• トップ
  • リリース
  • 『コゴミエキス』の皮膚繊維芽細胞および表皮細胞への研究成果について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

『コゴミエキス』の皮膚繊維芽細胞および表皮細胞への研究成果について

(PR TIMES) 2016年12月05日(月)16時23分配信 PR TIMES

オリジナル化粧品ブランドの通信販売を手掛ける株式会社JIMOS(本社:福岡県福岡市)は、東京農業大学、株式会社ドクターズチョイスと共同研究を行い、第63回 日本食品科学工学会(平成28年8月25日から27日)において研究発表を行いました。本成果は、今後の化粧品・食品開発への活用が期待されます

■研究目的・背景

[画像1: http://prtimes.jp/i/3543/97/resize/d3543-97-269409-4.jpg ]

コゴミは、日本に比較的多く自生しており、山菜として食されています。コゴミには、ラジカル除去作用があり、その主成分はクロロゲン酸、およびL-o-カフェオイルホモセリンであるといわれています。よって、表皮色素細胞におけるメラニン色素生成に関わるチロシナーゼ活性を阻害することが知られています。
しかし、真皮に存在する繊維芽細胞や表皮に存在する表皮細胞への影響については知られていません。
そこで、コゴミのエタノール抽出液を用いて、繊維芽細胞増殖や、コラーゲン合成、ヒアルロン酸合成に関わる遺伝子群への影響、また表皮細胞増殖、セラミド合成への影響について検討いたしました。

■結果
1.初代培養表皮細胞における増殖能は、0.00002%および0.2%の濃度で認められました。
(図1:コゴミエキスの表皮細胞増殖促進作用)

2.I型コラーゲンタンパク質量は、0.000002~0.002%の範囲で増加が認められました。
(図2:コゴミエキスのI型コラーゲン産生促進作用)

3.ヒアルロン酸量は、0.000002および0.00002%の濃度で増加が認められました。
(図3:コゴミエキスのヒアルロン酸産生促進作用)

【図1】           【図2】            【図3】
[画像2: http://prtimes.jp/i/3543/97/resize/d3543-97-277338-7.jpg ]



CO;コントロール BD;0.1% 1,3-ブタンジオール 数値は、コゴミエキスの濃度(%)を表す。

以上のことから、コゴミエキスは真皮におけるコラーゲン産生又はヒアルロン酸産生、表皮細胞の増殖を促進する効果が認められました。JIMOSでは、今後これらの知見を化粧品・食品開発に応用していきます。

◆本件に関するお問い合わせ先◆
株式会社JIMOS SEEDS開発部
〒812-0039 福岡市博多区冷泉町2-1 博多祇園M-SQUARE
TEL:092-303-8505 受付時間 9:00〜18:00(土日祝以外)
URL:https://www.jimos.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る