• トップ
  • リリース
  • 「ぬりたい絵がない!」というあなたへ贈る『世界に一つだけのぬり絵をつくる練習帖』発売です!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

「ぬりたい絵がない!」というあなたへ贈る『世界に一つだけのぬり絵をつくる練習帖』発売です!

(PR TIMES) 2017年01月31日(火)12時41分配信 PR TIMES

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、本社:東京都千代田区)は、『世界にひとつだけのぬり絵をつくる練習帖』を発売しました。本書は、「フリーフォームタングル」という手法を紹介しながら、絵を描くのが苦手な方でも簡単に絵が描ける方法を紹介した書籍になります。タングルアートは、SNSやWebでも最近よく取り上げられており、世間が注目する絵の描き方を楽しく学べる内容になっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-427224-3.jpg ]

○巷に溢れているぬり絵、落書き帳ってハードルが高い気がしませんか?
河出書房新社の『大人の塗り絵』シリーズ、グラフィック社の『ひみつの花園』などから火が付いたぬり絵ブーム。また、ヴィレッジヴァンガードなど遊び心のある本屋・雑貨店によく置かれている落書き帳。ぬり絵や落書き帳といった本は、好きな人はとことん楽しめる一方で、絵を描くことが苦手な人や、そもそも絵を描く機会が少なかった人にとっては非常にハードルが高くなっているのが現状です。

○絵を描くのが苦手な人でも始められる!本書の特徴は?
今回発売された『世界にひとつだけのぬり絵をつくる練習帖』は、「誰でも簡単にできる」ことをテーマにしたぬり絵練習帳になっています。大きく予備知識編/演習編/実践編と構成されており、基本からテクニックまで無理なく学ぶことができます。

○才能は必要ない!?誰もが描けるようになる「フリーフォームタングル」手法とは?
海外では、Zentangle(ゼンタングル)Methodと呼ばれる表現手法が知られています。「Zen(禅)」+「Tangle」を合わせた言葉で、決まったパターンを繰り返し描いていくことで、経験や年齢、能力を問わず、きれいなイラストを描くことができる手法です。(“Zen”が入っているのは、おそらく「同じ作業を繰り返し描くことで、何かに没頭でき(、雑念が消え)る」「シンプルなイラスト・手法で表現できる」部分が禅と共通部分を持っているからかと思われます。)海外には、ゼンタングル専門のサイトがあります。

https://www.zentangle.com/zentangle-method

フリーフォームタングル手法も、ゼンタングル手法同様、決まったパターンを繰り返し描いていくことで、いつの間にかきれいな図柄を描くことができる手法です。
タングルのイメージは、後ほど紹介する本の中身紹介をご覧ください。

○本書の内容紹介
本書で紹介されている内容を少しだけご紹介します。
●予備知識編1:画材選び
[画像2: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-526234-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-634986-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-852772-2.jpg ]


画材には様々なものがあり、それぞれに種類も豊富なので、自分好みのものを見つけるまで時間がかかるかもしれません。

自分に合う道具と出会ったときは、いつでも作品づくりを始められるようにそれらを箱に入れて、「クイック・キット」をつくるとよいでしょう。

とはいえ初心者の方は、新しい道具を選ぶ際にいったい何を基準に選べばいいのかわからないかもしれませんので、それぞれの道具を選ぶための目安を挙げてあります。

●予備知識編2:図柄の描き方
[画像5: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-620696-4.jpg ]

図柄の多くは、同じ形が繰り返し使われており、なかには好きなだけ繰り返して広げられるものもあります(クロスワード、スクワークル、XOなど)。これらの図柄は、ぬり絵に広がりを与えます。

なかには、明確な始まりと終わりを持つ図柄もありますが、そんな図柄も重ねて使えば繰り返しているように見せることができます(トラインサイド、ベリーリーブ、8の字フラワーなど)。重ねるときは、一つひとつの大きさを変えて使いましょう。

高さや幅を広げるのではなく、長い線を描くように繰り返す模様もあります(アリー、ダングルド、リーフィングなど)。これらの模様はぬり絵のなかで個性的な境界線をつくるのに使われます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-468401-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-505229-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-847667-7.jpg ]


●演習編:ベーシックな図柄の紹介・練習
[画像9: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-878105-10.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-307352-9.jpg ]


●実践編:フリーフォームタングルの例
[画像11: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-145319-11.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/18193/97/resize/d18193-97-914070-12.jpg ]


○まとめ
分かりやすく無理のない構成と、きれいなイラストが満載で、ぬり絵が好きな方も、ただ眺めたい方も、ぬり絵を少し毛嫌いしていた方にもおすすめできる内容になっています。ぬり絵にこれからチャレンジしたい方に特におすすめしたい一冊です。


【目次】
はじめに
予備知識編
1. 画材選び
2. 図柄の描き方
演習編
1. ベーシック
2. スタンダード
3. アドバンス
4. オーガニック
5. グリッドライン
実践編
1. ぬり絵をつくる
2. 文字の描き方
3. カラーリングテクニック
4. チップスとテンプレート

【著者プロフィール】
ティファニー・ラヴァリング(Tiffany Lovering)
1981年生まれ。小説を書く合間の息抜きとしてタングルアート(本書のベースとなる表現手法)を始める。様々な図柄やテクニックを習得していくうちにタングルアートへの情熱が芽生え、他の人とも共有したいと思うように。2013年には、タングルアートを発表する場としてYouTubeチャンネルを開設。現在では400本以上の動画がアップロードされ、チャンネル登録者数は45000人、チャンネル全体の総再生回数は400万を超え、その数は今なお伸び続けている。YouTubeの他にも、Facebookでコミュニティページを開設し、月に一回、タングルアートの交換会を行っている。人気作品の工程や、彼女自身のインスピレーションについて、ブログでも綴っている。タングルアートについてのアドバイスやテクニックを収録したDVDをNorth Light社から3本発売している他、タングルアートや曼荼羅の描き方に関するオンライン講座も開いている。

【書籍情報】
タイトル:世界にひとつだけのぬり絵をつくる練習帖
定価:2,000円(税抜)発売日:2017.1.25
判型:B5判変形・並製/184ページ
ISBN:978-4-7993-2036-5
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320365

【販売サイト】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/479932036X
楽天ブックス:http://books.rakuten.co.jp/rb/14641823/
セブンネット:https://7net.omni7.jp/detail/1106738457
ディスカヴァー・トゥエンティワン:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320365



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る