• トップ
  • リリース
  • キングソフト、親会社Cheetah Mobileがライブ動画配信アプリ「Live.me」事業で6,000万米ドル(約67億円)の資金調達を実現

プレスリリース

  • 記事画像1

キングソフト、親会社Cheetah Mobileがライブ動画配信アプリ「Live.me」事業で6,000万米ドル(約67億円)の資金調達を実現

(PR TIMES) 2017年05月03日(水)11時24分配信 PR TIMES

〜米国・日本ほか、グローバル市場でさらなる事業拡大を目指す〜

 キングソフト株式会社(本社:東京都港区、以下キングソフト)は、親会社であるCheetah Mobile Inc.(NYSE上場:CMCM、CEO:Fu Sheng、以下チーターモバイル)が、日本市場でもユーザー数を拡大し続けているライブ動画配信アプリ「Live.me」(ライブミー)事業において、シリーズA投資ラウンドの第三者割当増資を実施し、6,000万米ドル(約67億円)を調達いたしましたことを、お知らせいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/13957/98/resize/d13957-98-212146-0.jpg ]

■ライブ動画配信アプリ「Live.me」事業の資金調達について
チーターモバイルが90%の株式を保有する子会社であり、グローバル市場において、ライブ動画配信アプリ「Live.me」を運用するLive.me Incは、Matrix Partners China、Evolution Media China、Gobi Partners、IDG Capital、Welight Capitalなどの、中国大手投資会社より、合計で6,000万米ドル(約67億円)を調達する最終契約を2017年4月28日(金)に締結いたしました。
契約締結後においても、チータモバイルは、Live.me Inc.の約70%の株式を直接保有し、「Live.me」事業を主導しております。

2017年4月にリリース1周年を迎えたライブ動画配信アプリ「Live.me」は、2016年8月から米国においてGoogle Playのトップセールス1位、AppStoreでは、ソーシャルネットワーキングカテゴリーにて、トップ5位を獲得しており、ユーザー数、ユーザーエンゲージエント、および課金ユーザー数の大幅な成長を記録しており、「ライブ動画配信」という新たな文化をより良いものにするべく、プロダクト、および運営の両面において、革新とイノベーションを進めています。

運営面に関しては、人工知能技術による24時間監視と、人的監視による万全な体制で、ユーザーが「健全なライブ動画」を視聴できる環境を整えています。
また、使いやすいUI、美肌機能、動画内の顔認証技術を利用したフェイススタンプなどの機能でも人気を博しています。また、仮想プレゼントやレベル制度、ランキングなど、配信者と視聴者が一緒に楽しむことで関係を深める事が出来るプラットフォームとして成長してきました。

「Live.me」の日本市場における展開は、キングソフトが行っております。この度の資金調達により、「Live.me」を日本を含むグローバル市場におけるソーシャルコミュニティとして構築するため、さらなるリソースを投入予定です。

チーターモバイル CEOのFu Shengは今回の資金調達に際し、「文化の壁という概念は、我々が作り上げた架空のものにすぎないと思えてきました。インターネットが発達している現在、世界各国の若者達の文化的な差異は、ますます少なくなっています。チーターモバイルは良質なコンテンツや製品で、世界中の若者を繋ぐことを目標に、これからも新鮮で価値のあるコンテンツを提供していきたい」というコメントを発表いたしました。

今後もライブ動画配信アプリ「Live.me」は、「誰でも気軽に、簡単にライブ動画配信&視聴ができるアプリ」として、さらなるユーザー体験の向上に努め、「ライブ動画配信」という新しいソーシャルネットワーキングの文化が日本に根付く未来を実現するため、イノベーションを加速させてまいります。

【ライブ動画配信アプリ「Live.me」(ライブミー)とは】
「Live.me」は、チーターモバイルが2016年4月にアメリカでリリース後、同年7月に日本上陸したライブ動画配信アプリです。リリース以来、GooglePlayやAppStoreにて上位にランクインし続けています。現在、世界53ヶ国で展開されており、ワールドワイドに展開する配信アプリとして支持を得ています。スマホの縦画面をフルに生かしたスクリーンと、3タップで配信が完了してしまう手軽さに加え、高画質・高音質なライブをわずか数秒のタイムラグで配信・視聴できる高い機能性を誇ります。視聴者はコメントの投稿を通じて配信者とコミュニケーションを取ることができ、複数人で同時に配信するコラボ配信機能や、顔認証によるフェイススタンプ機能など、次々に新しい機能が加わっています。また、アプリ内で配信者にプレゼントアイテムを贈ることもでき、アイテムに応じて貯まったダイヤモンド(ポイント)は現金に換金することも可能です。また新機能である「ゲーム実況」は、パソコンとモバイルの両デバイスに対応しています。(モバイルはAndroidのみ)
「Live.me」は、ライブ動画配信アプリの領域を超え、「Live.me」発のインフルエンサーを輩出するプラットフォームとしても成長し続けています。

【ライブ動画配信アプリ「Live.me」(ライブミー)製品概要】
□製品名:Live.me(ライブミー)
□販売価格:無料(アプリ内課金有)
□ストアページ iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/live.me-social-live-video/id1089836344?mt=8
        Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cmcm.live&hl=ja
□対応OS:iOS/Android
□提供元:Live.me Inc.(日本市場での展開をキングソフトが担当)

Cheetah Mobile Inc.について
セキュリティ技術の開発分野において15年以上の経験を持つKingsoft Internet Softwareが社名を変更し誕生したのが、Cheetah Mobile Inc.です。スマホ最適化アプリ「Clean Master」を筆頭に「CM Security」、「Battery Doctor」、「Photo Grid」などの世界最大級のモバイル・ツール系アプリを開発しており、2016年4月にはライブ動画配信アプリ「Live.me」(ライブミー)をリリース。現在はモバイルプラットフォーム上でパーソナライズされたコンテンツをユーザーに提供することを目指しています。2014年5月8日にNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場、証券コードCMCM、世界トップクラスのモバイルインターネット企業です。

キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。 日中の高度な技術力を結集し、 無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「WPS Office」を展開。 業界でトップクラスのシェアを獲得し、 新たなビジネスモデルを確立させました。 現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。 GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、 高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」など、 革新的なアプリを次々とリリースしています。また、 グループ会社でありモバイル広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、 NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、 2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。 さらに2016年7月には、ライブ配信という新しい文化を切り開くアプリ「Live.me」をリリースし、モバイル広告分野に加えて、エンターテイメントの領域においてもイノベーションを加速させています。

キングソフト株式会社
URL: http://www.kingsoft.jp
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金を含む)
従業員数:101 名(2017年4月時点)
代表取締役社長 兼 CEO :馮 達
*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る