、
アドビ認定アソシエイト(ACA)などのIT資格試験を実施。
その他、「Odyssey CBT」を使った資格試験(コン検、Rails技術者認定試験、リユース検定、ビジネス統計スペシャリスト、統計検定等)の運営および、aoten(アオテン)、moug(モーグ)などのウェブサイトも運営。
http://www.odyssey-com.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る