• トップ
  • リリース
  • ぺんてる、キヤノンMJ合同企画「校舎の思い出プロジェクト」平成28年度「青少年の体験活動推進企業表彰」文部科学大臣賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ぺんてる株式会社

ぺんてる、キヤノンMJ合同企画「校舎の思い出プロジェクト」平成28年度「青少年の体験活動推進企業表彰」文部科学大臣賞を受賞

(PR TIMES) 2017年03月23日(木)13時53分配信 PR TIMES

ぺんてる株式会社(本社:東京都中央区日本橋小網町7-2、代表:和田優、以下ぺんてる)とキヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区港南2-16-6、代表:坂田正弘、以下キヤノンMJ)の合同企画「校舎の思い出プロジェクト」が、文部科学省が主催する「青少年の体験活動推進企業表彰」において、最高位である文部科学大臣賞を受賞しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2857/100/resize/d2857-100-389846-0.jpg ]

■青少年の体験活動推進企業表彰について
社会貢献活動の一環として、青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を表彰し、全国に広く紹介することにより、青少年の体験活動の推進を図ることを目的として創設されました。

■校舎の思い出プロジェクトについて
本プロジェクトは、ぺんてるとキヤノンMJが合同で、建替えや統合により取り壊される小学校を対象に、校舎での最後の思い出づくりをサポートする取り組みです。
対象の小学校では、児童が壁に自由に絵を描き、校舎を彩ります。その壁画は大判ポスターにして新校舎に飾られるほか、壁画を描く様子を「思い出写真係」となった子どもたちがデジタル一眼レフカメラで撮影し、それをフォトブックにして図書室に残します。このイベントに必要な画材と額をぺんてるが寄贈し、キヤノンMJはカメラの貸し出しや大判ポスター、フォトブックの制作・寄贈を行います。このように両社の本業の強みを生かして、子どもたちの表現するよろこびを育むとともに「思い出づくり」を支援しています。
2014年6月にスタートした本プロジェクトは、2017年3月で実施校は16校となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/2857/100/resize/d2857-100-986777-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/2857/100/resize/d2857-100-350734-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/2857/100/resize/d2857-100-323066-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/2857/100/resize/d2857-100-742573-4.jpg ]



■校舎の思い出プロジェクト Webサイト
ぺんてる株式会社運営サイト
http://www.pentel-kousha-omoide.jp/index.html

キヤノンマーケティングジャパン株式会社運営サイト
http://cweb.canon.jp/csr/kousha-omoide/index.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る