• トップ
  • リリース
  • テラドローン、ロシアのドローンサービス企業Unmanned Technology買収

プレスリリース

  • 記事画像1

テラドローン株式会社

テラドローン、ロシアのドローンサービス企業Unmanned Technology買収

(PR TIMES) 2019年02月22日(金)21時40分配信 PR TIMES

〜ロシア拠点の設立で、さらなる海外展開を加速〜

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 / 徳重 徹、以下テラドローン)は、この度ロシアのドローン業界を牽引するUnmanned Technology(ロシア、代表取締役社長/ Tsoy Grigoriy Vasil'evich)に出資し、Terra Drone Russiaを設立することとなりました。
[画像: https://prtimes.jp/i/20194/100/resize/d20194-100-359928-0.jpg ]


Unmanned Technologyは、ロシア国内において産業向けドローン関連サービスを提供する代表的な企業であり、ロシア国営石油会社や国営電力会社に対して、ドローンを用いた点検や測量業務を行なっています。35,000 km(日本全長の12倍)にも及ぶ長距離送電線点検、3,000 kmのガスパイプライン点検や、1,000,000 ha(東京都の4.5倍)の農地測量など、その実績は多岐に渡ります。


今後Unmanned Technologyは、テラドローンのロシア拠点として、引きつづき石油や電力などの業界におけるサービスの提供を行うとともに、お互いの技術や産業に対する知見を組み合わせながら、より高付加価値なソリューションの開発を行なっていきます。


テラドローンは今後、グローバルの更なる事業拡大とより良いサービスの提供に尽力してまいります。


■テラドローン株式会社

本社を東京におき、全国7支社とAPECやEU、 アフリカ、オーストラリアなど世界で10支社以上を構え、国内外にてドローンを用いたレーザー・写真測量を実施、高精度3次元図面を短時間で作成、施工管理に役立つサービスを提供。大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの案件を中心に、600回以上のドローン測量実績を有し、i-ConstructionのUAV測量実績も全国トップクラス。現在は国内外で250件以上のUAVレーザー計測実績を基に、早稲田大学との共同開発によるオリジナルLiDARシステム「Terra Lidar」の開発に成功。国内外への販売拡大を予定している。

ドローン管制システム(UTM)においては、グローバルリーディングカンパニーとして市場を牽引。昨年Unifly社(ベルギー)へ出資を行い現在筆頭株主であり、ヨーロッパ4か国、アメリカ等海外各国でUTMシステムを展開している。

グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造販売し、海外売上比率85%、年間3万台を売り上げるテラモーターズ株式会社。


■Unmanned Technology
Unmanned Technologyは、幅広い産業分野での高品質なドローン関連サービスを提供するロシアのリーディングカンパニー。特に、専門性の高い人材が提供するドローンを用いた点検や測量業務などに注力している。


■本件に関する問い合わせ

テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る