• トップ
  • リリース
  • 特化型空気清浄機『ブルーエア』Classicシリーズ 明日、2016年11月16日(水)より発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

セールス・オンデマンド株式会社

特化型空気清浄機『ブルーエア』Classicシリーズ 明日、2016年11月16日(水)より発売

(PR TIMES) 2016年11月15日(火)11時48分配信 PR TIMES

6年ぶりのリニューアルで清浄機能が最大18%向上 さらにIoT化で空気環境をスマートフォンひとつで確認可能

 スウェーデンの空気清浄機「ブルーエア」の日本総代理店であるセールス・オンデマンド株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長 室崎 肇)は、6年ぶりのリニューアルとなるスタンダードシリーズ「Blueair Classic」を明日2016年11月16日(水)より、一部百貨店、家電量販店、及びブルーエア公式ウェブサイト(http://blueair.jp/)にて順次発売いたします。
[画像1: http://prtimes.jp/i/862/98/resize/d862-98-207044-0.jpg ]

 「Blueair Classic」シリーズは、「ブルーエア」のスタンダード空気清浄機となり、同社独自の「HEPASilent(R)テクノロジー」により、ウイルスレベル0.1μmの微粒子を99.97%除去し、さらに圧倒的なハイスピード清浄を実現してきました。今回、6年ぶりのリニューアルに伴い、吸引口や吹出口の形状を改良、排気口を広げることで、大量に空気を取り込むことが可能となり、空気清浄性能が最大で18%向上しております。

 また今回のリニューアルの特徴として、シリーズ初のIoT化を実現しました。製品本体に内蔵された空気の汚れを感知するセンサーが、無料のスマートフォンアプリ「Blueair Friend」と連動することで、空気の汚れを成分別に細かく計測し、スマートフォン上で可視化します。これにより、現在どのような空気環境にいるのかをアプリで把握することができ、その状況からの問題解決に向けたソリューション(例:二酸化炭素の数値が高ければ「換気をしてください」など)を提案していきます。その他にもアプリでは、自宅の空気環境のログの取得や、全世界約3,000箇所以上の主要都市などの空気環境情報を確認できる機能も備えています。
 ブルーエアは、この空気の可視化によって、空気環境に悩む多くの人々にキレイな空気を届けるとともに、
より快適な環境づくりに貢献してまいります。

■ 製品WEBサイト
Blueair Classic:http://www.blueair.jp/classic/
Blueair Friend:http://www.blueair.jp/blueair-friend/

■ 製品仕様


[画像2: http://prtimes.jp/i/862/98/resize/d862-98-442064-1.jpg ]

※1試験方法はANSI/AHAM AC-1規格に基づき試験を実施。各項目の最高値は次の通り。タバコの煙:450 cfm /ほこり:400 cfm /花粉:450 cfm
※2:CADR値から算出された推奨値 ※3:スピード3で稼動させた場合。単位電気代1kWh = 27円

※Blueair、ブルーエア、HEPA Silentおよびヘパサイレントはブルーエア社の商標または登録商標です。
Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

◆セールス・オンデマンド株式会社について
 セールス・オンデマンド株式会社は、2004年設立以来、米国アイロボット社の日本総代理店として「ロボット掃除機ルンバ」の輸入・販売・サポートを行い、ルンバをベストセラー商品に育てあげました。また、2010年よりスウェーデンブルーエア社「ブルーエア空気清浄機」の輸入販売にも事業を拡大。「発見・発創・発動で新たな価値を創造し、人や社会に『これ、いい!』を提供する」をビジョンに掲げ事業に取り組んでおります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る