• トップ
  • リリース
  • 20代会社員は給与・勤務地&ワークライフバランスを重視:20代専門就職サイト『Re就活』調査

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

20代会社員は給与・勤務地&ワークライフバランスを重視:20代専門就職サイト『Re就活』調査

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)09時38分配信 PR TIMES

【20代のための求人サイト『Re就活』(運営/学情)】集計の就職・転職アンケート結果、発表!

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、2017年3月1日〜15日の期間で、20代を対象にした就職情報サイト「Re就活」会員を対象に、第二新卒・既卒の就職・転職活動に関するWebアンケートを実施しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13485/98/resize/d13485-98-819250-0.jpg ]


■トピックス■
・Re就活登録者の約7割の第二新卒・既卒が「3ヶ月以内での就業」を希望。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13485/98/resize/d13485-98-421636-1.jpg ]


「3ヶ月以内での早期就業」を希望する既卒は77.9%、第二新卒は65.4%に上りました。

・転職理由の上位は「人間関係・社風」「給与」「ワークライフバランス」。本当にやりたい仕事を目指すキャリアチェンジ希望者も多数。


[画像3: https://prtimes.jp/i/13485/98/resize/d13485-98-753352-3.jpg ]


転職理由の上位3つは「人間関係・社風」「給与」「ワークライフバランス」でした。また、「そもそもやりたい仕事ではなかった」も32.7%と高く、現在の職種にこだわらず本当にやりたい仕事を目指すキャリアチェンジ希望者も多数存在することがわかりました。

・入社先を決める際は、「給与」「残業・休日数」「勤務地」をより重視する傾向に。


[画像4: https://prtimes.jp/i/13485/98/resize/d13485-98-136107-5.jpg ]


「勤務地」を重視する第二新卒は前年より10.7ポイント、既卒は8.3ポイント増加しました。また、「給与」「残業・休日数」を重視する第二新卒は前年より約8ポイント増加し、より良い待遇、条件を求める傾向にあります。

・第二新卒は「勤務地・給与が希望に合わない時」、既卒は「採用対象のハードルが高い時」にエントリーをためらう傾向。


[画像5: https://prtimes.jp/i/13485/98/resize/d13485-98-712943-4.jpg ]


第二新卒は「勤務地・給与」、既卒は「採用対象」をエントリー時に意識。また、第二新卒は「エントリー時の質問項目が多い」ことを煩い、既卒は「会社説明会(セミナー)が開催されていない」とエントリーしづらく感じる傾向にあります。

その他の項目等のデータについては、
https://prtimes.jp/a/?f=d13485-20170405-6361.pdf
からレポートをダウンロードしてご確認ください。

■調査概要■
・調査内容:就職・転職活動に関するアンケート
・調査対象:全国のRe就活登録会員
・有効回答数:399件
・調査機関:2017年3月1日〜15日
・調査方法:web上でのアンケート
・前年比較データ調査期間:2016年3月1日〜3月8日


■株式会社学情とは■
東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万人以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人をターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]
https://company.gakujo.ne.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る